COLUMN

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のスコア手掛けるハリウッド映画音楽の巨匠、ジョン・ウィリアムズの仕事

EXOTIC GRAMMAR VOL.42

イリュージョンを誘う
ハリウッドサウンドのアナリーゼ

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 

ジョン・ウィリアムズの音楽

 待望の『スター・ウォーズ』シリーズ最新作、〈フォースの覚醒〉が今月公開される。〈エピソード6/ジェダイの帰還〉より32年ぶりにマーク・ハミルキャリー・フィッシャーハリソン・フォードが戻ってくること、監督にJ.J. エイブラムスが起用され話題になっているが、今年83才を迎えたハリウッド映画音楽の巨匠、ジョン・ウィリアムズの最新スコアにも大きな期待と注目が集まっている。世界的に権威のあるAFIアメリカン・フィルム・インスティテュート)が選出するAFIアメリカ映画音楽ベスト25では、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が1位に輝き、2位『風と共に去りぬ』、3位『アラビアのロレンス』、4位『サイコ』、5位『ゴッドファーザー』と続いている。『スター・ウォーズ』の音楽は、まさにハリウッド映画音楽の金字塔と言えるだろう。

 ジョン・ウィリアムズは、1932年ニューヨークに生まれ、父親のジョニー・ウィリアムズはジャズ・ドラマーで、レイモンド・スコット・クインテットベニー・グッドマン等と共演、ハリウッドでは『波止場』『地上より永遠に』等の録音に参加した。音楽的な家庭環境の中で育ったジョンは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に在籍、作曲をマリオ・カステルヌォーヴォ・テデスコに個人的に師事。アメリカ空軍に徴兵された際は、アメリカ空軍バンドで指揮とアレンジも担当した。兵役の後、ジュリアード音楽院ピアノを学び、在学中よりニューヨークのクラブでジャズ・ピアニストとして活動、アレンジャーとしての頭角も現して行く。

 その後、ロサンゼルスでフランツ・ワックスマンバーナード・ハーマンアルフレッド・ニューマンのオーケストレーターを務め、ピアニストとしてジェリー・ゴールドスミスエルマー・バーンスタインヘンリー・マンシーニの映画音楽録音にも参加している。これまでにアカデミー賞5回(ノミネート49回)、ゴールデン・グローブ賞4回、グラミー賞22回受賞。

 

ジョージ・ルーカスとの出会い

 1974年、スティーヴン・スピルバーグ監督は『続・激突!カージャック』の音楽にジョン・ウィリアムズを起用。以降40年間、自ら監督の作品では必ず彼を作曲家として起用している。そしてウィリアムズをジョージ・ルーカスに紹介したのが、スピルバーグなのである。ルーカスが、1976年に『スター・ウォーズ』の音楽をウィリアムズに依頼したのは、スピルバーグの熱心な推薦があったからだという。当時、ルーカスは1930年、40年代のクラシックなハリウッド・スタイルの音楽を探しており、ウィリアムズの名前があがった時、彼のことはジャズ・ピアニストだと思っていたので、正直なところ心配だった。「本当? 彼は本当にコルンゴルドアルフレッド・ニューマンのようなクラシカルな音楽が書けるの?」とスピルバーグに念をおして尋ねると、「もちろん。彼はパーフェクトだよ!」という答えが返ってきた。

 ルーカスはインタヴューで、「『スター・ウォーズ』の90パーセントは音楽だ。オールド・ファッションなスタイルで、サイレント・フィルムのように、音楽がストーリーを語っているようなものなんだ。感情は、映像と同時に音楽を通して観客へ伝えられていく」と語っている。1976年の、ウィリアムズとの最初のコラボレーションでは、「“サイレント・フィルムだと思って作曲をして欲しい”と注文を出し、彼はその意味を充分に理解してくれた」とも話している。

 

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 

ハリウッド・サウンド

 『スター・ウォーズ』の音楽は、後期ロマン派のワーグナーR.シュトラウスを彷彿とさせる壮大なオーケストレーション、イギリス印象派のホルスト、ハリウッド・サウンドの生みの親とも言われるエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトマックス・スタイナー等の影響を感じさせつつも、ジョン・ウィリアムズ独自の華麗なる音楽を形成し、映像と登場人物の心理を引き立てながら、観衆を『スター・ウォーズ』の世界へと誘導し深い感動を与えてくれる。20世紀初頭、中欧・東欧の多くのユダヤ人がアメリカへ移住し、ハリウッドの映画産業に参入したユダヤ人たちは、パラマウント、20世紀フォックス、ワーナー・ブラザーズ、MGM、ユニバーサル等、メジャー・スタジオを次々と創設していった。ドイツでナチスが台頭すると、迫害を逃れて多くの音楽家がアメリカへ亡命。スタジオに雇われた作曲家たちはヨーロッパの音楽を映画へ導入していくことになる。ハリウッド・サウンドとは、コルンゴルト、マックス・スタイナー、アルフレッド・ニューマンをはじめとする、アメリカへ亡命したユダヤ人作曲家たちが築き上げたものである。彼等の作風はハリウッド映画音楽の基礎となり、ジョン・ウィリアムズにも継承されている。ウィリアムズはユダヤ系ではないが、 ハリウッド映画業界・音楽界は現在でも圧倒的にユダヤ系が多い。例えば、ジェリー・ゴールドスミス、エルマー・バーンスタイン、ラロ・シフリンハワード・ショアジェームズ・ホーナートマス・ニューマンダニー・エルフマンジェームズ・ニュートン・ハワード等は皆ユダヤ系である。 

 

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 

オーケストレーション

 『スター・ウォーズ』のサウンドトラックは、全てジョン・ウィリアムズが指揮、1977年〈エピソード4/新たなる希望〉から2005年〈エピソード3/シスの復讐〉まではロンドン交響楽団が演奏、2015年〈フォースの覚醒〉はロサンゼルスのスタジオで録音された。『スター・ウォーズ』『E.T.』『ハリー・ポッター』『シンドラーのリスト』『インディ・ジョーンズ』等、演奏会用組曲のオーケストラ楽譜はHal Leonard社より出版されているので、映画音楽のオーケストレーションを学びたい人は必見である。

 演奏会用組曲は通常のオーケストラ編成だが、サウンドトラックでは金管楽器数が多く、よりパワフルな臨場感を生み出している。例えば、〈エピソード4/新たなる希望〉のサウンドトラックの金管はホルン8人、トランペット4人、トロンボーン3人、チューバ2人だが、演奏会用組曲はホルン4人、トランペット3人、ロンボーン3人、チューバ1人となっている。映画音楽ではホルン8人の使用は普通で、ハンス・ジマーのスコアでは、チューバも4人起用されたりする。

 ジョン・ウィリアムズ作品の多くのオーケストレーションを手がけてきたコンラッド・ホープ、著名なオーケストレーターで〈フォースの覚醒〉の指揮も務めたビル・ロスと筆者は知合いで、作・編曲する際の留意点を彼等から学んだ。楽器が一番美しく鳴る音域で書くこと、要素をいくつかに絞ること、聴き手が一度だけ聴いて音楽を享受できること、映像と登場人物の心理を引き立たせること…等、単純なようだが大切なポイントと言えよう。オーケストレーションは、分厚く聴こえても実際にはシンプルに構成されていることが多い。例えば、『スター・ウォーズ』のメインテーマでは、弦楽器が3オクターブのユニゾンでメロディーを歌い上げる中、金管楽器がブロックコードでハーモニーをサポート。ダース・ベイダーのテーマはトランペットとトロンボーンによるメロディーを中心に、弦楽器その他は3連音符でリズムを刻み、限られた要素で骨太に構成されている。

 

次世代のハリウッド作曲家たち

 ウィリアムズ以降、次世代のハリウッド作曲家たちは、敢えてメロディーを避け、電子音や民族楽器を駆使してよりアトモスフェリックな音響を作り出している。その筆頭が、『アメリカン・ビューティー』『007スカイフォール』を手がけたトマス・ニューマン、『ソーシャル・ネットワーク』の音楽を担当したトレント・レズナーアティカス・ロス等である。ハンス・ジマーは、大編成のオーケストラと電子音によるリズムセクションを融合させ、ハリウッド・サウンドの新しい境地を作り出している。

 


 

 

John Williams(ジョン・ウィリアムズ)[1932-]
作曲家、指揮者。アメリカ合衆国ニューヨーク出身。ピアノ演奏者としてキャリアを開始し、やがて映画音楽の作曲を手がけ頭角を現す。『JAWS/ジョーズ』、『スター・ウォーズ』、『スーパーマン』が大ヒットとなり、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの監督作品の殆どの音楽を手がける。アカデミー賞、グラミー賞など多数受賞。現在でもハリウッドを代表する映画音楽作曲家として活躍する。


寄稿者プロフィール
田中カレン(たなか・かれん)

作曲家。桐朋学園大学卒業。オランダのガウデアムス作曲賞をはじめ、数多くの作曲コンクールに入賞。NHK交響楽団BBC交響楽団等、国内外の主要オーケストラ、音楽財団からの委嘱も多い。カリフォルニア芸術大学教授。ロサンゼルス在住。


FILM INFORMATION
スター・ウォーズ/フォースの覚醒

監督:J.J.エイブラムス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:ハリソン・フォード/キャリー・フィッシャー/アダム・ドライバーデイジー・リドリージョン・ボイエガオスカー・アイザックルピタ・ニョンゴアンディ・サーキスドーナル・グリーソングウェンドリン・クリスティアンソニー・ダニエルズケニー・ベイカーピーター・メイヒュー/マーク・ハミル/マックス・フォン・シドー
◎12/18(金)18時30分 全国一斉公開
starwars.disney.co.jp/

タグ
タワーアカデミー
pagetop