TOPICS

菊地成孔に教え受けたエレクトロニカ新鋭、yuichi NAGAOが初アルバム『Phantasmagoria』の収録曲&トレイラ―音源公開中

エレクトロニック・ミュージックの新鋭、yuichi NAGAOPROGRESSIVE FOrMよりファースト・アルバム『Phantasmagoria』を9月18日にリリース。同作のトレイラ―音源と収録曲“Jewel Eyed Girl”が公開中だ。

香川出身/東京在住の音楽家であるyuichi NAGAOは、高校卒業を機に上京、美術大学でメディア・アートやサウンド・アート等を学ぶかたわら、菊地成孔から音楽理論を学んだという。その後、ウェブ・コンテンツへの楽曲提供などクライアント・ワークを行いながら、2010年に開催された〈Red Bull Music Academy Basscamp〉への参加をきっかけに、ソロ名義でのアーティスト活動を開始。ジャズ・ミュージシャンなどとの即興演奏を中心に、エクスペリメンタルなフィールドを中心にライヴ活動を行いながら、都内のビート・コレクティヴ〈En-Tokyo〉に参加するなど、特定のジャンルにとらわれず積極的な活動を続けている。

『Phantasmagoria』では疾走感溢れるアップテンポなダンス・チューンから、心地よいダウン~ミッドテンポのバラード・ナンバーまで、縦横無尽に駆け巡るサウンドを展開。ポジティヴな力強さと温かい優しさに満ちている。細野晴臣が手掛けたアニメ・サントラの名作『銀河鉄道の夜』に強く影響されたというだけあり、ドリーミーで高密度なサウンドスケープは絶品。幅広くリスナーを巻き込むアルバムになりそうだ。

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop