COLUMN

もはやロックは瀕死? 驚異の10代バンド、スタークローラーが救世主たる理由とは

スタークローラー『Starcrawler』

Photo by Autumn de Wilde
 

2017年の7月、〈FYF Fest〉に参加するためLAを訪れたのですが、アーバン・アウトフィッターズなどのアパレルショップで、街中の小さなレコード・ストアで、そしてフェスでの転換BGMとして本当によく耳にしたのが、スタークローラーの“Ants”でした。

ここ日本でも1月19日にデビュー・アルバム『Starcrawler』のリリース、3月には早くも初来日ツアーを控えるスタークローラーは、2015年にLAで結成された4人組。〈久々に地元からモノホンのロックンロール・スターが現れた!〉ということで、LAでは街をあげてスタークローラーをプッシュしているわけですが、その最大のハイライトとなったのが1月11日のアメーバ・ミュージック(音楽ファンの聖地として知られる老舗レコード・ストア)でのフリー・ライヴでしょう。すでにファン・ショットの映像は削除されてしまいましたが、メンバーの家族や音楽関係者も大勢詰めかけたこの夜のステージは、バンドに対する期待感が爆発した素晴らしいものでした。

 

今年の〈コーチェラ〉のヘッドライナーにロック・バンドが1組もいなかったことが象徴するように、現在は世界的にポップやヒップホップが音楽シーンを席巻していますが、スタークローラーの登場は、必ずやロックンロール再生の起爆剤となるはず! そこで今回は、2018年最初の名盤を産み落としたスタークローラーの魅力を、メンバーの生の声も交えながら紐解いてみたいと思います。

※以下、文中の発言は筆者がライナーノーツ執筆時に行ったインタヴューより抜粋
 

STARCRAWLER Starcrawler Rough Trade/Beat(2018)

 

ヴォーカルは新世代のカリスマ、アロウ・デ・ワイルド!

「古着が好きで、おじいちゃんのお下がりをもらうことも多いんだ」とギタリストのヘンリー・キャッシュが語るように、良い意味で時代錯誤なファッションも目を引くスタークローラーですが、やはり気になるのが圧倒的なスタイルとカリスマ性を誇る紅一点のヴォーカリスト、アロウ・デ・ワイルドの存在感。

その名前にピンときた読者もいるかもしれませんが、彼女の母親はベックやホワイト・ストライプスなど錚々たるアーティストを撮影し、近年はプラダのショート・フィルムも手がける写真家、オータム・デ・ワイルドです。また、父親はアリエル・ピンクやファーザー・ジョン・ミスティのバックも務めるドラマーのアーロン・スパースケ。両親はすでに離婚してしまったようですが、アロウという名前はハリー・ニルソンの楽曲“Me And My Arrow”(71年)から採られたのだとか。アロウは過去にモデルもやっていたそうで(あの長い手足を見れば納得!)、さぞかし刺激的な日々を送ってきたことでしょう。

また、以下の記事を読んでくれた読者ならご存知かもしれませんが、アロウはレモン・ツイッグスの弟マイケル・ダダリオとつい最近まで恋人関係で、かくいう筆者も彼らを通してスタークローラーを知りました。レモン・ツイッグスのアーティスト写真やMVもオータムが撮っていたし、そのフォトジェニックで退廃的な雰囲気からも現代のシド&ナンシーやカート&コートニーになれるベスト・カップルだと思っていたので、破局はあまりにも残念です……。

アロウの母、オータム・デ・ワイルドが監督したレモン・ツイッグス“As Long As We're Together”のMV
 

しかしながら、「近ごろのバンドはどれも退屈」(アロウ)とさえ言い放つスタークローラーが脚光を浴びたのは、まさにレモン・ツイッグスの前座を務めた時のことでした。観客がスマホで録画した動画をYouTubeにアップすると、ボンデージ・スーツのような衣装に身を包んだアロウが血糊(時には本物の血も!)にまみれたロックンロール・ショーを繰り広げる光景に、早耳のリスナーは騒然。その興奮はイギリスにも伝わり、ラフ・トレードの創始者ジェフ・トラヴィスが鼻息を荒くして契約をオファーしたという逸話も残されています。

 

エルトン・ジョンも太鼓判! 世界を震撼させた“Ants”で衝撃のデビュー

いまだ全員が10代だというスタークローラーは、アロウがドラマーのオースティン・スミスと意気投合したことからスタートした不定形のプロジェクトでした。そこに他のバンドを掛け持ちしていたヘンリーとティム・フランコ(ベース)が加わり現在の4人となりますが、アロウの神秘的なオーラに何かを感じ取った3人は、スタークローラーとしての活動一本にシフトします。

ちなみに、メンバーの音楽的ルーツは見事にバラバラ。アロウは「オジー・オズボーンの『Blizzard Of Ozz』を聴いて人生を変えられたの!」と目を輝かせ、ヘンリーは「両親が音楽家でゲームをやらせてもらえなかったから、ずーっと楽器を弾いていたんだ。音楽家としてはハリー・ニルソンをリスペクトしてる」と語り、寡黙な印象のティムは「家ではビリー・ジョエルとかビー・ジーズみたいなダサい70年代の音楽がかかっていた。ベースを始めたのはここ5〜6年だけど、今じゃすっかり夢中だよ」と、このバンドで演奏できる喜びを明かしてくれました。インタヴューでアロウは必ずオジーの名前を挙げているので、それはバンドの音楽性やキャラクターを紐解く上で大きなヒントになるかもしれません。

おもにアメリカ国内で地道にライヴ活動を続けていたスタークローラーですが、先述のラフ・トレードとサインした2017年初頭には、LAの兄貴分スティーヴン・シェイン・マクドナルド(レッド・クロス、オフ!)をプロデューサーに迎え、結成初期の共作曲だったという“Ants”をシングルとして発表。バンドの名刺代わりとなったこの曲は、ゼイン・ロウら人気DJがパワー・プレイし、あのエルトン・ジョンまでもが自身のラジオ番組〈Rocket Hour〉で流したそうで、バンドはこれ以上ないほど理想的なデビューを飾ることに。

“Ants”は2017年、イギリスで放送されていたユニクロのワイヤレスブラのCMソングにも起用された

 

ロックンロールを愛し、ロックンロールに愛された完全無欠のバンド

地元の新聞〈LAウィークリー〉のカヴァーを飾るなど上昇気流に乗りつつあったスタークローラーは、2017年9月にセカンド・シングル“Let Her Be”をリリース。キュレーターを務めるデイヴ・グロールが真っ先にスタークローラーに出演をオファーしたという〈CalJam〉や〈Desert Daze〉など、故郷カリフォルニアで開催されたフェスでも爪痕を残しまくってきた彼女たちですが、その合間にしっかりとファースト・フル・アルバム『Starcrawler』を完成させていました。

同作にプロデューサーとして迎えられたのは、オルタナ・カントリーの旗手として登場し、いまやアメリカを代表するシンガー・ソングライターとなったライアン・アダムス。オースティンは「ライアンはアロウの母親とインスタ友達でさ。僕らのライヴ後にスタジオに招待されて、出会って1週間後くらいにはもう、何曲かレコーディングしていたね。彼には〈シンプルであること〉がいかに大切なのか教えてもらったよ」と振り返りますが、ライアンも「スタークローラーはロックの未来さ。キッス、エックス、ソニック・ユース、ストゥージズのような存在になるだろう」と心酔のご様子。 

アルバムは、ライアンが所有するレコード会社〈Pax-Am〉のスタジオにて全編アナログテープに録音するという手法が採られたそうで、オジーの“Crazy Train”にインスパイアされたと思しき“Train”に始まり、ブラック・サバスを彷彿とさせるイントロから急加速していく“Chicken Woman”、アロウとヘンリーのヴォーカルがソニック・ユースばりのエロティックな絡みを見せる“Pussy Tower”、あるいはニルヴァーナ譲りのファジーなギター・リフで幕開ける“Full Of Pride”などなど、本作にはロックンロールがもたらす脳天を突き抜けるような興奮や、見る者・聴く者をゾクゾクさせるような色気、今すぐバンド名のタトゥーを彫りたくなる完全無欠のカッコ良さ、そのすべてが純度100%で封じ込められています。

一方、“Tears”では〈今あなたにいてほしい/取り残されて不安だから〉と繰り返す〈弱さ/脆さ〉をさらけ出す瞬間もあり、等身大なティーンの女のコの素顔を覗かせてもいます(実際、歌詞のほとんどはアロウとヘンリーが書いているそう)。全10曲で30分未満という収録時間も、名盤の条件としてバッチリです。

※日本盤ボーナス・トラックを除く
 

そして、アロウが敬愛するジョーン・ジェット(ランナウェイズ)もカヴァーした名曲“I Love Rock 'N Roll”を連想させる“I Love LA”は、地元へのラヴレターにしてライヴのアンセムとなりつつある、シンガロング不可避の名曲。オータムが監督した、メンバーがジャンクなドーナツ屋でアルバイト&演奏するMVがこの曲とバンドの魅力を端的に物語っていますが、ナードな客を「ソイ(大豆)はねェよ、ヒッピー」と突き放すシーンが最高です。

ストゥージズのドキュメンタリー映画「ギミー・デンジャー」をご覧になった読者なら分かってくれるかもしれませんが、ラヴ&ピース全盛の69年、ストゥージズが〈ノー・ファン!〉とブチ撒けた反骨精神をスタークローラーに重ねてしまうのは、おそらく筆者だけではないでしょう。そんな彼女たちが、かつてロックンロール・リヴァイヴァルを牽引したストロークスと同じレーベルからデビューを果たしたという事実も、運命の巡り合わせを感じずにはいられません。

来たる3月のジャパン・ツアーではキャパ300人以下の小箱だけをまわるそうで、もはや暴動寸前の盛り上がりを見せることは必至。新世代のカリスマの勇姿を、しかとその目に焼き付けてください。


Live Information
〈STARCRAWLER JAPAN TOUR 2018〉

2018年3月7日(水) 東京・渋谷 TSUTAYA O-nest
開場/開演:18:30/19:30
SOLD OUT

2018年3月8日(木) 名古屋・今池 HUCK FINN
開場/開演:18:00/19:00
チケット:前売 5,400円(ドリンク代別)

2018年3月9日(金) 大阪・東心斎橋 CONPASS
開場/開演:18:30/19:30
チケット:前売 5,400円(ドリンク代別)

2018年3月10日(土) 京都 CLUB METRO 
開場/開演:18:00/19:00
チケット:前売 5,400円(ドリンク代別)

2018年3月6日(火) 東京・渋谷 CHELSEA HOTEL
開場/開演:18:30/19:30
チケット:前売 5,400円(ドリンク代別)
​共演:未定

★詳細はこちら

関連アーティスト