INTERVIEW

マドンナ『Madame X』 音楽的な野心を燃やした女王が4年ぶりの新作に込めた変わらぬメッセージとは?

マドンナ『Madame X』 音楽的な野心を燃やした女王が4年ぶりの新作に込めた変わらぬメッセージとは?

変容を繰り返してきたイノヴェイターにして唯一無二のクイーン・オブ・ポップが、4年ぶりのアルバムで帰還——音楽的な野心を燃やしながら本質的な不変のメッセージを貫いた『Madame X』について、女王はいま何を語る?

人生を一周して振り出しに戻った

 『Rebel Heart』から4年ぶり、マドンナにとって14枚目となるオリジナル・アルバムは『Madame X』と名付けられた。かつて彼女がスターになることをめざしてミシガンからNYに出てきた10代の頃、恩師と仰いだダンスの先生のマーサ・グラハムが常にイメージ・チェンジするこの若い生徒につけた愛称に、このアルバム・タイトルは由来しているという。そのオープニング・トラックにして先行シングルでもあったマルーマとの共演曲“Medellín”では、17歳当時を振り返る歌詞も挿入され、これは〈人生を一周して振り出しに戻ったアルバム〉だと語っている。

MADONNA Madame X Boy Toy/Interscope/ユニバーサル(2019)

 さまざまなキャラクターに変装するスパイ=マダムXに自身をなぞらえて展開する新作の発表にあたり、世界に先駆けてロンドン市内のホテルでマドンナがインタヴューに応えてくれた。この日の彼女は、マダムXのシンボルである黒の眼帯を左目につけて登場。口調は静かに、一言一言、注意深く質問に答えてくれた。

 息子のデヴィッドがサッカー選手の育成学校に入学したことで、彼女も2年前からポルトガルの首都リスボンに住んでおり、そこでの生活が新作のインスピレーションになったと説明する。

 「ポルトガルの音楽から影響を受けたの。リヴィング・ルーム・セッションには何度も足を運び、そこで聴いたような音を中心に作り上げた。“Killers Who Are Partying”を最初に書き、そこからアルバムが発展していった。ポルトガルで体験した音が、水中に小石を投げたような感じで、波紋を広げていったの」。

 ここでマドンナが体験したところの〈リヴィング・ルーム・セッション〉とは、文字通り、個人宅で仲間を招き、飲み物や食べ物を持ち寄って地元のミュージシャンが演奏する音楽、それはポルトガルのファドであったり異国の音楽であったりするが、それを楽しむ集いだ。個人宅ばかりでなくバーで同様のミニ・ライヴが行われる場合もあり、彼女はそこに何度も足を運んだという。プロデューサーとしてまず声をかけたのは過去3枚のアルバムで共作しているミルウェイズだ。

 「リヴィング・ルーム・セッションでレコーディングしたサンプルをミラウエイズに送ったの。新作はポルトガルの音楽にあるメランコリーに触発されたモダンなサウンドを作っていきたいと説明した。〈あなたもこの音楽に触発される? そうなら一緒にアルバムを作りましょう〉と言ったの。それで意気投合した。彼との共作は、必ずと言っていいほどポリティカルに仕上がる。私も彼も、気持ちの上で似たように感じているからなのだと思う」。

 

ボーダレスな音世界

 新作でも、前作同様に多数のプロデューサーやミュージシャンを起用しつつ、彼女とミルウェイズ・チームの音を基盤に他の参加者の色をうまく反映させている。加えてポルトガル・レコーディングでは、昨年のアルバム『Mundu Nobu』で注目されるアフリカ系ポルトガル人のディノ・ディサンティアゴが全面的に協力した。

 「ディノが、それは多くのポルトガルの音楽や才能あるミュージシャンを紹介してくれた。彼の存在はこのレコードには欠かせないの。私がポルトガル語で歌うのを助けてくれ、英語で共作したミュージシャンとのコミュニケーションを助けてくれた。また“Funana”という、彼がインスピレーションになった曲も書いたの。いずれボーナス曲としてリリースするつもり」とのことで、他にもアフリカのミュージシャンを起用した新作未収録曲もあるとも付け加えた。

 『Madame X』にはポルトガルのミュージシャン以外にも、コロンビアやブラジルの人気アーティスト、アメリカのラッパーやプロデューサーが参加し、ミルウェイズが中近東系のフランス人であることなども踏まえると、人種も国籍もさまざまでボーダレスな世界が展開されている。例えばアフリカン・ビートを織り込んだ“Batuka”はそれを象徴する聴き応えのある曲だ。

 「“Batuka”という曲名はパーカッションの名前なの。枕のような形をした革製の楽器で、膝に乗せて3拍子のビートを演奏する。発祥地であるカーボベルデでは、それに合わせて人々が歌い踊る。ここで参加しているバツカデイラス・オーケストラはディノを通して知り合った。クラブでの彼女らのパフォーマンスを観て感動し、ぜひとも共作したいと思ったの。私のレコードに参加してくれた人たちはポルトガルやアフリカ、出身地もさまざま。スタジオでは3/3ビートに8ビートのドラムスを重ねて4/4ビートにしたから、作業は複雑で長い時間を要した。さらにティンパニーを加えて……」と制作過程を熱く説明してくれた。

 

人も音楽も差別したくない

 ミルウェイズと共作すると政治的になりがち、と指摘するマドンナ。それがもっとも顕著になった曲こそ、アルバムの始発点となった先述の“Killers Who Are Partying”だろう。〈イスラム教徒が嫌悪されるなら、私はイスラム教徒になる。イスラエル人が去勢されるなら、私はイスラエル人になる〉という強烈な歌詞が耳に飛び込んでくるこの曲についてマドンナはこう説明する。

 「私は世界を断片的ではなく、一つのものとして見ている。自分は大きな宇宙の一部として存在するんだと。カテゴリーやラベルをつけて世界を見ない。けれどこの世界には、人々をカテゴリーに分類したりラベルを貼って自己の利益を防御しようとする連中がいる。私はラベルを貼られた人たちの前に立ちはだかって、連中からの攻撃を真っ向から受けるわ、と言っているの。私は地球市民、人類としての責任を感じ、すべての人への思いやりが義務だと感じる。誰かが苦しんでいるなら、その苦しみを私も感じると」。

 また、セカンド・シングルとなった“I Rise”は、米フロリダ州のマージョリー・ストーマン・ダグラス高校銃乱射事件を題材に、同校の生徒で銃規制運動を先導した19歳の活動家、エマ・ゴンザレスのスピーチで始まる。悲惨な事件を取り上げながら、若い世代に希望を見い出すマドンナの視点が反映された一曲だ。デビュー当時から社会の偏見と闘い続け女性の地位の進歩に多大に貢献したことについてと力強く語った。

 「私が若い世代に影響を与えたか? そうあってほしいと願っている。それが私の望み。エマのような女性が、彼女の世代の代弁者であるという点も重要だわ。私は初期の頃からずっと同じ姿勢を貫いてきた。女性の権利について公の場で発言し、人間としての権利について公の場で発言し、常に弱者の平等のために闘ってきた。そのせいで多くの打撃を浴びてきたのも事実だけど、確かに女性の地位を向上させる闘いの最前列に立ってきたと感じている。私の後に続く女性たちのために、さまざまな境界を拡げてきたと思う。でも、いまだに闘いは終わっていない。以前と同じ闘いが続いていると感じているわ」。

 『Madame X』ではマルーマ、スウェイ・リー、クエイヴォ、アニッタなどと共作し、新世代ともコネクトするマドンナ。彼らは若いばかりでなく、言語も文化も異なる。もはや英語はポップ・ミュージックの公用語ではなくなったことの証でもある。

 「もはやロックやポップの公用語が英語だけではなくなった。まったくその通りだと思うし、それは素晴らしい状況だと思う。ポップ・ミュージックがより〈ワールド・ミュージック〉になってきたのだから。区分主義というのが私は大嫌い。人を差別したくないし、同様に音楽も差別したくない。だからいろんな言語が飛び交う音楽シーンを愛している。NYにいればスペイン語の歌が流れてくるし、リスボンで車を運転しながら聴く音楽は世界中の音楽よ。サンバ、レゲトン、ダンスホールなどなど。本当にアメイジングだわ」。

 それでも、今回のように言語の違う人たちとの音楽作りはチャレンジだったのでは?と問うと、彼女はこう答えた。

 「でも私はチャレンジが好きだから!」。

 マドンナのチャレンジは続く。

 

次ページ『Madame X』の世界を共に創出する大物ゲストやサウンド・クリエイターたち
40周年プレイリスト
pagetop