INTERVIEW

ATARI TEENAGE RIOT 『Reset』

何者にも屈せず、ひたすら自由を求めて前進するのみ! デジタル・ハードコアという名のサウンド・テロリズムはますます激しさを増すばかりだ! 革命の時は来た! 戦う準備はできているか?

ATARI TEENAGE RIOT 『Reset』

世界に警鐘を鳴らせ!

 アタリ・ティーンエイジ・ライオット(以下ATR)が5枚目となるニュー・アルバム『Reset』を完成した。2001年に一度解散し、9年の歳月を経てリユニオン。今作はその再結成後の第2弾にあたる。

ATARI TEENAGE RIOT Reset DHR/BEAT(2014)

 手前味噌で恐縮だけど、筆者がATRと出会ったのはいまから15〜16年前。2作目『The Future Of War』が出た後のことだ。攻撃的なアティテュードをモロ出しした先鋭的なサウンドでもってブイブイ言わせ、単独来日公演時には1,000人キャパの東京会場を瞬く間にソールドアウト。正直言うと、ATRの名や音楽を教えてくれたのは知り合いの女子音楽ファンだった。〈絶対気に入るから〉と背中を押され、『The Future Of War』を聴いたところ、不意に往復ビンタを喰らったような強い衝撃を受けた。90年代中盤に流行ったインダストリアル・メタルとも、USで猛威を振るったグランジ/オルタナティヴ・ロックともまったく異なるそれは、〈デジタル・ハードコア〉と呼ばれていた。デジタル・ビートが四方八方に跳びまくり、駆けずり回り、その上で鋭利なギター・リフと男女デュアル・ヴォーカルとがガップリ四つに組んで畳み掛けてくるスタイルは、他に類を見ない完全に独自のもの。世界に警鐘を鳴らすかの如きポリティカルなメッセージも特徴であり、彼らの大きな武器である。

 アレック・エンパイア(プログラミング/プロデュース/スクリーム)に初めて会ったのは2002年初頭。小誌GrindHouseの企画で上田剛士(当時はTHE MAD CAPSULE MARKETSに在籍し、現在はAA=として活動)と対談してもらった時だ。そのサウンド同様、アレックは尖ったオーラを放ち、〈ヘタなことは言えんわな〉と思ったことをいまも覚えている。あれから10年以上経っただけに、流石の彼もずいぶん性格が丸くなったと最近会うたびに感じるが、どっこい、音楽的な先鋭性は寸分も変わらないどころか、より磨きを掛けているようにすら思う。2011年作『Is This Hyperreal?』を聴いた際にそれを強く感じたのだけど、今回のアルバムも同じ。あの〈ATR節〉が大炸裂した力作に仕上がっている。前作のリリース・タイミングに実現した電話取材で、アレックはATRのあり方についてこう語ってくれた。

 「活動を再開するにあたり、いくつか意識したことがある。いまは90年代後半じゃなく2010年代だということ。そして、『Is This Hyperreal?』の内容がATRであることからあまり離れることなく、それでいてしっかりと新たな成長・進化を感じてもらえるものにしたかったこと。この2点をとても大切にしたんだよね」。

 

〈らしさ〉を保ちながら、次のステージへ

 『Reset』にはさらなる成長・進化が漲っている。まず、布陣に変動があった。前作から行動を共にしていたCX・キッドトロニック(MC)が友好的に脱退。今回からロンドン生まれのラウディ・スーパースター(MC)が迎えられた。言うまでもなくアレックと、日本とドイツの血を引くニック・エンドウ(ヴォーカル)は健在だ。新作はいきなりロウディが大フィーチャーされ、昔懐かしい80sシンセ・ポップ風の“J1M1”で幕を開ける。

 「マンモス級のシンセ・リフと、人々の一挙一動を捉える監視カメラをテーマにしたラウディ・スーパースターのラップで『Reset』は始まるんだ。ロンドンは世界最大の市民監視活動の本場。ここでニック・エンドウは〈屈するな〉と歌っている。テクノロジーを拒否する必要はない。そいつを逆手に取り、自分自身に有利に働くよう利用するんだ」(アレック)。

 そのほか、先行カット“Reset”には80年代後半に一世風靡したレイヴを思わせる輝きの伴ったメロディーが多用されているし、“Death Machine”“Modern Liars”“Cra$h”“New Blood”で弾かれるクランチーなギター・リフはあきらかにメタリカパンテラ以降のもので、ATRがそれらの洗礼下にあることは間違いないだろう。つまり『Reset』は〈ATR節〉から一切ブレることなく、より研磨しながら、ところどころに〈古き良き要素〉も入れ込み、見事に共存共栄させている作品だと言っていい。しかもその〈古き良き要素〉を単なる焼き直し風にやるのではなく、完全に現在の空気を纏わせているから流石、センス良しだ。そこから一転して、終盤にとてもエクスペリメンタルな“Erase Your Face”を入れ、雰囲気もヴァイブもガラッと変えつつ、さらにアッパーなダンス・チューン“We Are From The Internet”でふたたび異なる明るい世界観を描いたまま、アルバムは幕を下ろすという作りになっている(日本盤にはこの後にボーナス・トラックが収録)。当然、それぞれの曲で取り上げている警告の題材は違う。

 「“Death Machine”では現代のハッカーは人民警察だと唱え、“Modern Liars”では人生や好機について歌っている。教育制度や社会、親、政府、企業システムなど、君を引きずり下ろそうとするのに用い得るあらゆるものが対象だ。“Cra$h”は街道レースで快感を得ている子供たちに向けた曲。“New Blood”は戦争、暴動、大虐殺、自然災害、圧政に対する激しいテクノ攻撃だ。この曲のメッセージはポジティヴだよ。そしてディストーションをかけたスロウなATR流ヒップホップ“Erase Your Face”では、現代の監視社会状態の危険性と、インターネットの匿名性の原則をテーマにしているんだ」(アレック)。

 監視カメラに着目し、ロンドンは世界最大の市民監視活動の場だと訴えることに始まり、ハッカーは人民警察だと言い切る。普段私たちは見過ごしがちだが、しかしその裏や奥には次なる危険や恐怖が潜んでいることを直接的に言う着眼点、洞察力は凄い。

 なお、4月にATRは来日し、東名阪を巡演する。新作の興奮が冷めやらぬなかライヴを満喫し、思いっ切り感極まる──実に美しい流れではないか。

LOCAL GREEN FES
pagetop