INTERVIEW

POLYPLUS『debut』 名うての人気プレイヤーの集った〈スーパー・サブバンド〉が、結成4年での初アルバムを語る!

POLYPLUS『debut』 名うての人気プレイヤーの集った〈スーパー・サブバンド〉が、結成4年での初アルバムを語る!

人気バンドのプレイヤーたちによる課外活動だけに〈もっとライヴが観たい!〉という声も止まぬなか、結成4年を迎えたスーパー・サブバンドがついに初アルバムを届けた!

ダンス・ミュージックの昂揚感

 CDは出さない、ホームページも作らない、ライヴしかしない。それぞれが多忙なバンドマンでありながら、ユニークな活動形態を貫いてきたPOLYPLUSが、結成4年にして初のフル・アルバム『debut』を完成させた。メンバーは、CalmeraのTSUUJII(サックス)、175RのYOSHIAKI(ドラムス)、JABBERLOOP/fox capture planのMELTEN(キーボード)、同じくJABBERLOOPからYUKI(ベース)という、いわばジャズとロックの混合バンド。4月にファースト・シングル『release』をリリースしたのち、結成時のメンバーであったNeighbors ComplainのGottiが脱退したものの、バンドの意欲はかつてないほどに高まっているという。

POLYPLUS debut Playwright(2018)

 「鉄の掟として、本体のバンドを侵さないことと、ひとりでもスケジュールがNGだったらやらないこと。年に3、4回のペースでワンマンライヴをやって、その日のリハで新しい曲を作って、というサイクルで4年間回ってきました。結果的にそれが良い方向に働いて、たまにしか観れないから人が集まってくれて、演奏もライヴをやるたびにどんどん良くなるから、もうひと押し力を入れたら絶対広がるなと。それがCDを出すことだったんですね」(TSUUJII)。

 リーダーであるTSUUJIIが掲げたテーマは〈ダンス・ミュージック〉。メンバーのルーツにはジャズ、ロック、ソウル、R&Bなどさまざまなエレメンツが存在するが、シティー・ポップ的な洗練に向かうのではなく、より原始的な衝動でオーディエンスを踊らせる方向でバンドは結束している。

 「もともとセッションするのが好きなメンバーで、曲もセッションが映えるようになるべくシンプルな形にして、みんなで一緒に昂揚していく気持ち良さが、このバンドの特徴じゃないかな。ライヴはクラブっぽい会場でやることが多いんですけど、そこにJABBERLOOP、fox、Calmera、175Rのファンが来てくれて、クラブ文化を知らない人もグルーヴを感じながら盛り上がっていく感じが凄くおもしろい」(MELTEN)。

 「言い方は悪いですけど、いわゆる音楽偏差値の高くない人にも届かせたいんですよ。日本でどっちが多数かと言うと、そっちがマスだと思うから。あんまり深く考えずに音楽を楽しんでる人たちにも伝わるものを、ということは常に考えてます」(TSUUJII)。

 1曲目“we gotta luv”を聴けば、バンドの狙いは明らかだ。心地良く身体が揺れるBPM、キャッチーなリフを刻むピアノ、切れ味鋭いカッティング、伸びやかなサックスのブロウ、スラップ・ベース、いかにもロック・ドラマーらしいパワフルな4つ打ちのキック。他にありそうでない、独特のグルーヴが気持ちいい。

 「メンバーがハウスのスタンダードの曲を持ってきて、“we gotta luv”のイントロはそれのオマージュなんですけど、何の曲か忘れました(笑)。“ppps”もハウスの曲からモチーフを借りてます」(TSUUJII)。

 「ヒップホップのサンプリングみたいな感じですね。“we gotta luv”は結成当初からやってるし、“ppps”はメロディーの単純な感じがすげぇノレるから、ライヴでも演奏し続けてる。前からやりたいと思ってたことですけど、ワンコードでずっと行くとか、コード進行は変わらずにメロディーが変わっていくとか、“we gotta luv”はそういう曲だし、“sugar”“wake me up”もそう。思わず踊りたくなる昂揚感がキーワードになってる気がする」(MELTEN)。

 

もっとも身近なライヴァル

 レコーディングは、基本的に一発録り。スキルフルなメンバーが揃っているという理由に加え、ライヴの爆発感を損なわずにパッケージしたいというメンバーの意思が、この生々しいサウンドに結実している。

 「ほとんどの曲がライヴを経てきてるので、録ったものに関しては全然こだわらなかったですね。“tokyo class”はスライ&ザ・ファミリー・ストーンっぽいコード進行をサンプリングした感じで、クリックを外してやったら凄く感触が良かった」(MELTEN)。

 「MELTENさんは勘が鋭くて、〈クリック外してみようや〉とか言って、演奏をリードしてくれて、3回目ぐらいでほぼ無修正の良いテイクが録れました。これはアルバムで唯一サポート入れずに4人だけでやってる曲ですね」(TSUUJII)。

 MVも撮られたリード・トラック“m'n'dass”は、アルバムのなかでも飛び抜けて攻撃的な高速ドラムンベース+ロックンロール。ベースのYUKIが弾くゴリゴリの重低音ベースを筆頭に、レゲエ風の中間部ではエキゾティックなピアノ・ソロが色を添え、全編通してサックスが暴れ回る、超ハイテンションな一曲だ。

 「この曲はYUKIさんがベースラインとリズムを考えてくれて、5月のライヴで新曲としてやったんですけど、その時は手探りで〈まあまあ良かったんちゃう?〉ぐらいの感じが、ユウキさんが構成を練り直してくれて、めっちゃ良くなった」(TSUUJII)。

 「TUUJIIのサックスがロングトーンを生かしたメロディーだったから、ピアノはそれにインスパイアされたメロディーを弾いてる。メロディーは基本的に全員の共同作曲ですね」(MELTEN)。

 そんな個性豊かなオリジナル曲が並ぶなか、ひときわ耳を惹くのが、アヴィーチーのカヴァー“wake me up”。カントリー・ミュージックのエッセンスを取り込んだ異形の名曲を、メロディーの良さにスポットを当てて見事に再生させている。

 「数年前にCalmeraのマネージャーがEDM入門編としてアヴィーチーを教えてくれて、すごくイイなと思ったから、提案してみたんですね。そしたらMELTENさんもたまたまソロのライヴでこの曲をやっていて、ふたりの考えが一致した。ほかのメンバーはあんまりEDMを通ってないと思うんですけど、ライヴの感触がすごく良かったのと、アヴィーチーが亡くなったこともあって、これはCDに入れるしかないなと」(TSUUJII)。

 「アヴィーチーは、他のEDMのクリエイターとは視点が違う気がして、カントリーをミックスしたり、メロディーが凄く刺さるんですよ。ピアノでメロディーを弾く曲が、アルバムを通してそんなにないから、おもしろいアレンジになりました」(MELTEN)。

 このCDデビューをきっかけに、バンドは達成目標を上方修正。インスト音楽のトップを極め、さらにその先へ進むために、まずはもっとも身近な〈ライヴァル〉を超えたいと、隣を見ながらTUUJIIは力強く語ってくれた。

 「CDが売れない時代と言われだして何年やという感じですけど、僕らのジャンルに関してはそうではないことを、fox capture planの成功が証明してくれた。あとは追い付け追い越せで、僕らもできるはずだと思ってます」(TSUUJII)。

 「すごいな、俺、秋元康みたいになってるの?」(MELTEN)。

 「自分自身でライヴァルを作って盛り上げる(笑)。でも本当にPOLYPLUSに関してはfoxを抜くまで、CDが売れない時代やからという言い訳は通用しないし、する必要もないと思ってますんで」(TSUUJII)。

関連盤を紹介。

 

文中に登場したアーティストの作品を紹介。

関連アーティスト