TOPICS

ジョナス・メカスが表紙、ネヴィル・ブロディやミシェル・ルグランを特集したタワレコのフリーマガジン〈intoxicate〉138号配布中

intoxicate vol.138 表紙画像
 

タワーレコードが偶数月に発行しているフリーマガジン〈intoxicate〉。今回は、本日より配布がスタートした138号(2月20日発行号)についてお知らせします。

今号の表紙を飾るのは、今年1月に惜しまれつつもこの世を去った映画監督・作家のジョナス・メカス。巻頭特集では、氏の作品の愛好家でもある映画批評家・北小路隆志によるコラムを掲載いたします。

このほか巻頭特集では、サッカーJ2の東京ベルディの新ロゴをデザインしたネヴィル・ブロディ、やはり今年1月に逝去したピアニスト・作曲家のミシェル・ルグランについてのコラムも掲載。

また、反田恭平、ジェイムズ・フランシーズ、ブルーノ・ペルナーダスへのインタヴューや、青木涼子、イースト・ミーツ・ウェスト2019、ザ・クレイプール・レノン・デリリウム、マックス・リヒター・プロジェクト、オーパス・ワンについてのコラムなど、数多くのインタヴュー、コラム、レヴュー記事を掲載しています。

このほか、濱田マリ、俵孝太郎、坪口昌恭、山本敦、&ツルコによる連載や、阿部純子、ジャルジャル、大原櫻子、光石研が〈スキ過ぎるもの/コト〉を4コマで語る〈人コマゴマ〉も。

intoxicateはTOWERminiを含むタワーレコード全店にて無料で配布中。このほかTOWER RECORDS ONLINEでは数量限定での販売も行っています。なかなかお店まで足を運べないという方はこちらもご活用ください。intoxicateの記事はMikikiでも順次公開していきますので、引き続きチェックを!

※intoxicate 138号のコンテンツはこちら

プレイリスト
pagetop