COLUMN

イアン・ブラウン『Ripples』ストーン・ローゼズの活動もひと段落し、ふたたび一人になったキング・モンキーはどこへ向かう?

イアン・ブラウン『Ripples』ストーン・ローゼズの活動もひと段落し、ふたたび一人になったキング・モンキーはどこへ向かう?

〈Third Coming〉の代わりに届いたキング・モンキーからの贈り物。ストーン・ローゼズという名の宴を経てもう一度ひとりの道を選んだ男が、新たな未来を切り拓くために己の原点と向かい合う!

終わったことを悲しむな

 約10年ぶりとなるイアン・ブラウンのソロ・アルバム、それが『Ripples』だ。前作『My Way』から10年も経っていたというのは驚きだが、これほどのブランクをブランクと感じさせない理由はもちろん、彼にとっての10年代がほぼストーン・ローゼズの再結成とその活動にあてられていたからだろう。

 2011年のローゼズ再結成と大規模なリユニオン・ツアーは大きな成功を収め、2016年にはバンドとして約22年ぶりのニュー・シングル“All For One”“Beautiful Thing”をリリース。〈皆はひとりのために、ひとりは皆のために〉と歌われる“All For One”には彼らの再起に賭ける熱い思いが感じられたし、一時は『Second Coming』(94年)以来となるニュー・アルバムのレコーディングに入ったとも報じられていた。

 しかし、その後どこかで4人はふたたび道を違えてしまったのかもしれない。現時点でローゼズの最後のライヴとなっている2017年6月のグラスゴー公演にて、〈終わったことを悲しむな。実現したことが幸せなんだから〉とイアンが発言。これがバンドの〈再解散〉宣言であったか否かは憶測の域を出ないけれど、何にしても以降のイアンはソロ作の、つまり本作の制作に没頭することとなった。自分の原点であるローゼズと改めて真摯に向き合った経験が、ソングライターとしての、そしてシンガーとしての彼に火を点けたことは想像に難くないし、実際に『Ripples』からはもう一度ひとりで立つ道を選択したイアンの決意と気迫が伝わってくる。

IAN BROWN Ripples Polydor UK/ユニバーサル(2019)

 この『Ripples』で徹頭徹尾貫かれているのは、〈ひとりでやる〉ということだ。本作はイアンにとって久々のセルフ・プロデュース・アルバムであり、2曲のカヴァー曲以外の8曲はオリジナルで、そのうち3曲はイアンと彼の息子たちの共作ナンバーである。つまり近年のポップ・ミュージックの主流となっているコラボ型、チーム型の制作スタイルの対極を行くパーソナルな内容であり、しかも驚くべきは、ギターはもとより、ベース、ドラムス、各種パーカッションに至るまで、演奏自体もほぼ彼ひとりでやりきっている点。ここまでのDIY作品はイアンのソロ・ディスコグラフィーのなかでも他に類を見ない。

 

日々はまだ始まったばかり

 前述した“All For One”での〈皆はひとりのために、ひとりは皆のために〉の境地から一転、まるで〈自分が自分であるためにすべての責任を自分で負う〉と言わんばかりの本作への変貌は実にドラスティックだが、結果として『Ripples』はイアン・ブラウンの克明な自画像たる一枚となった。自分自身を克明に描くためには、これまでの歩みを見つめ直す必要があり、そういう意味でも本作が原点回帰的なアルバムに仕上がったのは必然だろう。それは先行シングル“First World Problems”の段階ですでにあきらかだった。この曲のハイフレットなベースも、軽妙なギターのシンコペーションも、楕円を描くように何度もサラウンドするタム・ロールも、そしてどこまでもエヴァーグリーンな煌めきを湛えたセミアコのソロも、すべてがローゼズ時代から変わることのない彼のシグネチャー・サウンドをかたどる必須のピースだ。

 もちろん、イアンを彩ってきたものは、“First World Problems”に象徴されるバギーなマッドチェスター・サウンドだけではない。“It's Raining Diamonds”に宿った“Sally Cinnamon”(87年)や“Elizabeth My Dear”(89年)を彷彿とさせるリリシズム、“From Chaos To Harmony”のワウ・ギターが誘うサイケデリック・グルーヴ、“Fools Gold”(89年)から『Second Coming』への、あの混沌たる時代の興奮を蘇らせるタイトル・トラックなど多岐に渡っている。ローゼズが終わっても、こうしてローゼズはいまなおイアンのなかで生き続けている様子が窺えるし、自分の過去に対する揺るぎない肯定感と、過去と現在が一本道で繋がれた感覚は、オアシスとリアム・ギャラガーのソロの関係にも似ていると言えようか。

 さらに、彼のルーツであるビートルズ的なメロディー展開、ローリング・ストーンズさながらのブルージーなロックンロール、セックス・ピストルズやファンカデリックへのオマージュ、アシッド・ハウス由来のダンス・ビートの導入のほか、2曲のカヴァーがバーリントン・リーヴィの“Black Roses”とマイキー・ドレッドの“Break Down The Walls”である点にも注目したい。レゲエやダンスホールもまた、長年イアンが愛して止まないものなのだ。

 もうひとつ特筆すべきは、ここへきてあきらかにイアンの歌が上手くなっている事実。かつての彼のあの棒読み的な歌唱は、ゴーイング・マイウェイで一歩も引かないパンクのアティテュードだったわけだが、本作では曲によって柔軟に抑揚をつけて歌うということをやっている。“Breathe And Breath Easy(The Everness Of Now)”の途中のアカペラも感動的で、そこには成熟といった形容が相応しい。そう、原点回帰作であると同時に、55歳となった男の年輪もしっかり刻まれた現在進行形のアルバムであるのが『Ripples』の本質だ。

 ちなみに本作からのサード・シングル“From Chaos To Harmony”には、〈枯れ果てた薔薇(Roses)は石(Stone)に変わってしまった〉と歌われる一節がある。どこからどう読み取ってもこれはストーン・ローゼズに対するイアンの惜別の念であり、いよいよファンも覚悟しなければならないのかもしれない。しかし、そんな私たちファンに向けて彼はこう歌うのだ、〈自分の頭で自分のことを考えろ、日々はまだ始まったばかり〉と。

 

“Black Roses”を収録したバーリントン・リーヴィのベスト盤『Reggae Anthology: Sweet Reggae Music 1979-84』(VP)、“Break Down The Walls”を収録したマイキー・ドレッドのベスト盤『Best Sellers』(Rykodisc)

 

次ページイアンの濃密なソロ・キャリアを再訪しよう
関連アーティスト
pagetop