2018.04.10

祝祭感と昂揚感に溢れ、葛藤や不安を振り切るように圧倒的な勢いを持つ5作目。従来のような同時代の海外インディー勢を意識したアレンジはほどほどに、シンプルなバンド・サウンドを志向したことで開放感が生まれ、ツイン・ヴォーカルによる言葉も力強く響く。バンドのあり方を謳う“好奇心”やSKY-HIをフィーチャーした鮮烈な“タイムトラベリング”などの新たな試みも奏功し、一気に数段上のフェイズに突入している。

 

関連アーティスト