COLUMN

ロイル・カーナー―ロンドンの若きラッパーがUKのシーンを塗り替えたその秘密

ロイル・カーナー『Yesterday's Gone』

ロイル・カーナー―ロンドンの若きラッパーがUKのシーンを塗り替えたその秘密

93年生まれの現在23歳、南ロンドン出身のロイル・カーナーは、2017年のデビュー・アルバム『Yesterday's Gone』でUKラップ・シーンの勢力図を塗り替えた。訥々と語るようなラップ、パーソナルな詞、ジャジーなビート、トム・ミッシュら気鋭のミュージシャンの客演……世界的な注目を集めつつあるグライムやUKラップとは異なるサウンドで、新たな才能がシーンの外側から登場したことに誰もが驚かされたのだった。

マーキュリー・プライズとブリット・アワードにノミネートされるなど、2017年の最重要作品のひとつとなった『Yesterday's Gone』がこの度日本盤化される。歌詞対訳とライナーノーツが付属し、アルバムの世界観、ひいてはロイル・カーナーというラッパーのことを深く知ることができる格好のアイテムとなっている。また、5月には来日公演も決定している

来日と『Yesterday's Gone』の日本盤リリースを機に、Mikikiではロイル・カーナーをフィーチャー。シェイムと南ロンドン・シーンについてのコラムでも筆を揮った照沼健太が若きラッパーの表現の核心に迫った。 *Mikiki編集部

LOYLE CARNER Yesterday's Gone Virgin EMI UK/Hostess(2017)

2017年を代表する作品『Yesterday's Gone』

ドレイクによるフックアップも含め、スケプタやストームジーらのブレイクによりアメリカへの進出を始めたグライム。そしてJハスやノーツらアフロビーツとダンスホールをヒップホップに取り込んだアフロ・バッシュメントが注目を集めるUKラップ。ロンドンを中心としたイギリスのラップ・ミュージックは近年、世界的ムーヴメントとなりつつある。そんな盛り上がりのなか、この若きラッパーであるロイル・カーナーは独特の存在感を放っている。

ロイル・カーナーは2012年に音楽キャリアをスタートさせ、2014年にEP『A Little Late』をリリース。MFドゥーム、ジョーイ・バッドアス、ナズらのサポートを務め、2017年にリリースしたファースト・アルバムが『Yesterday's Gone』である。本作はセールス面での成功のみならず、マーキュリー・プライズやブリット・アワードへのノミネートをはじめクリティックからも高い評価を得、2017年を代表する作品となった。

『Yesterday’s Gone』収録曲“Florence”
 

 

イギリスらしさの乏しさ

『Yesterday’s Gone』の大きな特徴は、まず一聴して〈イギリスらしさの乏しさ〉にある。ファットで煙った質感のビートとジャジーなテイストは90年代のUS東海岸ヒップホップを想起させるし、ロイルが放つラップのフロウにもグライムやUKラップのような癖は薄い。

そうした〈ストレート〉な、ともすれば印象に残らない危険性すらあるビートに乗せて紡がれる言葉は、自己を強くアピールするボースティングでも、スリリングなサグ・ライフの描写でも、成り上がり、勝ち上がるための上昇志向の表明でもない。ロイル自身の抱えるパーソナルな問題、家族の話、日常生活における金の悩みや、実在しない妹を夢見る“Florence”のようなちょっとした願望だ。それは例えばこうだ。

小切手が支払われなかったらまずいことになる
金のことが心配で引っ越すわけじゃない
でもどこを見渡しても借金しかない
心配で頭がおかしくなりそう
苦しんでピリピリしてる時に
「なんで君の音楽は全部同じに聞こえるの?」と質問される
「何も状況が変わってないからだよ」と説明する
だから、何も状況が変わってないんだよ
マジで何も変わっちゃいない
だから何も変わってないんだよ
何も変わってないって言ってるんだろ
“Ain't Nothing Changed”

『Yesterday’s Gone』収録曲“Ain't Nothing Changed”
 

 

ロイル・カーナーのラップ・スタイルの秘密

本作と似た作品を一つ挙げるとしたら、それは老いと向き合い〈ラップ・ゲーム〉や〈自己との対峙〉の先にある〈人生〉を歌った、ここ日本のTHA BLUE HERB『LIFE STORY』かもしれない。同作でのBOSS THE MCのラップはそれまでの作風から一転し、あまりにも平易な言葉で本音を綴る〈無防備さ〉により、聴き手から〈そんなの一人でやっていてくれ〉と思われかねないパーソナルなイシューに説得力を持たせていた。一方、ロイル・カーナーはイメージの断片を畳み掛けるように連ねるポエティックなライミングで聞き手が入り込む余白を作り、迫真さを持つ声の響きにより説得力を持たせている。

そういったロイルのラップ・スタイルには、ティーンエイジャーの頃にローランド・エメリッヒ監督映画『紀元前1万年』に出演し、アデルやエイミー・ワインハウス、ケイト・ナッシュらを輩出したロンドンのアートスクール、ブリット・スクールで演劇を学んだというキャリアが活かされているのかもしれない。しかし、それには彼が持つ慈愛に満ちた眼差しの力もおそらく関係しているだろう。ADHDとディスレクシア(難読症)をカミング・アウトしているロイルは、ADHDを持つティーンエイジャーのサポートを目的とした料理教室を開催するなど、チャンス・ザ・ラッパーのように社会への働きかけを行なっている。“No Worries”を筆頭に、聴く者の気持ちをなだめ落ち着かせてくれるような彼の音楽のフィーリングは、そうしたロイルのキャラクターの表れであり、明日も分からぬ混沌とした時代において有効なラップ表現と言えるだろう。

また、内省的ながらも時に控えめなユーモアが混じる、親しみやすくも詩的なリリックは、ラップが現代のフォーク・ミュージックとなっていることの表れかもしない。ジャンルの成熟や規模の拡大に伴い、ラップが扱うテーマは、貧困やゲットーからの脱出、白人社会や世界との戦い、アフリカ回帰といった〈アフロ・アメリカン的〉なるもの以外にも広がり続けてきた。XXXテンタシオンやリル・ピープといった自己の内面世界と向き合う〈エモ・ヒップホップ/グランジ・トラップ〉の勃興は、それまでロックが扱ってきたモチーフがほぼ全てラップに回収されたことの象徴ではないか(そして、アメリカでのセールス規模もロックを凌駕することになった)。

ロイル・カーナーがADHDをもつ14~16歳の子どもたち向けに開催している料理教室〈Chilli Con Carner〉のドキュメンタリー映像
 

 

UKインディーのムードをまとったラッパー

先ほど、ロイル・カーナーの〈イギリスらしさの乏しさ〉について触れたが、本作『Yesterday's Gone』がまったくイギリスらしくないかと言えば、決してそんなことはない。アメリカのメインストリーム・ポップスと同じプレイリストに入っても違和感のないワールド・スタンダードなサウンドに、イギリスやアフリカのテイストがスパイスのように加わっている点が現代のグライムやアフロ・バッシュメントの武器ならば、このロイル・カーナーの武器はフランク・オーシャン『Blonde』のような〈インディー感〉ではないだろうか。

彼は前述のブリット・スクールでキング・クルールと同級生かつ友人であり、ジェイミーXXやムラ・マサに続くネクスト・ホープであるトム・ミッシュや、ソランジュやケレラを手がけるクウェズらサウス・ロンドンの盟友たちを本作では起用している。奇抜さや際立ったサウンドの特徴こそないものの、そういった人選は明らかに他のラップ・アルバムとは異なるアトモスフィアを『Yesterday’s Gone』に加えている。使う楽器こそギターからMPCやコンピューターへと変わってきたものの、そこには脈々と続くUKインディー的な〈雰囲気〉を感じ取ることができないだろうか?

『Yesterday’s Gone』収録曲“Isle Of Arran”
 

 

アートワークを飾る集合写真が表現するもの

ナズ、モス・デフ、ジェイ・ディー(J・ディラ)、ジェイZといったUSヒップホップ勢の名前がリリックに並ぶなか、UKラップ・シーンの重鎮ルーツ・マヌーヴァの名前がラップされているのは、そうしたローカルな個性でありながらも、かつオーセンティックなヒップホップという本作の特徴をシンボリックに表している(イギリスでブレイクしたアメリカ人であるジミ・ヘンドリックス、ハードなツアーでアメリカ進出を成功させたイギリスのレッド・ツェッペリンの名も挙げられている)。

兄貴のクレフと一緒にモス・デフを聴く
“Mean It In The Morning”

君がキーボードを演奏できると知るまで数週間かかった
18歳から君はジェイ・ディーを聴いてた
君は騙されたことがあるから/ワルが嫌いだと言ってた
当然だけど、俺はそんなヤツじゃない
“Damselfly”

彼は黒人とユダヤ教のハーフ
悪事を台無しにする人
ファーサイドのような言葉使いが得意な酒豪
“The Seamstress”

聞いてくれ 金なんてないよ
古いCDを買い込んじまったからな
昔のジェイZとかODB(オール・ダーティー・バスタード)のアルバムもあるよ
潔癖症だから完璧に整頓する
ジミ・ヘンドリックスからレッド・ツェッペリンまで何でも聞く
知らなかっただろ
俺がマスターだっていうことを忘れるな
マヌーヴァを爆音で聴く
俺たちの魅力には抵抗できないぜ
欠かせない至福
“No CD”

そしてアートワークにも注目して見て欲しい。ロイルにとって最大の影響源であるという家族、そして友人やメンターとの笑顔での集合写真である。彼がこの作品に自らを形作っているものたちへの感謝やリスペクトを込めたと読み取るのは決して乱暴ではないだろう。事実、アルバムの最後を締めくくる“Sun Of Jean”は自身の母親がテーマであり、その母による子供時代のロイルの様子についての語りもフィーチャーされている楽曲だ。

だが、実際のところアルバムはここでは終わらない。シークレット・トラックとして隠されているのは、2014年に亡くなったロイルの父親が残したデモ・テープに、新たに母親がヴォーカルを重ねたという愛の結実とも言えるフォーク・ソング。そのタイトルは、アルバムにも冠された“Yesterday’s Gone”である。そう、ロイルはグライム・シーンにもアフロバッシュメント・シーンにも属していないかもしれないが、家族やローカル、そして〈愛〉や〈歴史〉といったもっと大きなコミュニティーに属している。だからこそ、ロイル・カーナーはいまここにいるのだ。

『Yesterday’s Gone』収録曲“Sun Of Jean”
 

 


Live Information

〈Hostess Club Presents Loyle Carner〉
日時/会場:5月17日(木)/東京・渋谷WWW
開場/開演:18:30/19:30
前売り:4,500円(ドリンク代別)
★詳細はこちら

関連アーティスト
pagetop