INTERVIEW

毛玉が語る、ポップに突き抜けた新作『まちのあかり』

実験音楽から歌モノへ――彼らが歩みを止めない理由

(左から)黒澤勇人(ヴォーカル/ギター)、露木達也(ドラムス)、石黒健一(ベース)
 

いま現在のシーン(のようなもの)を見渡してみて、即興演奏/実験音楽を背景に持つ音楽家たちがそういったフィールドとは別の場所で活動していることは興味深い。例えば、hikaru yamada and the librariansの山田光。あるいは、元・吉田ヨウヘイgroupで最近THE RATELというバンドを始動させた池田若菜。そして毛玉の中心人物である黒澤勇人も、同様に即興演奏の出自を持っている。

ポップな歌モノのなかにストレンジな実験性をナイフのように忍び込ませた毛玉の音楽は、実にユニークだ。そのサウンドは、ステレオラブやトータス、ガスター・デル・ソルなど、ポップ・ミュージックにおける実験性をひとつ上の段階に押し上げた先達たちと共有しているものも少なくないだろう。

そんな毛玉が、3作目となるアルバム『まちのあかり』を発表する。これまで通りHEADZ/WEATHERからのリリースで、これまで以上にポップに突き抜けた快作だ。毛玉の音楽の源泉はどこにあるのか? 彼らはなぜその歩みを止めないのか? 黒澤と露木達也、石黒健一の3人に訊いた。

毛玉 まちのあかり HEADZ(2019)

即興演奏/実験音楽から歌モノバンドへ

――黒澤さんは、2012年に毛玉を結成される以前はギターの即興演奏をしていらっしゃったんですよね? ジム・オルークの音楽をきっかけにその道に進まれたとか。

黒澤勇人(ヴォーカル/ギター)「大学の先輩から大友良英さんのニュー・ジャズ・オーケストラがジム・オルークの“Eureka”のカヴァーをしていると聞いたので、そのライヴを観に行ったことがきっかけですね」

露木達也(ドラムス)「即興は毛玉を始める1、2年前までやってたよね」

黒澤「そうですね。でも、hikaru yamada and the librariansの山田(光)くんとやった即興演奏のアルバムが来年(2019年)出せそうなので、細々と続けてはいます」

『まちのあかり』収録曲“雨降りの午後に珈琲を”
 

――ファースト・アルバムの『新しい生活』(2014年)に岡田拓郎くんが寄せたコメントには、〈工具や謎のマシン(!)を使った恐ろしくシビアなギターでの即興演奏〉と書かれていますね。

黒澤「それは山田くんと出会った頃ですかね。当時、僕は森は生きているのファンだったんですけど、その岡田くんがFtarriにも顔を出しているらしいぞと聞いて。イヴェントで一緒に演奏したりもしました」

※即興演奏や実験音楽を扱う東京・水道橋のCDショップ。イヴェント・スペースとしてライヴも開催している

――山田さんや池田さんなど、即興をやっているミュージシャンがいま、東京のシーンにたくさんいるというのはおもしろいと思っています。

露木「10年前くらいだとmmmさんとか、即興をやりながら歌う人もいたんですよね。七針周辺とかに」

※東京・八丁堀のイヴェント・スペースおよびスタジオ

黒澤「自分は少し年齢が上なので、彼らとはまた即興の感じが違ったりするんです。自分たちは杉本拓さんとか、宇波拓さんとか、音響派からの影響もあって。海外だとラドゥ・マルファッティとか、わりとストイックな〈1分間に音が鳴らない系〉の音楽というか(笑)。あと、〈半分作曲〉みたいなものですとか」

露木「ストップウォッチを使うのとかね」

――えっ、どういうことですか?

露木「ストップウォッチで作曲するんです(笑)。譜面上に〈何秒で音を出す〉とか」

黒澤「快楽的な要素が削ぎ落とされている音楽というか」

 

毛玉結成への道のり

――黒澤さんと露木さんはどのようにして出会ったんですか?

黒澤「大友さんがアマチュアの演奏家を募集していて、誰でも、技術がなくても大丈夫だというので参加したんです」

露木「そのときに一緒に出ていたサックスの人が、僕と黒澤くんと3人でバンドをやろうって言って、やったんだよね。それはフリー・ジャズ・バンドでした」

――黒澤さんはその当時から工具や機械を使っていらっしゃったんですか?

黒澤「ギターの上にノートパソコンを乗っけたりしていましたね。それでキーボードをカタカタすると、ちょっとだけ音が変わる。ギターと繋ぐのではなくて、ノイズを拾うだけで」

露木「わりとそういう人が周りにいっぱいいたんだよね。ジャニスで〈ギタリスト決起集会〉なんてイヴェントもあって」

※東京・神保町のレンタルCDショップ。2018年に本店が閉店

黒澤「みんなデレク・ベイリーの話が通じるみたいな」

露木「大島輝之さんがまとめ役でね」

――では、石黒さんは?

石黒健一(ベース)「僕の友達と黒澤さんが一緒にAFTOっていうバンドをやっていたので、それをきっかけに知り合いました。黒澤さんのことは、僕が地方に住んでいた2011年くらいにツイッターでフォローして知っていたんですよ。僕はジャズ経由で実験音楽にハマって、実験音楽に興味がありそうな人をフォローしていら、そのなかにたまたま黒澤さんがいて。その後、上京してから参加したバンドでAFTOと対バンしたんですよね」

――AFTOはどんな音楽性だったんですか?

黒澤「トラックの上でサックスとギターが即興をしていました。ちゃんとした曲っぽいものもありましたけど」

石黒「今井和雄さんの現代音楽を演奏する企画があって、それにAFTOのメンバーの友達と参加したんです。その現代音楽の演奏の企画に黒澤さんも参加していて。その数か月後にベースの人が抜けることになって、なぜか僕に白羽の矢が立って、毛玉に入ることになったんですよね」

露木「とっつきやすかったんだよね、人柄的に」

黒澤「グイグイくる人は苦手なので……。即興のこともわかっているので、話が伝わりやすいかなと」

石黒「毛玉のファーストを聴いてて普通にファンだったので、うれしかったですね」

 

尖った毛玉から落ち着いた毛玉へ

――そのファーストとセカンド・アルバム『しあわせの魔法』(2016年)のことをいま振り返ってみると、どうですか?

黒澤「ファーストはまだ若いというか、モラトリアムな感じがありますね」

露木「いま聴くと悶々とした、尖った若い感性を感じる(笑)。黒澤くんの成長や生活環境、精神性の変化をアルバムが如実に表しているよね(笑)。3枚目はめちゃくちゃ落ち着いて、トゲとかイカれた部分はなくなってきていますね」

2014年作『新しい生活』収録曲“バイパス”
 

――それは良いことなんですか? それとも悪いこと?

露木「良くも悪くもあるんじゃないですかね。初期のちょっと頭おかしい感じが好きな人もいるはずだから」

黒澤「頭おかしいですか(笑)?」

露木「ちょっと狂ったようなところがあるから(笑)」

――セカンドはいかがでしょう? 〈ヒリヒリ度〉でいうと……(笑)?

黒澤「ほぼなくなりましたね(笑)。楽しい感じで作ろうと思ったので。僕が結婚したこともあって、それも反映されているのか。アルバムの最後に入っている曲が結婚式で演奏した曲なので」

石黒「“ダンス・ダンス・ダンス”ですね」

2016年作『しあわせの魔法』収録曲“ダンス・ダンス・ダンス”

 

8ビートを演奏しないバンド

――今回の新作もですが、セカンドからブラジル音楽の影響がはっきりと出るようになりましたよね。もともとお好きだったんですか?

黒澤「カエターノ・ヴェローゾとアート・リンゼイが好きなんです――明るすぎないブラジル音楽というか。ファーストのときはアート・リンゼイを意識して、ちょっとノイズを入れたギターを上野(翔)くんに弾いてもらったりして」

――カエターノはどういうところがお好きなんですか?

黒澤「いちばん好きなアルバムは『Livro』(97年)なんです。ちょっとインテリジェンスがあるというか、ダークさもあるんですけど、リズムはブラジルっぽい。そういう別のものが2つある感じがいいなあと。リズムだけ聴くと明るく感じるような曲も、上に乗ってるメロディーとかコードが全然そうじゃないので」

――そういったものをご自身の音楽に落とし込むとき、どうアプローチするんですか?

黒澤「自分はあんまり技術とか音楽理論とか、そこまで深く知っているわけではないので、わりと想像というか。あまり完璧にまねできてはいないんですけど、それはそれでいいかなと」

石黒「そう恐縮されてるわりには、曲の構造もコード進行もよく出来ていると思います。特に今回のサードになってそう思いますね。ファーストのときはもっとループが中心だったのが、展開していくものになった」

――例えば新作では“瑕疵の日”は複雑な構造を持っていますよね。前半は7拍子もあって。毛玉はリズムやビートが多彩なバンドだと感じます。

露木「毛玉は8ビートが全然ないバンドなんです(笑)。それは僕がそうしているわけじゃなくて、黒澤くんの曲に合わせたらそうなったっていうだけで」

黒澤「最近は8ビートの曲もあったほうがいいのかなと思って、そういう曲も作っていますね。でも、露木さんのオリジナリティーも強いと思います」

露木「初期の頃は、あんまり普通のことはやりたくないという気持ちが僕にもあったから。最近は、むしろ普通に寄っていったほうがいいんじゃないかと思うけど(笑)」

 

ギタリスト・上野翔の不在

――今回のアルバムはこれまで以上にポップで聴きやすい作品だと思います。どうしてこういう方向性になったんでしょう?

露木「さっきと同じ話になっちゃうけど、黒澤くんの精神性や生活環境の変化が意図せずとも影響してるんですよね。今回、安定した家に引っ越ししたことか、そういうことがすごく影響している」

――ジャケット写真がベッドタウンの風景ですよね。表題曲の黒澤さんのポエトリー・リーディングではニュータウンを描写しているように感じます。そういうところに引っ越されたのかなと想像できますね。それまでは安定していなかったんですか(笑)?

露木「ファーストの頃は、わりと荒んだ生活をしてましたね(笑)」

――今回、ギタリストの上野くんは3曲のみの参加に留まっていますね。

黒澤「活動休止中なんです。なので、その3曲は休止前に録っていたものですね」

露木「上野くんの録音を、なるべく残そうと思ったんです」

――すごく存在感がありますよね。

露木「ライヴのときはそれほど感じないんですけど、僕はレコーディングするときに喪失感をすごく感じてて。上野くんがいる曲といない曲とでは、全然違うんですよね。こういう言い方は良くないけど、彼が全曲に関わっていたら、もっと強力なものになっていたかなって。上野くんがいると尖った部分が注入されるので、彼が参加していない曲はただソフトになるんです。上野ファンも多いんだよね(笑)。ライヴをやると、上野くんがいちばん褒められる」

石黒「けっこう〈毛玉らしさ〉を背負っていましたよね」

露木「ミニマルなフレーズを作ったりとか、独特だしね。この間ラジオに出たとき、石黒さんは〈今回のアルバムは3パターンある〉って言ってましたよね」

石黒「〈上野くんが参加してる曲〉と〈上野くんと合わせたけど、レコーディングには参加してない曲〉と〈ほぼ3人だけで作った曲〉ですね。例えば、“都市の時間”は上野くんがフレーズを作ったんですけど、黒澤さんが代わりに弾いてるんです」

露木「上野くんがいたらどうなっていたんだろうと思う曲もありますね」

――〈上野ロス〉は大きいんですね。

 

その他の短編ズが参加した異色のラップ・ソング“まちのあかり”

――黒澤さんが書く歌詞ってものすごくおもしろくてユニークだと思うんです。例えば、1曲目“都市と時間”の〈養生シート〉なんて、歌詞で使われているのを見たことがない。他のお2人は作詞家としてどう思われますか?

露木「僕がすごくおもしろいと思うのは、一人称がないことなんですよ。しかも、ファーストの頃からまったくない。それでよく物語が作れるなって僕は思うんです。音楽って、歌詞の一人称で雰囲気が決まっちゃうところがあるじゃないですか。そういうのがないからおもしろいなと」

石黒「黒澤さんはダイレクトに自分の心境を伝える人ではないというか……」

黒澤「そうですね(笑)」

露木「そうすると、おのずと一人称がなくなる」

――では、表題曲の“まちのあかり”について教えてください。その他の短編ズ(以下、短編ズ)が参加していますが、これはどういった経緯で?

黒澤「最初は伴奏だけでやっていて、この曲にラップを入れてみたいという話をしていたんです。でも、毛玉にゴリゴリのラップは合わなさそうだなって」

石黒「なので、女性がいいかなと」

黒澤「それで2013年に(南池袋ミュージック・)オルグで対バンした短編ズのことを思い出して。あれ以来4、5年ぶりに短編ズに連絡をしたら、OKをもらえて」

『まちのあかり』収録曲“まちのあかり”
 

――黒澤さんは短編ズのどこがお好きなんですか?

黒澤「Skypeとかスタジオとかで話してると、2人のしゃべりが同時にユニゾンになったりするんです。短編ズの曲でもそうなんですけど、同じメロディーをたまにユニゾンで歌う、その瞬間に……〈妖精が通る〉というか(笑)、ちょっと特別な瞬間が生まれるというか。ハモるわけじゃなくて、ユニゾンでやるから生まれるものがありますね」

――短編ズとは“まちのあかり”をどうやって制作されたんですか?

黒澤「最初は自分もラップをする予定だったんです。1番が短編ズ、2番が自分というイメージだったんですけど、自分のがイマイチすぎたので、ほぼ全部お願いしました。自分がラップするとしたら引っ越した先の、いま住んでいる街のことをラップしようと思っていたので、短編ズには彼女たちが住んでいる街のことをテーマにしてくださいって話をして。短編ズってふわふわしたユニットっていう部分もあるんですけど、ヒリヒリした部分や感性も持っていて、“まちのあかり”にはそういうところも出てるかなと」

――毛玉の音楽を聴いていて思うのは、ジャズの要素はあるんですけど、R&Bやソウルのフィーリングがないんですよね。

黒澤「そうですね。僕がそんなに聴かないので」

――そんななかで“まちのあかり”は例外だと思いました。

石黒「個人的にはブラック・ミュージックはすごく好きなんですけど、毛玉ではそういうふうに弾くことは基本ないですね。ただ、“まちのあかり”はヒップホップ的なフィーリングがあったので、最初はディアンジェロっぽくしたいなと思ってました。でも曲に合う感じに弾いたら……意図してないんですけど、ジャミロクワイっぽくなったのかな。しかし、結果的にどうしてああいうベースになったのか自分でもよくわかりません(笑)。

実は短編ズのヴォーカルが入る前にベースを録音してて、そのときは歌メロも決まってなく、ギターのウワモノも少ない状態で物足りなかったので、勝手にベースで展開を作っちゃったんです。歌が乗ったらまた変わるから録り直そうかなと思ってたんですけど、僕のベースに合わせて短編ズが歌のメロディーを合わせてきたようなところも感じたので、そのままにしました」

――一方でドラムはちょっとディアンジェロ的な、若干遅れているような叩き方ですよね。

露木「そう。いま、ありがちな(笑)」

――でも、そこまでベタに〈J・ディラ、ディアンジェロ、クリス・デイヴ〉みたいな感じではないので、すごく新鮮に聴こえました。

露木「そういうのができないっていうのもあるんだけど(笑)。あのリズムの取り方は、完全に僕が得意なやつなんですよ」

 

〈毛玉らしさ〉は言語化できない?

――5曲目の“暗夜行路”にはサンバ風のパーカッションが入っていますよね。

露木「パンデイロですね」

石黒「バンド内では“暗夜行路”を最初のリード曲にしようという話もしていました」

露木「僕はいちばん毛玉っぽいなって思ったんです。あと、完成度も高かった」

『まちのあかり』収録曲“暗夜行路”
 

――メンバーのみなさんが考える〈毛玉らしさ〉というのを言語化すると、どういったことになるんでしょう?

露木「うーん……。黒澤くんが書く、〈普通じゃない曲〉かな。他の人は作らないでしょ、こんな曲(笑)。そこがいちばんの魅力だと思いますね。良い意味で変な曲」

黒澤「〈言語化〉か……。言語化が苦手なのが毛玉なのかな」

石黒「答えばっかり出してもしょうがないですしね。あんまり言語化しないほうがおもしろいような気がします。説明がつかないんですよね」

黒澤「僕は単純にしゃべりがあんまりうまくないので……(笑)。その感じが音楽に出ているというか」

石黒「そういうわけでもないと思いますけどね」

――1月8日(火)に東京・渋谷WWWで開催されるレコ発は東郷清丸くんとのツーマンですね。

黒澤「radio DTMの企画〈新曲もってこい〉で東郷さんの曲を聴いていいなと思ったんです。その後、ラジオでしゃべっているのも聴いて、この人はこれからもっと伸びそうだと思ったら、最近はすごく活躍されていて。曲もいいですけど、ギターを指で弾いてる感じもいいですね」

――毛玉には短編ズが参加するんですよね。

黒澤「ギターの深田篤史さんにも出てもらいます」

石黒「コーラスの岸真由子さんもです。管楽器隊は、NAPPIさん、カトー直喜さんに参加していただきます」

――すごく豪華なライヴになりそうですね。

 

毛玉が歩みを止めない理由

――黒澤さんの周囲もそうだと思うのですが、停滞したり、いなくなったりするバンドも少なくないですよね。そんななかで黒澤さんが毛玉を続けられている理由ってなんですか?

黒澤「実は、もう4枚目の構想があるんです」

――えっ、すごいですね!

黒澤「ニール・ヤングは作品の数が半端なくたくさんありますよね。自分もそれくらいのつもりでいるんです。90歳になって足が動かなくなったら、それはそれでそういう音楽を作れるって思ってるので。もしボケちゃったら、手拍子と歌のアルバムを作りたい。そのときはそのときのやりようがあると思うので、とりあえず作りたいんですね」

露木「黒澤くんのモチヴェーションが続く限り毛玉は続きますね」

石黒「黒澤さんに着いていけばいいんですよね」

露木「黒澤勇人が毛玉だから」

 


Live Information

〈毛玉『まちのあかり』発売記念ライブ〉
2019年1月8日(火) 東京・渋谷 WWW
開場/開演:18:30/19:30
出演:毛玉(特別ゲスト:その他の短編ズ)/東郷清丸
前売り:3,000円(ドリンク代別)
ご予約:https://eplus.jp/sys/T1U14P002279033P0050001

〈Mikiki Pit Vol. 7〉
2019年2月2日(土) 東京・下北沢 BASEMENT BAR
出演:毛玉/Crispy Camera Club/Half Mile Beach Club/So Sorry,Hobo
開場/開演:12:00/12:30
終演:15:0
料金:前売り 1,500円/当日 2,000円/学割 1,000円
フード:クジラ荘

>>チケットのご予約は
Twitter(リプライ、DM):https://twitter.com/mikiki_tokyo_jp
Facebook Messenger:m.me/mikiki.tokyo.jp
メール:mikiki@tower.co.jp もしくは ticket3@toos.co.jp まで
LINE@:
友だち追加

※各出演者でもご予約を承っております

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop