2018.12.10

メンバーの脱退/加入やKAKUBARHYTHMへの移籍を経て届けられた2年半ぶりのニュー・アルバム。一聴してまず耳を奪われるのがソリッド&ヘヴィーに鍛え上げられたボトムスの鳴りで、高橋マコイチ(思い出野郎Aチーム)との掛け合いが最高な“飽和”をはじめとする得意の直球ファンクの数々が、これまでにないフレッシュな響きを獲得している。端正なミディアム~スロウのナンバーも魅力的で、サイトウ“JxJx”ジュンとの共作による“なみ”がメロウ・ソウルとして出色の仕上がり。ビターな思いを抱えつつ前に進まんとする心象を綴った“健やかなる時も病める時も”や“或いは”のエモさにも胸を揺さぶられる。クールな成熟を遂げながらフレッシュな表情も覗かせる現在の彼らに今一度ご注目を。

40周年プレイリスト
pagetop