2014.12.18

男性シンガー・ソングライター作品のカヴァー集を経てふたたびオリジナルで挑んだ3作目だが、前作からの流れにまったく違和感を覚えないほど、すでにエヴァーグリーンな輝きを放つ楽曲が揃っている。A&Mテイストのソフト&メロウ曲がひしめき合うなか、フィリー・ソウル調のストリングスが華を咲かせる“Dangerous”といった込み上げ系のアップもキラリと光り……あ~、またしても非の打ちどころがないや。

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop