INTERVIEW

ZOC『family name』 平成を捨てて支配領域を拡大していく異端児たちが最高のデビュー・シングルを語る

ここに懸ける思いはある

——今回は急なCDリリースですけど、平成のうちに間に合わせたかった?

大森「そうですね。歌詞に入れちゃったんで。でも、“family name”の楽曲渡した時に、みんなけっこう泣いてくれてて、そういう感性のある子たちで良かった」

藍染「いまの私たちの等身大がそれぞれ違う方向からの歌詞にめいっぱい散りばめられてるから」

大森「そういうの、作家として嬉しいなって思っちゃった。歌詞とかも響いてくれて。にっちゃんは覚えてないけど(笑)」

西井「私も感動した! めっちゃ感動した!」

兎凪「にっちゃんは〈これは売れる〉って(笑)」

——視点が一人だけ違う(笑)。こういう曲をやりたいとか皆さんからもあるんですか?

大森「可愛い曲を歌わせろだの、盛り上がる曲を歌わせろだの、うるさいです。戦慄とかはカヴァーよりも自分たちの曲をやっていきたい、カヴァー・アイドルと思われたくないっていうのは言い出していて。地下アイドルとかライヴ・アイドルをアイドルとして見てる世代なので、周りのアイドルさんを見て、ああいうのをやりたい、こういう曲がいい、とか」

——そういうリクエストがくるんですか?

大森「ああ、そうなんだ、って。可愛い曲を歌いたいというのはわかるので、ちょっと幅は作ろうかなと思ってます」

——特にカップリング“チュープリ”がZOCっぽいなと思った。ZOCって良くも悪くもめんどくさいじゃないですか。めんどくささを抽出した曲。

大森「そうですね。性格そのまま出してる感じ」

兎凪「セリフが超かわいいんですよ」

——可愛いというか、めんどくさい。

兎凪「超お気に入りで。あれ、まんまさやかですよね。常に言ってる〈ねぇ、さやの好きなところ言って〉って」

大森「セリフは当日に、〈さやに好きなところを聞かれたらどう答える?〉ってみんなに訊いて回ってそのまま書いて(笑)」

兎凪「あれのセリフがいちばん個性見える気がする。言ってることがまんまだから」

——西井さんとかすごく西井さんらしかったですもんね。

西井「靖子ちゃんに急に訊かれて答えたら、それセリフにするねって。あんな適当なのに」

大森「かてぃは〈おっぱいおっぱいって言ってね〉って言ったら、自分でクォリティーが気に入らなかったらしくて、(だるそうに)〈あー、おっぱいおっぱい〉って(笑)」

——皆さん今回のCDデビューについてはどうですか?

藍染「ZOCはライヴを始めてからずっと大森さんの曲でやらせてもらってたから、まず自分たちオリジナルの曲が出るのが嬉しいし、始まってから半年経って、ここまで待ってくれてる人たちがいるんだってことがすごく嬉しいし、ステージに立てることがすごく嬉しい」

兎凪「ZOCでの曲というのがすごく嬉しいし、これを機にもっともっとZOCが上に行けるように、自分たちもがんばらなきゃなって改めて思いました。がんばります!」

香椎「CD出して、どういう結果になるかわからないですけど……嬉しい。言葉が出てこないけど、めっちゃ嬉しい」

西井「ちゃんとこうやって撮影して、ちゃんと衣装作ってやるのって意外と初めてで。生うどんの時はMVなんて一回もなかったから」

——大森さんとのコラボだけで。

西井「本当にあの一回きりしかないから、これで始まった感はある。やっと自分のグループでこういうの出せるときが来たなーって、すごく思います。しかもお金もけっこうかかってるっすよね、きっと」

大森「自分のグループだからね、納得するようには作ってる」

——Tパレの予算的にはけっこう厳しいですよね。

藍染「ハードル上がってます(笑)」

西井「みんなにガチで買ってもらわないと」

藍染「誰かがやらかしてZOCが解散になったらどうやって回収しよう……」

西井「大問題、それは」

——危険なメンバー多いですからね。

西井「ありえるから全部。ないことはなさそうだから怖い」

——ある程度は強そうなグループだと思いますけどね。スキャンダルとかでは崩れないと思いますし。

大森「そうですね、それは別に何とも思わないですね。仲悪いから辞めようとかもないんじゃないかなって思います。みんな簡単に人生がうまくいってきた人たちじゃないし、ここに懸ける思いはちゃんとあるので」

 

関連盤を紹介。

タグ
40周年プレイリスト
pagetop