COLUMN

摩訶不思議なポップスター、レモン・ツイッグスに世界が夢中になる理由―2016年に降り立った〈恐るべき子供たち〉を徹底解説!

 

タワーレコード・スタッフがブレイク前のアーティストをピックアップし、総力をあげてプッシュする企画=〈タワレコメン〉に選出された作品から、 Mikikiが注目したアーティストをフィーチャーする不定期企画〈タワレコメンに迫りコメン〉。第5回は、2016年11月度の〈タワ レコメン〉に選出されたレモン・ツイッグスが登場です。それでは、レッツ・迫りコメン!

photo by Autumn de Wilde
 

今年10月にデビュー・アルバム『Do Hollywood』を4ADからリリースし、ここ日本でもジワジワとファンが急増中のNYの兄弟デュオ、レモン・ツイッグス。ビートルズからトッド・ラングレン、あるいはアリエル・ピンクまでが引き合いに出される豊かな音楽的センス/テクニックはもちろん、ソフト・ロックとミュージカル音楽が合わさったような華やかで賑やかなサウンド、さらに演劇やスラップスティック・コメディの要素も採り入れた摩訶不思議な世界観、加えて衝撃的なヴィジュアル(主に弟くんですが/上記写真で左)も相まって、いまや第一線で活躍するファッション関係者たちも熱い視線を送っています。

THE LEMON TWIGS Do Hollywood 4AD/Hostess(2016)

すでにインディー・ロック界隈では話題騒然となっているレモン・ツイッグスですが、音楽ルーツが云々……といった予備知識を持たなくても楽しめる懐の深いポップさが最大の魅力。しかし、ディグればディグるほど出てくる彼らのエピソードの数々を知っておけば、その万華鏡サウンドをもっともっと味わい尽くせるかもしれません。ということで、今回は〈レモン・ツイッグスがいかにヤバいのか?〉を、5つのアングルから紐解いてみましょう。

 

1.〈新たなポップ・アイコン誕生!〉と呼ぶべき強烈な存在感

若かりし頃のジャクソン・ブラウンヨーランディ・ヴィッサーダイ・アントワード)が同じフレームに収まっているかのような異物感――これが、筆者が初めてレモン・ツイッグスのアーティスト写真を見たときの印象でした。かのエルトン・ジョンは〈彼らのキテレツな感じにヤられたね〉と絶賛しています。

2016年のシングル『These Words/As Long As We're Together』のジャケット画像
 

とりわけ、ヤンキーの息子を思わせるウルフカットにメイクを施し、上半身裸&サスペンダーという独創的なファッションの弟マイケル・ダダリオ(弱冠17歳!)の存在感が強烈で、その性を超越した佇まいは現代的でもあり、どこか70年代のグラム・ロック的でもあります。一方の兄ブライアン・ダダリオも19歳と若いですが、何かを悟ったような冷めた眼差しと、ウェスタン・シャツからタキシード・ジャケットまで着こなす伊達男っぷりがまたクール。彼らの新人離れしたポップ・アイコンぶりは、共に子役としてブロードウェイ・ミュージカルやTVドラマ、ハリウッド映画などで場数を踏んできたことと無関係ではないはず。

ここでぜひチェックしてもらいたいのが、アメリカ映画「People Like Us」(2012年/日本未公開)のワンシーン。クリス・パイン扮する主人公から、ギャング・オブ・フォージョイ・ディヴィジョン、そしてテレヴィジョンといったバンドのCDを薦められるマイケル少年のあどけない表情がキュートです。

 

2. ハイプを一蹴する空前絶後のライヴ・パフォーマンス

そしてヴィジュアルにも増して衝撃的なのが、レモン・ツイッグスのライヴ・パフォーマンス。ひとたび彼らがステージに立てば、チャック・ベリーキース・ムーンザ・フー)が憑依したかのような鬼気迫る演奏と、子役出身というのも頷けるコミカルなアクションの連発でオーディエンスを圧倒してくれます。

9月末にアメリカの超人気TV番組〈The Tonight Show Starring Jimmy Fallon〉へ出演した際には、マイケルの執拗なスティック回しも含めて大きなバズを生んだのも記憶に新しいところ。同番組のハウス・バンドとして現場に立ち会ったクエストラヴルーツ)は、〈俺はずっとレモン・ツイッグスみたいな奴らが現れるのを待っていた〉とツイートしていました。

 

残念ながらその動画は削除されてしまったので、ここでは“These Words”のスタジオ・ライヴをご覧いただきましょう。

いやはや、どうですか、この表現力! 一見ドタバタに見えてしっかり静と動を使い分けているマイケルのドラミングが破壊力抜群ですし、2分54秒あたりから飛び出すブライアンのギター・ソロは悶絶もの(ちなみに紅一点のベーシスト、ミーガン・ジーンコウスキはブライアンの彼女だそう)。この映像だけでも、レモン・ツイッグスが決してルックのおもしろさで話題になっているんじゃないということはご理解いただけるはずです。

 

3. 初作『Do Hollywood』はフォクシジェンのジョナサン・ラドーがプロデュース!

父親のロニー・ダダリオも音楽家であったダダリオ家は、たくさんの音楽と楽器で溢れていました。兄のブライアンは5歳でドラムを、7歳でギターをプレイしはじめ、10歳の頃にはマイケルと一緒にメンバーズ・オブ・ザ・プレス(MOTP)というバンドを結成。ビートルズはもちろん、ザ・フーからマイ・ケミカル・ロマンス(!)までカヴァーする振り幅の広さを見せつつも、ブライアンの高校時代にはもうオリジナル曲にも挑戦していたようです。そう、つまり彼らは〈筋金入り〉の音楽オタクなんです。

メンバーズ・オブ・ザ・プレスの楽曲“Hurricane ”
 

そんなダダリオ兄弟の才能にいち早く気付き(Twitterで発見したというのがいまっぽい)、アルバムのプロデュースを買って出たのが、カリフォルニアのサイケ・ポップ・デュオ、フォクシジェンの頭脳であるジョナサン・ラドー。最近は元スミス・ウェスタンズマックス・カケイセックが率いるインディー・ロック・バンド、ホイットニーの処女作『Light Upon the Lake』(2016年)の共同プロデューサーとして手腕を振るっていたラドーですが、レモン・ツイッグスの『Do Hollywood』においては、ダダリオ兄弟の凄まじい音楽的センス/潜在能力を100%引き出すことに成功しています。以下の2曲を聴いてから改めてレモン・ツイッグスを聴くと、何かしっくりくるモノがあるかもしれません。

フォクシジェンの2016年作『Hang』収録曲“Follow The Leader”
ホイットニーの2016年作『Light Upon the Lake』収録曲“Polly”
 

ドゥワップ調の狂おしいラヴソング“I Wanna Prove To You”をはじめ、サーカス一座を思わせるカラフルでハチャメチャなバロック・ポップ“Those Days Is Comin' Soon”、イントロのアコギのコード感がはっぴいえんどの“風をあつめて”にクリソツな“Baby, Baby”、ジョン・レノンを彷彿とさせるピアノ・イントロが印象的な“How Lucky Am I?”などなど、レモン・ツイッグスが『Do Hollywood』に収録した楽曲はジェットコースターのように目まぐるしくアップダウンを繰り返します。その一方で、ビーチ・ボーイズ譲りの美しいハーモニーと、ビッグ・スタージェリーフィッシュ的なメロディ・ラインが共存するという、得体の知れないキャッチーさも魅力のひとつ。

ジェリーフィッシュの90年作『Bellybutton』収録曲” I Wanna Stay Home“のライヴ映像
 

正統派とも言えるブライアンの歌声に対して、デヴィッド・ボウイからMGMTまでを呑み込んだマイケルのアクの強い歌声は唯一無二だし、1曲の中に複数のパンチラインを持つミュージカル・ライクな構成/譜割りには、思わず〈音の宝石箱や!〉と叫びたくなります。英ガーディアン誌は〈トッド・ラングレンが72年に残した未発表音源集のようだ〉と評していました。

LAのレコード・ショップ、アメーバでのインストア映像。マイケルのヴォーカル・パートは6分35秒頃から
 

〈自分が何者か知るためだけに誰かをフォローするの?〉という歌い出しで始まるリード・シングル“These Words”は、SNS世代ならではの感情を綴った世界観とサイケデリックな転調がクセになる、2016年最強のひねくれポップと断言しましょう。

アルバムにはフォクシジェンの2人と、MOTP時代からバンドのサポート・キーボーディストを務めるダニー・アヤラが一部で参加していることを除けば、ギターやベース、ドラム、ピアノといったすべての楽器をダダリオ兄弟がみずから演奏しています。しかも、兄貴のブライアンに至ってはヴァイオリンやチェロ、トランペットといった楽器も操りながら、ミキシングやオーケストラル・アレンジメントまでを手掛けていて、そのポップ・ウィザードっぷりは『McCartney』(70年)制作時のポール・マッカートニーの姿を思い起こす読者も多いかもしれません。

ポール・マッカートニーの70年作『McCartney』の制作ドキュメンタリー

 

4. 父親はカーペンターズも認めた名手、ロニー・ダダリオ

レモン・ツイッグスの音楽的ルーツを辿るためには、その父親ロニー・ダダリオについて触れないわけにはいきません。ロニーは自身が率いるロック・クラブというバンドのヴォーカル&ギターとして活動する傍ら、アイルランドのフォーク・シンガー/詩人である故トミー・マケムのギタリスト/バッキング・ヴォーカリストとして参加、同じくアイルランド系のメアリー・オダウドの作品『At The Close Of An Irish Day』(2001年)にも全面協力するなど、いわゆる〈裏方〉で名を馳せたミュージシャンでした。なお、〈ブライアン〉と〈マイケル〉というネーミングもビーチ・ボーイズ(ブライアン・ウィルソンマイク・ラヴ)から取ったものだとか。

トミー・マケムのパフォーマンス映像。下手ギター隊の右側、灰色のジャケットの男性がロニー
 

ロニーのソングライターとしての才能はホンモノで、81年に書いた楽曲“Falling For Love”がカーペンターズにハマるのではと考えた彼はA&Mにデモテープを送ります。するとリチャード・カーペンターがこの曲に惚れ込み、カレン・カーペンターのガイド・ヴォーカル入りの音源をレコーディングする……というところまで漕ぎ着けるも、周知の通り摂食障害に苦しんでいたカレンが83年に他界。未完成のままお蔵入りとなってしまいました。もしもカーペンターズのヴァージョンが発表されていたら、ロニーのミュージシャンとしての人生は大きく変わっていたかもしれませんね。

ロニー・ダダリオによる“Falling For Love”のデモ
 

しかしレモン・ツイッグスが脚光を浴びたことで、ロニーの音源も聴いてみたい!というリスナーが爆発的に増えたらしく、彼は膨大なアーカイブのなかから『Take In A Show』(76年)、『Falling For Love』(81年)の2枚をリイシュー。さらに未発表だった83年作『Good For You』を自身のレーベル、ホンブルク(Homburg)からリリースしました(レーベル名は恐らくプロコル・ハルムの“Homburg”より引用)。

ロニー・ダダリオの76年作『Take In A Show』収録曲“Nice Meeting You - Again”
 

ちなみに、ロニーの2015年作『A Very Short Dream』ではブライアン&マイケルが2曲で客演し、聖歌隊のように息の合ったコーラス・ワークを聴かせてくれます。以下の動画は、ロニーが2017年2月にリリース予定の新作『The Many Moods Of Papa Twig』の収録曲で、同じくダダリオ兄弟が参加。〈Papa Twig(=パパの小枝)〉というフレーズがナイスですな。

ロニー・ダダリオの2017年作『The Many Moods Of Papa Twig』収録曲“She Tries”

 

5. インディー界のビッグ・カップル誕生! 実はマイケルの彼女は ……

冒頭でもご紹介した“As Long As We're Together”のミュージック・ビデオでは、ズーイー・デシャネルミランダ・ジュライジェニー・ルイス、さらにはファレル・ウィリアムズといった錚々たるクライアントを抱えるシャーリー倉田がスタイリングを担当しています。

何を隠そう、このMVのディレクションを務めたのはベックホワイト・ストライプスノラ・ジョーンズら多数のアーティスト/バンドを撮影してきたことでも知られる、フォトグラファーのオータム・デ・ワイルド(レモン・ツイッグスのアーティスト写真や『Do Hollywood』のアートワークも撮影)。彼女のInstagramを見ると、ダダリオ兄弟をわが子の如く溺愛しているようですが、驚くべきことにオータムの娘アロウ・デ・ワイルドはマイケルのガールフレンドなんだとか!

アロウはスタークローラー(Starcrawler)というバンドのヴォーカリストを務める傍ら、モデルの仕事もこなす美少女で、父親(=オータムの元旦那)はアリエル・ピンクビーチウッド・スパークスのバックも務めるドラマーのアーロン・スパースケという生粋のサラブレッド。個人的には、スカイ・フェレイラザッカリー・コール・スミスダイヴ)に続くインディー・ロック界のビッグ・カップルだと思います。エディ・スリマンが彼らを激写する日もそう遠くないでしょう。

 

Its been a great year knowing you @michaelhdaddario ! I love ya ????????

Arrow Sperske de Wildeさん(@arrowdewilde)が投稿した写真 -

 

NYの先輩バンド、サンフラワー・ビーンのオープニング・アクトを務めるUSツアーを経て、この記事が公開される頃にはキャリア初のヨーロッパ・ツアー真っ最中のレモン・ツイッグス。来日公演は2017年までお預けとなりそうですが、コロコロと楽器をチェンジしながら無邪気に演奏するダダリオ兄弟の姿には、音楽の喜びすべてが詰まっていると言っても過言ではありません。時代が生み落とした奇跡のアンファン・テリブル、その一挙手一投足から目を離すことなかれ!

幼少期のブライアン&マイケルによるヒップホップ・パフォーマンス
 
関連アーティスト
pagetop