COLUMN

ディアハンター、ギャング・ギャング・ダンス、エクス:レイが一堂に会す〈狂乱の一夜〉

レーベル・ショウケース〈Revue〉開催記念、4ADの魅力を探る

(左から時計回りに)ディアハンター、エクス:レイ、ギャング・ギャング・ダンス
 

〈耽美〉で〈幽玄〉――独自の美学を持つレーベル、4AD

ディアハンター、ギャング・ギャング・ダンス、エクス:レイが一堂に会する4ADのイヴェント〈Revue〉が、1月21日(月)に大阪・心斎橋BIGCAT、翌22日(火)に名古屋Electric Lady Land、最終日の23日(水)には東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで開催される。4ADのレーベル・ショウケースが、ここ日本で行われるのは今回が2度目。初回は2011年1月に東阪で開催され、ディアハンター、ブロンド・レッドヘッド、アリエル・ピンクス・ホーンテッド・グラフィティの3組が出演し大好評を博した。

79年、ベガーズ・バンケットからの資金援助のもと、アイヴォ・ワッツ=ラッセルとピーター・ケントにより設立された4ADは、その独特の美学を貫くことにより、現在に至るまでシーンを牽引。インディー・ロック界の総本山的レーベルとして君臨し続ける稀有な存在である。

4ADの〈独特の美学〉とは何か。アイヴォの誘いによって加わったグラフィック・デザイナーのヴォーン・オリヴァーが、フォトグラファーのナイジェル・グリーアソンと結成したデザイン・チーム〈23エンヴェロップ〉の生み出すアートワークがそれを象徴していると言えよう。どこかグロテスクかつ退廃的でありながら、美しくスタイリッシュなそのデザインは、80年代に所属していたアーティスト、例えばコクトー・ツインズやバウハウス、デッド・カン・ダンスらのサウンドと結びつき、他のレーベルにはない統一されたカラーを強く打ち出していたのだ。

〈23エンヴェロップ〉が手掛けたアートワーク
(左から)コクトー・ツインズの83年のEP『Sunburst And Snowblind』、ディス・モータル・コイルの84年作『It'll End In Tears』
 

なかでも、解散したいまなお英国の国民的バンドとして、カリスマ的な人気を誇るコクトー・ツインズと4ADの親和性は非常に高く、バンドのリーダーであるロビン・ガスリーの奏でる幽玄なギター・サウンドと、歌姫エリザベス・フレイザーによる天上の調べのようなヴォーカルは、〈4ADの顔〉としてそのイメージ作りに大きく貢献してきた。

コクトー・ツインズの84年のシングル“Pearly-Dewdrops' Drops”
 

以降も4ADは、スローイング・ミュージズやピクシーズら米国のオルタナティヴ勢も積極的に紹介しつつ、ARケインを中心に結成されたM/A/R/R/Sの“Pump Up The Volume”で全英1位のヒットを飛ばすなど、多岐にわたり展開し続けた。最近ではナショナルやグライムス、TV・オン・ザ・レディオ(現在は移籍)、レモン・ツイッグス……などなど、初期のイメージだった〈耽美〉や〈幽玄〉とは違うタイプのアーティストをも次々と紹介するようになっていく。

アイヴォが退き、親会社だったベガーズ・バンケットとトゥー・ピュアを吸収する形で運営を続ける4AD。〈4ADサウンド〉などと言われるほど、レーベル・イメージがサウンドと分かち難く結びついていた80年代とは違い、多種多様なアーティストが在籍している現在の彼らだが、容易にカテゴライズが不能かつ不要な才能を呼び寄せているという点では、40年前の発足から何一つ変わっていないのだ。

 

ディアハンター
生と死の境界線で自己と対峙し続ける、USサイケのカリスマ

では、今回のイヴェントに出演するバンドを紹介していきたい。ディアハンターは、2001年にジョージア州アトランタにて結成されたバンドである。リーダーはブラッドフォード・コックス。ラモーンズのジョーイ・ラモーンと同じ、先天性の疾患、マルファン症候群を抱える彼の音楽は、常に生と死の境界線にある自己との対峙により生み出されたもの。〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインとヴェルヴェット・アンダーグラウンドの交差点〉などと呼ばれた2008年の傑作サード『Microcastle』も、今回リリースされる通算8枚目の新作『Why Hasn't Everything Already Disappeared?』も、サウンドのアプローチこそ違えど、その点ではまったく変わっていない。

ちなみに最新作は、ソフトロック〜サイケデリア路線へと大きく舵を切ったキャリア史上最高クラスの傑作だ。プロデューサーにはバンドに加え、ウェールズ出身のシンガー・ソングライター、ケイト・ル・ボン、ナールズ・バークレイやアニマル・コレクティヴなどを手がけてきたベン・H・アレンIII、前作にも携わったベン・エッターが加わっている。この、新たな楽曲たちがライヴでどのように鳴らされるのか、いまから楽しみでならない。

『Why Hasn't Everything Already Disappeared?』収録曲“Death in Midsummer”
 

ところで、ジャン=マルク・ヴァレ監督作「ダラス・バイヤーズクラブ」(2013年)にも、ジャレッド・レトの恋人役として出演し話題となったブラッドフォードは、大変な変わり者としても有名だ。筆者も何度かインタヴューをしたことがあるが、彼ほど気分屋の人物を他に知らない(溢れんばかりの笑顔でフレンドリーに接してくれたかと思えば、次に会うと終始仏頂面で、相棒のロケット・プントに話をすべて振る、なんてこともあった)。彼は、ソロ・プロジェクトであるアトラス・サウンドの音源も、4ADから数枚リリースしている。こちらはディアハンターよりもさらに内省的かつアブストラクトな作風。なお、ディアハンターのギター・サウンドの要であるロケットも、ロータス・プラザという名義でソロ活動を行なっている。

 

Photo by Marika Kochiashvila
 

エクス:レイ
ドーター紅一点がはじめた、パーソナルなソロ・プロジェクト

一方、エクス:レイは、ドーターの紅一点であるエレナ・トンナのソロ・プロジェクトだ。ドーターは2010年に結成され、ロンドンを拠点に活動する3人組バンド。デビュー・アルバム『If You Leave』(2013年)をリリースすると、その気だるく幽玄なサウンドと、物憂げなヴォーカルがXXやウォーペイントらを彷彿とさせ話題を集めた。新人とは思えぬ演奏力にも定評があり、これまで何度か来日公演を行っているが、いずれも素晴らしいパフォーマンスだった。昨年9月にはビデオゲーム「Life Is Strange:Before The Storm」のオリジナル・サウンドトラック『Music From Before The Storm』を配信。そのわずか2ヶ月後にエクス:レイ名義でのデビュー・アルバム『Ex:Re』がリリースされたため、リスナーを驚かせた。

『Ex:Re』収録曲“Romance”
 

アルバム・タイトルにもなっているプロジェクト名には、〈Regarding ex (元カレについて)〉と〈X-Ray (レントゲン)〉という二つの意味が含まれているという。大切な人との別れがキッカケとなって作り始めた楽曲が並んでおり、ドーターよりもさらにパーソナルな響きをたたえている。こちらもライヴでの再現がどのようなものになるのか、期待が高まる。

 

Photo by Ari Macropolis
 

ギャング・ギャング・ダンス
ポップとエクスペリメンタルを往来するブルックリンの音楽集団

前作『Eye Contact』から実に7年ぶりの新作『Kazuashita』を2018年にリリースした、米国NYはブルックリンの音楽集団、ギャング・ギャング・ダンスによる久しぶりのライヴも必見だ。ポスト・ロックやエレクトロニカ、シューゲイズ、インダストリアルなどさまざまな要素をぶち込んだ唯一無二のトラックと、〈グライムスの源流〉とでもいうべきリジー・ボウガツォスの、シャーマニックなヴォーカルが融合したエキゾチックなサウンドは、一度聴いたら病みつきになること間違いなし。ポップネスとエクスペリメンタルを行き来する意欲作『Kazuashita』で予習しつつ、当日を迎えたいところだ。

『Kazuashita』収録曲“Lotus”
 

以上、イヴェント当日の出演アーティストを駆け足で紹介した。聴く前と聴いた後では世界の様相がまるで変わってしまうような今回の3組。そんな貴重な体験をもたらしてくれるであろう〈Revue〉、すなわち〈夢の狂宴〉を観逃すわけにはいかない。

 


Live Information
〈4AD presents Revue
DEERHUNTER, GANG GANG DANCE and EX:RE
SPECIAL GUEST DJ: 4AD LABEL BOSS SIMON HALLIDAY〉

2019年1月21日(月) 大阪・心斎橋BIGCAT
開場/開演:18:00
前売り:7,000円(税込/ドリンク代別) ※未就学児童入場不可
お問い合わせ(SMASH WEST):06-6536-5569 http://smash-jpn.com http://smash-mobile.com
チケット販売:e+/ぴあ(P:130-779)/ローソン(L:52132)

2019年1月22日(火) 愛知・名古屋Electric Lady Land
開場/開演:18:00
前売り:7,000円(税込/ドリンク代別) ※未就学児童入場不可
お問い合わせ(JAIL HOUSE):052-936-6041 http://www.jailhouse.jp/
チケット販売:e+/ぴあ/ローソン

2019年1月23日(水) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
開場/開演:18:00
前売り:7,000円(税込/ドリンク代別) ※未就学児童入場不可
主催:シブヤテレビジョン
お問い合わせ(BEATINK):03-5768-1277 https://www.beatink.com/
チケット販売:e+/ぴあ/ローソン(L:74192)/iFLYER/clubberia

企画制作:BEATINK https://www.beatink.com/

関連アーティスト
pagetop