INTERVIEW

BiSH待望の新作『CARROTS and STiCKS』とWACKグループのこれからを渡辺淳之介×松隈ケンタが語りまくる!

BiSH待望の新作『CARROTS and STiCKS』とWACKグループのこれからを渡辺淳之介×松隈ケンタが語りまくる!

活動5年目に突入してなおエッジーな道を拓いていくBiSH。アメとムチを使い分けた配信EPと来るべきアルバム『CARROTS and STiCKS』をさらに楽しむべく、今回は首謀者の松隈ケンタと渡辺淳之介に語ってもらおう!

 4月1日、全国6か所の映画館で行われた映像作品「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"」完成記念上映会の最後に、ニュー・アルバム『CARROTS and STiCKS』の発表をサプライズ告知したBiSH。前作『THE GUERRiLLA BiSH』(2017年)からおよそ1年半というスパンだけ考えても待望の一作に違いありませんが、今回のリリースに際しては〈#BiSHアメトムチ〉なるプロジェクトが3か月に渡って展開されていくこととなりました。まず、翌2日には渋谷駅地下の壁面に〈剥がせるCD〉を2000枚貼り付けた巨大なピールオフ広告を掲出して話題を撒き、リード曲“遂に死”のMVを公開。3日に4曲入りEP『STiCKS』をApple Music限定配信し、5日の全国ツアー〈LiFE is COMEDY TOUR〉初日にてその全曲をパフォーマンスしました。この先は5月3日にも4曲入りの『CARROTS』を配信し、同5日のZepp Osaka Bayside公演でその全曲を披露、6月にアルバムのリード曲を公開したうえで、7月3日にはそれらを含む全14曲入り(昨年からのシングル曲や1月配信の“二人なら”などはボーナスCDに収録)のアルバム『CARROTS and STiCKS』を投下……と、サブスクとライヴを連動させながら立体的にCDリリースを盛り上げていこうという寸法です。てなわけで、今回は仕掛人の渡辺淳之介(WACK代表)とサウンド・プロデューサーの松隈ケンタ(SCRAMBLES代表)に話を訊きました。

 

振り切ってみたい

——まず、一連の構想はどういうふうに始まったものでしょうか?

渡辺淳之介「基本的に僕たちで共有しているヴィジョンとしても、avexの戦略としても、BiSHは尖ったものも売れそうなものも、とにかくどっちも取りたいっていうものがやっぱり一番にあって、そのなかでavexからのプロモーション案もあって、この構想に至った感じです。去年の“NON TiE-UP”と一緒の感覚ではあるんですけど、やっぱりBiSHで尖ったこともやりたい気持ちはずっとあって」

松隈ケンタ「ありがたいことに去年は“PAiNT it BLACK”からどの曲もタイアップ付きまくって、そのぶん我々やメンバー、スタッフまで含めたアーティスト・サイドから発信する曲があまりなくて、その反動が“NON TiE-UP”になったんですよね。で、今回はそれをアルバム単位で作ろうというか。ダークなのもやりたいけど、どポップな部分もBiSHの良さなので、そこをクッキリ分けてみたらおもしろいんじゃないかっていうところから作り出しました。なんで、曲は後からだよね」

——じゃあ、分ける発想が最初にあって。

渡辺「そうですね。最初は〈BLACK and WHITE〉って仮で呼んでて。なんで、ブラックな部分は突き詰めつつ、ホワイトの部分は綺麗にやりつつっていうのが一番にありましたね」

——〈アメとムチ〉にしろ、WACKの経営理念みたいなタイトルですね。

渡辺「どっちもありますね(笑)。『CARROTS and STiCKS』は、英語だとホントはSが付かない〈Carrot & Stick〉なんですけど。まあ、タイトルは基本的にカッコイイかなってぐらいの理由です(笑)」

——昨年のツアー名の〈BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR〉とも繋がってますし。

渡辺「はい。馬だったんで、そこにもちょっと掛けつつ。〈ジキルとハイド〉とかいろいろ案はあったんですけど、しっくりきたのがこの〈アメとムチ〉だったっすね」

——とはいえ、“NON TiE-UP”って、例えば幕張のエンディングとかで改めて聴くと尖りつつも凄くポップに響く曲ですけどね。

松隈「そう、あれポップなんですよね、謎に」

渡辺「まあ、僕も松隈さんも凶悪にはなれないっていうか(笑)、聴いて楽しんでもらわないと意味がないっていうところはあるっすね」

松隈「うん。だからこそ、今回の『STiCKS』ではもう一個先に行ってみたいっていうのが僕的にはあって。いままで行ってないところまで振り切ってみた初めてのパターンかな」

渡辺「おもしろかったんですけど、最初に各EP用に10曲ずつくらい作ってもらって、『STiCKS』用の曲が上がってきた時に、〈あの、もうちょいサビがあってもいいかもしんないっす〉って話をしましたよね(笑)」

松隈「そう、最初はもっと過激やったから、珍しく〈行きすぎ〉って言われて。いつも逆やのに。〈え? サビあっていいの?〉って」

——ではその『STiCKS』の話からですけど、MVもある“遂に死”がリード曲で。これが一番エクストリームな出来というか。

松隈「そうですね。作ったなかでも一番エクストリームやったかもしれんね(笑)。まだ“FiNALLY”とか“FREEZE DRY THE PASTS”はビートが普通にあるから。“遂に死”はいままでと違うものを作りたくて、鬼バンドでベース弾いてた小原just begunに初めてメインでトラックを作らせてみたんですよ。僕とはLUI◇FRONTiC◆松隈JAPANから一緒にやってて、彼はあんまり自分で曲を作るタイプじゃないんですけど、たぶんエキセントリックな人なんで、今回は〈こういう感じで作ってみて〉って好きにやらせてみて、僕がメロディー入れました。だから逆にいままでの発想にないものになりましたね」

——小原さんは“しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。”のトラックも共作されてました。

松隈「そうなんです、あれも良かったんですよね。小原は今回“FREEZE DRY THE PASTS”もやってて大活躍で。で、BiSHは〈楽器を持たないパンクバンド〉って言ってて、僕はそんなに気にしてなかったんですけど、やっぱり楽曲をライヴで再現していくバンドだっていう枠が心のどこかにあったんです。でも、今回のテーマをきっかけにそれも振り切って乗り越えようと思って、打ち込みを堂々と入れたんですよ。なんで、できることがもうバーンッて広がったんで、良い意味でムチャクチャなロック、インダストリアルな方向にも行けたかなっていう感じですかね」

渡辺「マリリン・マンソンとかナイン・インチ・ネイルズの『Broken』とか、90年代のインダストリアル感がリファレンスでしたね」

松隈「ああいう人たちってセンス系の音楽だから、セオリーがないんですよ。もう、あの人たちがやってそれで成り立つ音楽なんで、難しかったですね(笑)」

渡辺「でもやっぱ僕も自分の引き出しにあるものを聴き直して改めて思ったのは、あの時代はホントにおもしろかったんだろうなと思ってて、リンキン・パークとかが出てくる前の感じというか。そんななかにPJハーヴェイみたいな感じの子もいたりとかして……まあ、全体に暗いっすね(笑)」

——90年代US特有の暗さですよね。

渡辺「そうっすね。ニルヴァーナとかも含めですけど、あとはマッドハニーとか。『STiCKS』のほうは全体的にそのへんの暗い雰囲気を意識してます」

松隈「おもしろいのが、『STiCKS』のミックスは僕が全部やったんですよ。いつもはうちのエンジニアの沖(悠央)が全曲やるんですけど、もうエンジニアをかます時点で普通のものになるというか、やっぱりああいう人たちの音っていうのは、エンジニアがセオリー通りやっても絶対できないんで、もう全部〈俺によこせ〉っつって、とりあえずディストーションいっぱいかけてみました(笑)」

渡辺「もうムチャクチャですよね、ホントに“FREEZE DRY THE PASTS”とか耳が痛いっすもんね(笑)」

松隈「〈意味わかんない音にしてくれ〉ってずっと言うんで、〈なぜこのシンバルのデカさにした?〉とか、そういうことばっかり考えました」

——緩急もヤバイですし。

松隈「アハハハ。〈こっからくるんや!〉みたいな、聴いたことない角度からシンバルきたりとか、いろいろ音楽的にも細かいことにこだわってみました」

 

音を散らかす作業

渡辺「でも『STiCKS』を通して聴いて、〈あ、これこれ〉って思いました。ゆらゆら帝国の“グレープフルーツちょうだい”とか、椎名林檎もそうですけど、〈うわ、痛っ!〉みたいな感じじゃないですか。いまはどうしてもその耳触りの良さっていうか、どんどんマイルドにマイルドにっていう方向に行くので」

松隈「まあ、アレンジャーとかエンジニアは、散らかってるものをキレイにする職業なので。だから、整えていくものなんですけど、今回は散らかす作業をしましたよね」

渡辺「逆にね」

松隈「それでも、やっぱマリリン・マンソンとかホントにキレイに散らかしてるし、ただ散らかすだけじゃ素人の音楽になっちゃうんで、そこは一応プロのメジャーでやってるクリエイターとして……」

渡辺「気持ち良く聴ける散らかり方を」

松隈「そうそう、やっぱり作品として聴けるのは、PJハーヴェイとか、あのへんの人たちのはちゃんとしとるけん」

——その意味で言うと、BiSHを始めた当初の〈ジョンスペみたいなのがやりたい〉っていう構想がある程度ここで実現されてる部分もあるのかなって。

渡辺「そうっすね。だから、『STiCKS』に関しては僕の希望が色濃く出てるかもしれないっす(笑)」

松隈「淳之介が昔やりたかったのはこれなのかなって、俺は勝手に思ってたけどね」

渡辺「いや、BiSHが始まって4年ぐらい経って、やっとこれが認めていただける土壌が整ったなという感じは(笑)」

松隈「いまなら良いなって思うよね。4年前にファーストでこれやったら意味わかんないと思うよ(笑)」

渡辺「そうっすね。まあ、今回avexのディレクターの篠崎さんから言われて印象的だったのは、〈とにかく好きにやってくれ〉と(笑)」

松隈「そうやったね。テーマが〈松隈と渡辺が好きなものを作ってくれ〉と。暗い/明るいっていう枠組みだけはありましたけど」

渡辺「なので、メンバーも詞を書いたんですけど、納得いかなくて今回は僕がめちゃめちゃ奪いましたね(笑)。たぶんみんなブーブー言ってると思います」

——前の『THE GUERRiLLA BiSH』でもメンバー作詞が半分以上だったのに。

渡辺「ちょっと〈好きに作っていい〉って言われたので(笑)。逆に珍しく松隈さんからも歌詞の注文がきたりして、表現の仕方だったり、いつもより細かいところまでこだわりました」

——あとは“優しいPAiN”ですね。ここにきての“スパーク”感というか。これはドラムが松隈さんなんですよね?

松隈「そうです、そうです。初心者なのに自分でドラムを叩くという、斬新な」

渡辺「凄いっすよね。曲が上がって松隈さんに会った瞬間に言われたのが〈俺のドラム良かったっしょ?〉って(笑)」

松隈「5~6時間かかりました(笑)。しかもミックスまとめなきゃいけない締め切りの日に朝から録って。だからスタッフもビックリですよ。ドラマー呼んでないのに〈ドラムのセッティングして〉とか言って。〈誰が叩くんすか?〉〈俺に決まってんだろ〉みたいな(笑)。それでやってたら楽しくなっちゃって。まあ、やっぱり若い感じというか、青い感じを出したくて、いままでもニュアンスを凄い大事にしてたんですけど、やっぱり突き抜けなきゃいけないんで、ホントの素人が叩くっていうのがいいと思って」

渡辺「いや、スゲエ良かったっす」

松隈「これをやりきるなら、俺が叩くしかないってことで。この曲はデジタル感は出したくなくて、ルーズな感じにしたかったんで、もう切り貼りも修正もせず、ズレたものはズレたまま入れて。その代わり小節単位で録ってたんで、2~3時間やって〈まだサビに辿り着かねえ〉とか言って、もうスタッフはみんな絶望してました(笑)」

渡辺「〈勘弁してくれよ〉みたいな(笑)」

松隈「また、下手なくせにこだわるんよ、俺が(笑)。自分のせいなのに、〈何だ、いまの違う! もう1回!〉とか言いながらストイックにやりました。レコーディングの時にモモコ(グミカンパニー)が〈このリズムだとライヴとか絶対揃わないですけど、どうするんですかね?〉とか悪気なく言ってたんで、〈コノヤロー〉と思いましたけど(笑)」

——(笑)これに関しては、そこまでしてでも、拙さを追求したかったというか。

松隈「そうですね。求めるイメージ、90年代の人たちの感じとか考えると、そのドラマーしか叩けないビートがあるし、打ち込みじゃ絶対再現できないじゃないですか? もともと“スパーク”も青臭さを出したくて、楠瀬拓哉にわざと良いニュアンスで叩いてもらってたので、それもかなり参考にしましたね」

渡辺「『STiCKS』に静かな曲も入れたかったんですよね。モグワイとかenvyみたいな、ちょっと激しすぎてキレイになっちゃうみたいな……感情はギザギザなんですけど、優しくなるっていう感じをめざせたので、ここに入れたいなっていうところになりました」

——この4曲でまとまりがありますね。

松隈「うんうんうん。この一曲があるだけで締まりが出るというか」

渡辺「EP感ありますよね」

 

削ぎ落とした気持ち良さ

——一方で5月配信の『CARROTS』ですが、こちらは親しみやすいというか……。

松隈「そうですね。だから『STiCKS』が……告知映像にしてもらってましたけど、売れない、汚い、サビがよくわからないっていう(笑)。その『STiCKS』へのカウンターなんで、『CARROTS』は売れたいってことです。まあ、BiSHはポップで可愛い曲もウリですから、そこを無理せずストレートに出したものかなと思います」

渡辺「そうは言いつつ、これは全然意図してた部分じゃなく感じたんですけど、『STiCKS』が散らかってるという意味で言うと、『CARROTS』はかなり削ぎ落としたというか」

松隈「そうそう、シンプルだね」

渡辺「シンプルに気持ちが良いっていうか、音数も凄く少なくて、俺は松隈さんがそういうふうにしたのかなって勝手に感じましたね」

松隈「最近の風潮としてやっぱりスカスカしてる音がまた増えてきたので。僕の作り方がけっこう詰め込む感じが多かったので、2019年はちょっとスカッと始めようかなという感じはありました。“NO SWEET”だけは僕から提案した別のイメージだったんですけど、淳之介からは〈メロコアがいいんじゃないか〉っていう話もあったし」

——『KiLLER BiSH』の頃、“summertime”とか“KNAVE”を思い出す雰囲気です。

松隈「そうです、そうですね。昔のBiSHのスカスカな感じはちょっと意識しました。あと2曲目の“まだ途中”は超おもしろくて、打ち込みを初めてやらせた生徒っていうか、バンドマンがいて、センスは凄いあるから〈打ち込み勉強して練習でトラック作ってみろ〉っつって、疑似的にちょっと参加させたんですよ。そしたらまあヘタクソで、明らかにベースがズレて、ドラムのリズムも何かヨレてるんですよ、打ち込みなのに(笑)」

渡辺「でも曲はヘボくないんすよね」

松隈「良いんですよ。やろうとしてることはわかるんですけど、どうやって作ったか謎すぎて。だから気になっちゃって、とりあえずメロディー入れてみて遊び半分でみんなに聴かせたら、〈良いじゃないですか〉って、まさかの採用になるっていう(笑)。僕が福岡で育ててる空狐3000っていうバンドの奴なんですけど」

——配信レーベルのscramble edgeから出されてる方々ですね。

松隈「そうです。彼らもBiSH大好きなんですけど、採用されるなんて夢にも思ってなくて。良い勉強にもなるし、新しい風が入ってくるのは凄く良いと思って」

——こちらもミックスは松隈さんですか?

松隈「『CARROTS』のミックスは沖が全部やってて、いつも通りの布陣ですね。普通この幅は作れないし、この企画だからこそどっちもできたので楽しかったっすね。で、ここから一つのアルバムになるわけですし。まだ全曲は出来上がってないんですけど、『STiCKS』と『CARROTS』が混じっても違和感なく聴けるし、凄いアルバムになるなと思ってます」

——作り方の基本は変わらず、どれもトラック先行でやられてるんですか?

松隈「それは基本一緒ですね。先に〈こんな感じでトラック作りましょう〉っていうイメージを出して。SCRAMBLESのクリエイター、いまレギュラーで13人いるんで」

渡辺「スゲエ増えましたよね」

松隈「僕は福岡に帰りましたけど、クリエイターはほぼ東京に置いていってるので、みんな頼り甲斐が出てきたし、チーム全体もかなり屈強になってますね。で、スクール生も150人、200人弱ぐらいいるんで」

——大きいチームになりましたね。

松隈「ただ、前TVでやった時に批判されたりもしたのよ。みんなで机並べてコライトして、何かあんまり音楽的じゃないね、みたいな。ただ、皆が知らないだけで、普通にやってる人は、むしろもっと幅広く他人と一緒に作ってるので。一人で作ってる人でもミックスは誰かに外注してて、演奏もアレンジもその都度外注してて、でも作曲家にしかスポットが当たらないだけで。で、僕がやりたいのは、知らない人とやるよりサウンドのブランド感が取っ散らからないので、むしろ13人でバンドやってるみたいなイメージなんですよね。この『CARROTS and STiCKS』もいままで以上にこだわれて、かなりおもしろいアルバムだと思いますけど、やっぱ一人でやってたら絶対できないですし、いろんな作家さんから曲を集めてもこうはならないので、そこが他のチームとは違うかなというところは自信持ってますね。統一感がやっぱり出るし」

——はい。では7月の『CARROTS and STiCKS』はどうなりますでしょう。

渡辺「いま話せる範囲で言うと、僕も新たに作曲に挑戦しています」

松隈「初めてのパターンで、トラックを淳之介に渡してコライトしたんですよ。過去にもギャンパレでコンペはやったんですけど、ハルナ・バッ・チーンでさえ受かるのに、淳之介はボツられるという(笑)。そして辻山(GANG PARADEのマネージャー)が採用されるという屈辱をね(笑)」

——ああ、“とろいくらうに食べたい”の時にも出されてたんですね。

渡辺「はい、けっこう自信作を……」

松隈「うちはやっぱ質にこだわってますから(笑)。それで自信失っとったのかわからんけど、今回も〈大丈夫っすか?〉って言っとったね。で、〈Aメロこんな感じです〉って作ってきたものが良かったんで、サビを僕が作って」

渡辺「作曲の共作は初ですね」

松隈「まあ、まだ録ってないから採用されるかわからんけどね(笑)」

渡辺「怖いわ~(笑)。まあ、アルバム用のリード曲も素敵なのが出来てますし、EPをガンガン聴いて『CARROTS and STiCKS』を楽しみにしててほしいです」

BiSHのライヴBD「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"」(avex trax)

 

7月3日にリリースされるBiSHのニュー・アルバム『CARROTS and STiCKS』(avex trax)

 

関連盤を紹介。

 

次ページ各グループの展望
タグ
関連アーティスト
プレイリスト
pagetop