INTERVIEW

清塚信也がバンドに初挑戦 「ベートーヴェンがいま生きてたら、絶対ロックをやってたと思う」

清塚信也『SEEDING』

清塚信也がバンドに初挑戦 「ベートーヴェンがいま生きてたら、絶対ロックをやってたと思う」

お茶の間でもすっかりお馴染み、クラシック音楽の伝道師にしてピアノの貴公子が、信頼を寄せる腕利きたちとまさかのインスト・バンドを結成。そのオリジナル・バンドで取り組んだ『SEEDING』が、去る7月にリリースされた。

『SEEDING』は、清塚が敬愛するベートーヴェンをテーマとした“Dearest "B"”や人気YouTuberのTEAM-2BRO.がナレーションを務めるメンバー紹介が挿入される変わり種“Members”などのヴァラエティに富んだ5曲に、ボーナス・トラックとしてMBSお天気部でこの春のテーマソングとなった“ハレナハレfeat.NAOTO”を収録した全6曲が収録。またこれらの楽曲は、8月16日(金)に行なわれる日本人男性のクラシック・ピアニストでは初となる日本武道館での単独公演〈清塚信也KENBANまつり〉にて、満を持して披露されるという。

この一大イヴェントを控えたご本人に、いまの心境を伺ってみた。

清塚信也 SEEDING ユニバーサル(2019)

 

〈クラシカルなピアニスト〉なイメージを裏切るアルバム

――『SEEDING』はミニ・アルバムということで曲数は少ないけれど、いつも以上に濃い内容で楽しめました!

「そう? それは良かったですが、寂しくなかった(笑)? まあ、最近はインストゥルメンタルのアルバムは6曲くらいでちょうどいいのかもと思ったりもしますよ」

――寂しいというより、むしろいい意味で〈騒がしい〉。クラシック・ピアノ界の貴公子が今回初めてバンドに挑戦されたということで、賑やかなアルバムになっています。

「実は10年くらい前からずっとインストのバンドをやりたくて温めていたんだけど、なかなか実現しなかった。でも、それはまだ時期じゃなかったのかもしれないです。僕は、ミュージシャンがどんな音楽をやるべきかというのは、その時の自身の背景でおのずと決まるものだと考えていて、いくら上手く歌を歌えたり楽器を弾けたりできても、それを表現する人に説得力がなければ成功しないと思うんだよね。そういう意味で、これまで自分でもバンド活動をするタイミングを見いだせないでいた。みんなにも〈クラシカルなピアニスト〉であることを期待されていたし。それを敢えて裏切るのなら、意味のある裏切りじゃないとだめだと思った。

それが今回、日本武道館の話が決まり、武道館でやるためなら大抵のことは許されるんじゃないかって(笑)。そうして〈清塚信也KENBANまつり〉を目指す形で、レコーディングが実現したというわけです」

――武道館のステージに立つにしても、今回はバンド仲間という強い味方がいます。それぞれの楽曲もメンバーの聴かせどころを意識して作られていますね。例えば、2曲目の“Drawing”はまるでヴァイオリンのために書かれた曲みたい。

「そうなんです、あの曲は吉田翔平を活躍させるために書きました。ヴァイオリンが主役でメロディーを弾くので、僕のピアノはその引き立て役。彼は僕の幼馴染みなんですよ。最近はサポート・ミュージシャンとして、J-Pop界の名だたるアーティストたちと一緒にライヴなどの仕事をしていて、それはそれで素晴らしいことなんだけど、やはり〈裏方〉。彼は華のある人だから、もっと人前に出て演奏してほしいとずっと思っていたんです。

それにサポート・ミュージシャンって不確かな仕事で、新陳代謝が激しい。うっかりしてると若くて使い勝手のいい、何でも言うこと聞く(笑)若手に仕事を奪われかねない。せっかく凄いアーティストと共演しているんだから、その経験を生かしてもっと前に出ろって、もう散々彼に言ってるのに、ちっとも動こうとしないので、今回は強制的にやらせました(笑)。インスト・バンドなので、ヴァイオリンはヴォーカリストに近い立ち位置だから」

――ギターの福原将宜さんもこのバンドをやると決まって、真っ先に声をかけたミュージシャンだったとか。

「そうなんです! 以前、同じ仕事で呼ばれた時にサウンド・チェックをしている彼を見ただけで、〈こいつ相当デキるな〉ってすぐにわかりました。サウンド・チェックをしている時って無防備だけに、その人の持ってるスキルが出ちゃうんですよ。第一声にどういう音を出すとかで。福ちゃんのことはそれ以来、目をつけていました」

――福原さんはボストンのバークリー音楽大学やLAのミュージシャンズ・インスティチュート(MI)で学んだ、いわばアメリカ仕込みのギタリストなんですよね。

「彼はとにかく話が早いんです、短時間で楽曲を理解してくれる。今回のアルバムはメンバーがみんなそれぞれ多忙なのでリハーサルの時間もなく、当日集まってサクっと録る、往年のアメリカのロック・バンドみたいなスタイルだったので、それができない人にはきっと地獄のようなレコーディングだったと思います。キーボードのシンセの高井羅人くんはそういうことがあまり得意じゃないので四苦八苦していましたね(笑)。そんな中で福ちゃんは特に最高でした、もうこっちが惚れ込んじゃうくらい。しかも人柄もたいへん素晴らしい!」

 

ベートーヴェンがいま生きてたら、絶対ロックをやってたと思う

――楽曲のことも聞かせてください。今作は1曲目の“Dearest "B"”からロックしてますが、この〈B〉はベートーヴェンの〈B〉だそうですね。

「もしベートーヴェンがいまの時代に生きていたら絶対、ロックをやってたと思うんです。“月光”の第3楽章にしても“運命”にしても、常にビートが鳴ってるような楽曲ですし。きっと〈もうアコースティックなピアノなんて古いよ〉って言って、電子楽器や打ち込みを使いこなしていると思うんですよね。ベートーヴェンは来年2020年が生誕250年のアニヴァーサリー・イヤーということもあって、彼に捧げる曲でこのアルバムは幕を開けたいなって。それにバンド・アルバムではありますが、ルーツであるクラシックな要素は残しておきたくて」

――3曲目の“Inst Heroes”も、それぞれの楽器が物凄いテンポで弾きながらグイグイきて圧巻です。

「今回はどの曲もライヴ感というか、バンドの生演奏感を極力重視しています……限界まで。昔は生の楽器を演奏しているようなサウンドを機械で出すことが凄かったけど、いまは逆に、機械のような無機質な音を人間が有機的に作ってるほうがおもしろいんじゃないかって思ってます。特にゲーム音楽のように永遠と鳴ってるようなサウンドを、敢えて生演奏でやる。4曲目の“Members”とかはまさにそれで、高井くんがずっと下で弾いてるちょっと猥雑な、ボカロというかロボットが喋っているようにも聴こえるあのシンセの音。彼はあれを約14分間ずっと繰り返しやってくれてるんですよ。ちょっとでもズレたら録り直しになるところだったので、終わったらもうみんな拍手でしたね」

――彼があのシンセを弾いている間に、TEAM-2BRO.のANIJYA(兄者)、OTOJYA(弟者)、OTSUICHI(おついち)のナレーションによるバンド・メンバー紹介が入るわけですね。ここが今回のアルバムの最大の聴き所かもしれません! ゲーム実況動画を投稿・配信して人気を集めているYouTuberのTEAM-2BRO.とは、ゲームを通じて知り合ったんですか?

「元々は僕のほうが彼らの大ファンで、Twitterとかをフォローしていたんです。そしたら、僕がコナミの『メタルギアソリッド』の音楽をやっていた関係で、彼らも僕のことをフォローしてくれていたみたいで、それを知って吃驚したんです。YOSHIKIさんもそのパターンだったんですが、好きな人に自分がフォローされているのを知った時の嬉しさったら、ないですよね……。それですぐ彼らにメールして、連絡を取り合ったのが関係の始まりです」

――素敵な声ですよね。はじめ、プロの声優さんかと思いました。

「実際にOTOJYAさんの声が『メタルギアシリーズ』のキャラクターの声を担当している人気声優の大塚明夫さんにそっくりだってネットでも話題になっていましたよ。僕も最初はそうだと思ってた(笑)。でも、プロという点では彼らももちろんプロで。好きなことを仕事にしているからこその、あの熱量がいいんですよね。自分も好きな音楽をやって生きているから共感できるんです。そして、だからこそ今回のバンド・メンバーにも、もっと自由に好きなことやってほしくて」

――いろいろ繋がってますね。そして5曲目の“See you soon”はバラード調の楽曲です。

「自分だけで作ってもよかったけど、この曲はみんなに参加してもらって一緒に作った曲です。今回のアルバムでは基本的に、メロディーとリズムとハーモニーの3つの柱を決めたら、あとの7~8割はミュージシャン任せ。みんなにはコード譜とか最低限の紙ペラ1枚くらいしか渡してないんです。ぶっちゃけ、インスト・バンドやるのにここまで時間がかかったのも、それが可能なこのメンバーを集めるのに時間がかかったからなんです」

 

武道館公演では、11台のピアノを並べて“第九”を

――そんな皆さんが集結する8月16日の〈清塚信也KENBANまつり〉が楽しみです。スペシャル・ゲストでヴァイオリン奏者のNAOTOさんも登場して、“ハレナハレfeat.NAOTO”も演奏するんですよね。

「もちろん! あの曲はNAOTOさんとの共作ですから。僕は本当にネーミングとか苦手で、言葉に上手くできないからこそ音楽を作っているのであって、曲名とか全然決められない人なんです。本当は〈練習曲○○番〉とか、曲名は番号を振っていくくらいにしたいほどなんですが、それじゃ売れないってレコード会社の人にいつも言われるので(笑)。この“ハレナハレ”(=晴れなはれ)に関してもお手上げ状態で、土壇場で決めたんです。題名でスベって、曲を聴いてアガって貰えばいいやと思って。そしたらスタッフにも意外と好評で、NAOTOさんも気に入ってくれているみたいです」

――武道館公演では今作のバンドの曲以外にも演奏されるんですよね?

「一応、その予定です。これまでのソロのオリジナル曲やクラシックの名曲とか。あと企画として、僕を入れて11台のピアノを並べて一緒にベートーヴェンの“第九”を弾くコーナーも予定しています。メンバーはYAMAHAさんに協力していただいて集まってくれた子どもたちに登場してもらうんですが、YAMAHAさんのネットワークを駆使して全国から天才少年・少女たちが大集合するみたいで、僕自身も凄く楽しみにしています。ピアノ11台とか、武道館じゃないとできませんよね。現場のスタッフはたいへんそうですが(笑)」

――清塚さんが今作でも使用されたYAMAHAのグランド・ピアノの最高峰である〈CFX〉が、バンドや11台のピアノ合奏の中心に据えられて、それを颯爽と演奏する清塚さんの姿が目に浮かびます!

「CFXはちょっとメタリックな音がする最強のピアノなんですけど、なんか名前も強そうですよね(笑)。16日は皆さまどうかご期待下さい。日本武道館でお待ちしております」

『SEEDING』についての清塚からのコメント

 


LIVE INFORMATION

清塚信也KENBANまつり
2019年8月16日(金)東京・日本武道館
出演:清塚信也
SEEDINGメンバー:
福原将宜(ギター)、吉田翔平(ヴァイオリオン)、高井羅人(シンセサイザー)、齋藤たかし(ドラムス)
スペシャルゲスト:
NAOTO(ヴァイオリオン)、啼鵬(コンダクター)、山本翔平(ヴァイオリン)、高木慶太(チェロ)、朝里奈津美(パーカッション)
チケット:アリーナ席 8,500円/スタンド席 7,500円

★詳細はオフィシャルサイトイヴェント特設サイト

タワーアカデミー
pagetop