COLUMN

草野正宗や小泉今日子にリリーまで集結、ポップスの〈言葉〉を変えた松本隆の作詞活動45周年を祝う豪華トリビュート盤

松本隆の作詞活動45周年を豪華な面々がお祝い!

 その洗練された文学的センスで、日本のポップスの〈言葉〉を変えた作詞家、松本隆。今年で作詞活動45周年を迎えるなか、鈴木正人LITTLE CREATURES)が総合プロデュースを担当した豪華なトリビュート盤『風街であひませう』が制作された。

VARIOUS ARTISTS 風街であひませう ビクター(2015)

※試聴はこちら

  松本隆×草野正宗コンビによるChappie“水中メガネ”をスピッツ感全開のバンド・サウンドで作者の草野が歌ったり、安田成美“風の谷のナウシカ”を、「ゲド戦記」の主題歌でデビューした手島葵ジブリ繋がりで歌ったり(アレンジはテクノ歌謡の原曲とは対照的に室内楽風)。そうした何かと縁のある楽曲もあれば、やくしまるえつこがはすっぱな歌唱で完璧に自分の世界に染め上げたはっぴいえんど“はいからはくち”や、斉藤和義がジャジーなアレンジでしっとり歌う松田聖子“白いパラソル”など新しい解釈を楽しめる曲もある。そんななかで、松本の歌詞がどんなふうに響くかがカヴァーの醍醐味。例えば薬師丸ひろ子“探偵物語”は松本作品でも屈指の〈文学作品〉だが、中納良枝の情念に満ちた歌声によってより叙情性が深まっている。また、はっぴいえんど解散直後に録音された細野晴臣の未発表曲“驟雨の街”が、スペシャル・トラックとして収録されているのも嬉しいところ。

 なお、生産限定盤は2枚組+書籍型ブックレットの仕様で、Disc-2は映画監督の是枝裕和が監修した朗読作品。宮崎あおい小泉今日子リリー・フランキーなど豪華なキャストが松本の歌詞を〈演じて〉おり、斉藤由貴と薬師丸ひろ子が持ち歌を朗読するという特別枠を与えられているのは、女優と歌手のふたつの顔を持っているからか。そして、締め括りは本人による“風をあつめて”。全編、珠玉の歌詞を読むように聴きたい作品だ。

【参考音源】はっぴいえんどの71年作『風街ろまん』収録曲“風をあつめて”
pagetop