COLUMN

DDとDDなGEKIMORI感を共有する世界のマッシヴなEDDM!!――DAISHI DANCE 『GEKIMORI』 Part.2

 クリエイターとしての嗜好がDJとしての欲求と高次元で合致した結果、ここ数作でのDAISHI DANCEはスタジアム規模まで巨大化したダンスフロアで機能するトラック――世界同時進行形のEDMを活き活きと創造し続けている。例えば、マット・キャブの伸びやかな歌唱が青天井なビート世界を上昇していく“COME 2 LIFE”の美しさは、マシュー・コーマの歌うハードウェル“Dare You”やアフロジャック“Illuminate”、ティエスト“Wasted”などを容易に連想させるものだろう。とはいえ、その手腕がメロディックな表現に止まらないのは彼らもDDも同じだ。

【参考動画】ハードウェルの最新ミックスCD『Hardwell Presents Revealed Volume 5』収録曲“Dare You”

 

 トライバルなビートの引き締まった鋭さでは、カルヴィン・ハリスのリミックスによる“Eat Sleep Rave Repeat”や、ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク“Wakanda”といったアンセム群との共通点を見い出すこともできるはず。さらにはサンバからレゲエにまで連なるEDDMアレンジのはっちゃけた幅広さには、ウィシン“Adrenalina”のように(ドン・オマール“Danza Kuduro”以降の)レゲトン・オリエンテッドなラテンEDMポップや、世界中の祭りを司るピットブルの姿を重ねることも可能だろう。もちろん、そこにディープ~ハード~ラテンといった伝統的かつ根源的なハウスの快楽性を埋め込んでくる手腕はDDならでは。クリエイター/DJとしてのパッションが激盛りになった『GEKIMORI』の独自性は、そんなふうにワールドクラスの音と並べてみることで、より際立ってくるのである。

【参考音源】ウィシンの2014年作 『El Regreso del Sobreviviente』収録曲“Adrenalina”

 

▼関連作品

左上から、ハードウェルの最新ミックスCD『Hardwell Presents Revealed Volume 5』(Cloud 9 Dance)、アフロジャックの2014年作『Forget The World』(Universal)、ウィシンの2014年作『El Regreso del Sobreviviente』(Sony Latin)、ピットブル&ジェニファー・ロペス“We Are One(Ole Ola)”を収録したコンピ『One Love, One Rhythm: The Official 2014 FIFA World CupTM Album』(Sony)、ティエストのニュー・アルバム『A Town Called Paradise』(Universal)、コンピ『Eat Sleep Rave Repeat』(Ministry Of Sound)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

タグ
EDM
40周年プレイリスト
pagetop