2019.05.29

彼の代名詞であるシリーズの、10年ぶりの続編となる新アルバム。UKのセッション・ミュージシャンを多数起用したソリッドで強靭なバンド・サウンドが、映画「ブレードランナー」的な詞世界を貫く。ワイルドに唸り、ときにマシーナリーに刻まれるギターには彼の美学が凝縮されている。MAN WITH A MISSIONやとのコラボも秀逸だし、BOOWYの解散ライヴ以来となる松井常松、高橋まことの揃い踏みがあまりにも熱い!!

 

40周年プレイリスト
pagetop