2018.02.16

サブ・ポップを離れて初となる5年ぶりの新作。エクスペリメンタルなノイズ・ロックやシューゲイザーっぽい味付けも随所で足しつつ、それをハスカー・ドゥ譲りのDIYなパンク~ハードコア・サウンドでなぎ倒していく姿が痛快です。すべての曲が全力疾走で、しかもベースレスのデュオ編成だけにどうしても音はスカスカかつ不安定。なのに、ジャンクの一歩手前であくまでもキャッチーに聴かせるセンスが凄すぎる!

関連アーティスト
pagetop