INTERVIEW

アイナ・ジ・エンド『きえないで』 亀田誠治の援護を受けた天性の歌声が、BiSHを離れて一人の女性として表現したものとは?

アイナ・ジ・エンド『きえないで』 亀田誠治の援護を受けた天性の歌声が、BiSHを離れて一人の女性として表現したものとは?

アイナ・ジ・エンドのソロ・デビューは亀田誠治のプロデュースによって自作の名曲を披露! 多方面で歌ってきた天性のヴォーカリストが改めて一人の女性として表現したものとは?

 両A面シングル『夜王子と月の姫/きえないで』のもう1曲は、アイナ・ジ・エンドのソロ曲“きえないで”。これはもともと彼女がBiSH加入前に〈アイナ〉として歌っていた自作のスロウ・ナンバーで、今回は亀田誠治のプロデュースによるセルフ・カヴァーといった趣に仕上がっています。

セントチヒロ・チッチ,アイナ・ジ・エンド 夜王子と月の姫/きえないで〈AiNA THE END盤〉 avex trax(2018)

 

トラウマと向き合った歌

——まず、PEDROの同時リリースを知った時はどう思いましたか?

「誰にも言ってないんですけど、何かあるのは気付いてました。〈最近アユニおかしいな、黙ってることあるな〉って半年ぐらいずっと思ってて。練習中も心ここにあらずみたいな時があったし、だから、“Life is beautiful”の振付けでアユニを大事な役にしたんです。〈見てるよ〉って意味で、振付けを通して繋がりたい気持ちだったんで」

——鋭いですね。じゃあ驚かなかった?

「はい。話を聞いた時は〈ああ、だからか〉みたいな。すぐに〈がんばってたね〉ってLINEしていろいろ気持ちも聞けたし、後からちゃんと目を見ても喋ったし、そこでモヤモヤが晴れましたね。今回アユニも同時に出ることに関しては〈もう、全部持ってけ〉って思ってます(笑)。BiSHとして考えたらアユニが勢いつけて目立ったほうがおもしろいし、それで私とチッチが悔しがってるとか思ってもらえたら(笑)」

——(笑)では、そのチッチさんのソロ曲は聴いてみてどうでしたか?

「心に響いてくるような、きれいな歌声で、〈あ、こういう感じなんだ、いいな~〉って。私のお父さんもゴイステとか銀杏がガチで好きなんですけど、そういう世代にとっての青春の曲を、いまの時代に繋げられるのは凄いし、それを自慢のチッチがやってるっていうのがカッコイイなって思いました」

——それに対して、アイナさんが今回“きえないで”を選んだのはなぜでしょう。

「BiSHになってからも何曲か勝手に自分で作ってて、最初は〈その中から出してみない?〉っていう提案だったんです。でもやっぱ、生まれて初めて作詞作曲して、思い入れが強い“きえないで”を出したくって」

——曲は常に作ってるんですね?

「そうですね。別に締め切りとかはないので、例えば自分の喉の手術前とか、人生の節目節目に作ってます。Logicを使うんですけど、よくわかってないんで、鼻歌で歌いながら〈このへんかな?〉みたいにコードを合わせて、実在しないアイナ・コードみたいなので勝手に作って(笑)、そこから趣味で音楽やってるような友達にギター入れてもらったりして遊んでます。それを最近モモカン(モモコグミカンパニー)に投げたら歌詞を付けてくれて、2人で遊びで曲作ったりしてますね」

——そうなんですね。では、“きえないで”を作った節目の心情は覚えていますか?

「めっちゃ覚えてます。18歳の時なんですけど、泣きながら作りました。もともと男性に対するトラウマがあったんですけど、その時に出会った人がいて、その彼のおかげで男の人って怖くないんだって思えるようになったり、いろんな感謝があって。その人とお別れする時に書いた歌ですね、〈生きていてほしいな〉って」。

——そういう背景を知らなくても伝わる、生々しいものがあります。〈夜の肌色〉って何だろう?とか。

「生々しい(笑)。まあ、そうですね。〈こんなこと考えてたんだな〉っていうか、何か可愛いですよね」

——その頃より大人になれていますか?

「なったんじゃないですかね。でも、変わってないんです、気持ちは。恋が終わるのはいいことだと思うし、いまだに。骨って形も一緒じゃないですか? 生きてる間だけ見た目にこだわったり個性がどうとか言うけど、どうせ死んだらみんな同じ形になるのに……そういう気分で書いてるので、〈恋が終わってもどうせ死んだら一緒なんだし、会えるじゃん〉みたいな。そういう死生観みたいなものは変わらないです。2年ぐらい前に私の親友が〈お母さんが亡くなった〉って電話してきて〈“きえないで”歌って〉って言われたことがあって、その時に何も言われへんくて、震えて歌えなかったのが心残りだったんですけど」

——先日のドキュメンタリー『SHAPE OF LOVE』でも触れられていたお友達のMaho Korogi(写真家)さんの話ですね。

「そうです。裏側では自分のトラウマみたいなものと向き合ってる歌なので、そういうのを感じてMahoは〈歌って〉って言ったのかなって。だから、今回はMahoに一番に届けたいなって思いで歌いました。そんだけ強い気持ちで曲に向き合ったら、きっと他の誰かの心にも響くだろうって自信があったので」

 

BiSHでもアイナ・ジ・エンドでもなく

——そんな特別な曲を、今回は亀田誠治さんのプロデュースで歌い直されています。

「5月にあった〈VIVA LA ROCK〉で亀田さんたちの演奏するコーナーにゲスト・ヴォーカルで呼んでいただいて、椎名林檎さんの“本能”を歌ったんです。その時に初めてお会いしたんですけど、リハも本番も親身に向き合ってくれる方で、ずっと〈すげえカッコイイ〉みたいな印象があって。今回avexさんから〈亀田さんに話してみようか?〉って提案があって、私もぜひやりたいですってお願いしました」

——いろんな方とレコーディング経験も多いですけど、今回はどうでしたか?

「プリプロ・ルームで最初に歌った時は、震えて歌えなかったです。Mahoのこともだし、昔ライヴでこの曲をしんみり歌って、騒ぎたそうなお客さんが捌けていく姿を見てたのとか思い出して……改めて嬉しいなって気持ちで。あと、毎回、壁に〈きえないで〉って書いて、そこにチューしてから歌ってました(笑)」

——それはどういう儀式なんでしょう。

「儀式(笑)。それぐらい入り込まないと歌えない曲で、だから〈スタジオの中で私が消えないように〉って意味で、ちょっとキモいかもしれないですけど(笑)。で、最初ブロックごとに録ってたんですけど、同じところを何回も録り直したりして流れみたいなのがプツッて切れちゃったりするのが嫌になっちゃって、亀田さんに〈1回フルで歌っていいですか?〉って言ったら〈大賛成です〉って言ってくれて、結局フルコーラスでレコーディングしました」

——スタジオでの亀田さんはどうでしたか?

「出来が悪くても良くても、それが味って思わせてくれる人でした。ナチュラルに歌わせてくれて、それを良いふうに味付けしていけるような言葉をくれて。で、〈もっと良い歌が歌えるよ〉みたいなのを繰り返して……相乗効果っていうか。で、いままでのレコーディングでワガママ言ったことないんですけど、今回は出来上がったデータを貰った後に初めて言いました」

——気に入らないところがあって?

「はい。私はどんな時も人生最後だと思って歌うんですけど、サビだけ自分の声から命削ってる感みたいなのが全然感じられない場所があって、亀田さんに〈できれば録り直したいです〉って連絡したら、〈アイナちゃんの意見、了解しました〉〈でも一期一会のレコーディングで僕はとても良いと思ったので、もう一度ヴォーカル・テイク探させてください〉〈そのうえで良くなかったらまた歌いましょう〉って丁寧に返されて……ホントその通りだなって思って、自分が良いと思ったからって、周りが良いと思わなきゃオナニーになっちゃうなって。そしたら、たぶん必死にサビが良いテイクを選んでくれたんです。そんな私のワガママにも納得するまで全身全霊で向き合ってくれて、カッコ良かった。ああいう人になりたいって思いました」

——こちらはMVも印象的な出来になりましたね。

「はい、部屋の中で歌ったり踊ったりして、ベッドの上でシーツを彼氏に見立てて表現してます。大喜多(正毅)監督が現場にいろんな家具とか用意してくださってて、女が一口かじったパンとか、男がパンをバッて食べて出て行った跡とか、〈全部好きに使っていいよ〉って言われたので、スタッフさんが30分ぐらい仕込みをしてる間、ずっと床に寝そべったりして部屋と友達になって。結局は用意していった振りから全部変えて、感じるままに踊りました。ほとんどアドリブで、何か新しい気持ちでやれたので、MVも観てほしいです」

——はい。いままでもBiSHがありつつ外部でも活躍してこられましたけど、改めて今回はソロ・シンガーとしての第一歩にもなりましたね。

「どこで歌う時もいつもBiSHを背負って歌いに行く気持ちだったんですよ。MONDO GROSSOさんでもMOROHAのUKさんでも〈これやれば何かBiSHに還元できるものが絶対ある〉って信じて歌ったし。でも、今回はそういうのナシに、アーティストである前に一人の女性として表現したので。そしたら新しい感性が自分に入ってきて〈こんな表現できるんだ、自分〉とか思えて、凄くいい機会になりました。だからこれからはBiSHがどうとかあまり考えず、BiSHでもアイナ・ジ・エンドでもなくて、一人の女性として生きるのもアリかも、っていう気持ちです。BiSHは私の宝物で、生き甲斐、生き様なので、全部が巡り巡って絶対BiSHに戻ってくるんですけどね」

 

次ページそれぞれのソロ作品と併せて聴いておきたいあれこれを紹介!