INTERVIEW

JUJU――デビュー15周年を東京で迎え、DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~では原点であるNYを聴く

JUJU――デビュー15周年を東京で迎え、DELICIOUS ~JUJU's JAZZ  3rd Dish~では原点であるNYを聴く

デビュー15周年を東京で迎え、DELICIOUS ~JUJU's JAZZ  3rd Dish~ではJUJUの原点であるニューヨークを聴く

――ピーナッツから「何か一緒に作りませんか」というお話をいただいたときに、ジャズピアニストのヴィンス・ガラルディが手掛けた『チャーリー・ブラウンズ・ホリデイ・ヒッツ』が浮かんだことから始まった『デリシャス』シリーズも本作で3作目。JUJUにとって憧れの存在でもあったジャズも今やライフワークだ。ただ、このシリーズはJUJUの普段の活動とは無関係だと彼女は言う。

「ジャズを歌う時の喉って私がJUJUになる前の喉だって発覚したんですよ。2013年に出した日本語のバラード《ありがとう》のレコーディングで、私はジャズ風の何かで歌おうとしていて、それを川口大輔くんに指摘されたんです。レコーディングをしたのは2006年だったのですが、『これは日本語のバラードだから、そこでヴィブラートをかけすぎると言葉の意味が鈍るのと、そこの子音が強すぎると言葉のニュアンスが変わってくる。余分なものを排除して言葉を届ける歌い方をしたほうがいいよ』って言われて、それまでの私の歌手人生を全否定されたような気分になったんですけど、私が好きな通りに一回歌ったものと大ちゃんが言うとおりに歌ったものを聴いたら歴然とした差があって、大ちゃんが言った歌の方が曲が届いたんです。そこで日本語を歌うということがわかって以来、気付いたらJUJUの喉がそっち側で出来上がっていたんですよ。
 その大ちゃんが『デリシャス』のヴォーカルレコーディングをしてて、「いやー、JUJUのジャズは良いね」って(笑)。あの時には大ちゃんが否定してくれたからJUJUの歌い方が出来上がって、その後、ジャズを歌ってみたら「あれ、この声はあの時に否定された声だな」って気付いて。《ありがとう》の時にダメだったものが良くなるって不思議ですよね」

――その「JUJU以前の歌」とは何なのか。それはJUJUが憧れてきたシンガーの歌い方だとJUJUは語る。

「声がかすれていて、ヴィブラートが多いことですね。もともとハスキーな声が好きなんですよ、機会があったらキャロン・ウィーラーと声帯を交換したいくらい。私が大好きな歌う人って、キャロン・ウィーラー、サラ・ヴォ―ン、ディ―・ライトのレディ・ミス・キアー、シャーデーなんですけど、みんなちょっとかすれてて、そういうのを出したい歌い方でした」

――とはいえ、『デリシャス』ではほぼ英語詞。英語を歌うというのはどうなのだろうか。

「私にとっては英語の方が楽。日本語って本当に難しいと思います。ちょっとしたニュアンスで全然変わっちゃうし、意味合いも変わるし。“柿”と“牡蠣”みたいなもので。そういう難しさが日本語にはすごくあるけど、英語ってひとつの意味しかないし、音に乗りやすいし、言葉が別々になっても成立するから。“Tonight”を『トゥナハーイ」って歌っても成立するけど、日本語でそれをやったら《あなたがくれたもの》で(作詞作曲をしてくださった)小田和正さんに超怒られました。『あーなたのことー すーべて』の“あー”のところで『今、お前、“あは”って言っただろ』って言われて。“すーべて”の“すー”も“すふー”って“ふ”が入ってるって。無意識なんですけど。それって子供のころから洋楽ばっかり聴いてたから、日本語でもそういう歌い方をしてもいいと思っている自分がいるんだろうなと。それを大手振ってやっていたのがJUJUの喉が出来上がる前の私の歌い方なんだろうと思います」

――つまりそれは“裸の自分”みたいなことなのだろうかと問うとJUJUは即答した。

「英語で歌うときはどこにも力が入ってないんですよ。素に近い、本名の私です。もしかしたら、ジャズを歌っているときはJUJUではないかもしれないですね」

JUJU DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~ ソニー(2018)

――本作のテーマがNY。「NYに行ってなかったらJUJUになってない」とも語る、かつて自分が住んだNYに立ち戻る意味も込めた。その中でもいつか共演したいと思っていた久保田利伸とのデュエットによる《Englishman In New York》は本作を象徴する1曲だろう。JUJUが働いていたNYの服屋の近所に住んでいた久保田とはNY時代に街でよく顔を合わせた間柄だったというのもこのアルバムのテーマにぴったりだ。ただ何を歌うかはなかなか決まらなかったという。

「私の中に浮かんだのがスティングの《Englishman In New York》。久保田さんに一番最初に言われたのは「俺たちイングリッシュマンじゃないじゃん」だったのですが「でも、私たちはリーガル・エイリアンだったじゃないですか」と。それがこの曲の歌詞ととても合ったんです。それにこの曲はジャズではないけど、スティングの後ろは全員ジャズミュージシャンだし、ジャズアルバムに入れていいんじゃないかなと。最後まで《キリング・ミー・ソフトリー》のほうがいいかもって、悩まれてはいたのですが、プリプロで両方の曲を二人でレコーディングしてみたりして。でも、レコーディングをやり始めたら『この曲、超好きになっちゃった』って仰ってましたよ」

――そしてもう一つの目玉が松尾潔×小林武史によるダブル・プロデュース楽曲の《メトロ》だ。

「《メトロ》は3日に分けて3回も録り直しました。松尾さんから、『「誰よりいちばんキライ」っていうフレーズをあまり重く聴かせたくないからちょっとライトな感じで歌って』と言われたので、重くないように重くないように、明るいテンションで歌ったら、最初は軽すぎてしまったんです。
 《メトロ》は松尾さんが詞を先に書かれて、そこに小林さんがメロディをつけられたんです。そのデモとして小林さんが歌ってみたものを最初に私たちに送ってくれたのですが、それがあまりに秀逸だったんです。小林さんの歌がすごくいい塩梅で。最初にホテルのバーでそのデモを聴いたときに、私は号泣してしまいました。それから部屋に帰ってからまた聴いてみて、何回聴いても号泣できた。それがあったから私はすごく難しかったんですね。
 小林さんの歌と比べると私のは明るすぎたから、川口大ちゃんにレコーディング後LINEして『やっぱ録りなおしたい』って。それで2回目は私と大ちゃんだけでスタジオに入ったんです。そのラフミックスが送られてきたら、まだ違うなって。『皆さんが初めて聴いたときに、私が小林さんの歌を聴いたときの感覚に陥っていただけるんだろうか』って考えると違っていたので、『ほんとうにすいません、もう一回録りたいです』って。そうしたら、松尾さんもスタッフも『こんなストイックに歌に向き合うJUJUは初めて見た』って。そんなこともあり、《メトロ》はすごく大変だったんですよね」

 

 僕は以前、JUJUがジャズを歌うのをブルーノート東京で聴いたことがある。その時の率直な感想は「J-POPを歌っているときの普段のJUJUと同じ雰囲気で違和感が全くない」ということ。それはきっとJUJUという人のキャラクターがそうさせているのだろうと思っていたが、3作目の『DELICIOUS』を聴いて、その後、今回話を聞いて少し違う考えになった。

 洋楽好きだったJUJUが川口大輔とのレコーディングをきっかけに「日本語を歌う」ことの奥深さに気付き、何年もかけて試行錯誤しながら日本語にフォーカスさせた歌唱を作り上げてきた過程を経て、『DELICIOUS』で英語詞を歌うとなったときに、JUJU自身は「日本語を歌う以前の自分の喉に戻った」と感じたという。でも、実際は「日本語を丁寧に歌う歌唱」を経た先にある「以前の喉」なはずだ。

 『DELICIOUS』の特徴はあくまでジャズ・アルバムだが、J-POPとしてのJUJUと地続きで聴けることだと僕は思っている。それは楽曲をコンパクトにまとめつつ、ジャズの枠の中で使える様々な色を駆使してカラフルに聴かせて、ジャズとポップスの中間を作り出している洗練されたアレンジだけではなく、スウィングのリズムに乗った英語詞でも、日本語を歌う際と同じように言葉の発声や発音やニュアンスに意識的な歌が鍵になっている。そうやって作り上げてきた歌のスタイルが彼女の世界観を作っているのだろうと思った。

 この3作目はこれまでの『DELICIOUS』に比べると攻めた選曲で難易度の高い《Stolen Moments》が入っていたり、モーダルなアレンジの《My Favorite Things》のような曲もある。そこにスティングのカヴァーがあり、日本語詞の《メトロ》や《Remember(The Good Time) 》もある。それらがひとつの作品としてまとまっているのは、その長年かけて確立したJUJUの歌が真ん中にあるからだろう。

 そして、その『DELICIOUS』での歌が自分にとっての裸の状態だとJUJUがいうのなら、現在のそれはデビュー前とは別の、鍛え上げられ、磨き上げられた裸だろう。そう考えると、洗練されたマチュアなシンガーになったJUJUがデビュー前のような気持ちで歌うことの抜けの良さが本作の魅力なのかもしれない。

 ちなみに全編40-60年代的な薄暗いジャズクラブが似合うオーセンティックなジャズ・アレンジで、まさにジャズの本場NYといったサウンドだが、《メトロ》だけは少し違う。例えば、ホーンとストリングスのアレンジは、ハリウッド経由のウエストコースト・ジャズの、もしくはギル・エヴァンスのようなジャズと室内楽の中間のようなサウンドを思わせる軽やかでよりモダンな響きになっていて、それまでの13曲とは違っている。もしかしたら《メトロ》だけはNYではなく、東京が表現されているのではないかというのは考え過ぎだろうか。そして、JUJUもまた東京仕様の日本語の歌を歌っているように聴こえるのだ。

 


JUJU
シンガー。JUJUという名前はウェイン・ショーターのアルバム『ジュジュ』に由来する。サラ・ヴォーンやキャロン・ウィーラーに憧れ、幼少の頃よりジャズ・シンガーを志す。学生時代に渡米し、ニューヨークに移住。2004年にシングル「光の中へ」でメジャー・デビュー。今年で15周年を迎える。2018年の『メトロ』で37枚のシングル、『I』でオリジナル・アルバム7枚をリリース。NHK総合『世界はほしいモノにあふれてる』(毎週木曜22:45~23:10)では、三浦春馬と初MCを務めている。

 


LIVE INFORMATION

JUJU JAZZ LIVE 2019 『DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 3rd Dish~』
○2019 3/28(木) 29(金) 31(日) 4/1(月) 4/2(火)
会場:ブルーノート東京
www.bluenote.co.jp/jp/

pagetop