2016.06.20

約2年ぶりとなる通算5作目でいよいよメジャー・デビュー。彼ららしいサイケデリックかつグラマラスなロックはもちろん健在ながら、これまで以上にグルーヴィーなベースが演奏をリードしていて、中盤に並んだファンク・ナンバーでのタカハシヒョウリはまるで岡村ちゃんのよう。ザ・バンドのデビュー作からタイトルを引用した最後の曲でも示されている通り、新たな始まりを迎えたメンバーの高い熱量が感じられる。

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop