TOPICS

坂本慎太郎をジェイコブ・コリアーが追う! ウィルコのネルス・クラインも人気集めたMikikiレヴュー週間アクセス・ランキング

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.09.05

Mikikiに掲載しているレヴュー記事の、8月29日~9月4日の週間アクセス・ランキングを発表します!

 

今週は、坂本慎太郎のサード・アルバム『できれば愛を』が首位。〈顕微鏡でのぞいたLOVE〉をテーマに制作されたそうですが、簡素なリズムの間を、音程のズレたスティール・ギターや謎の言葉が飛び交う様は、まるで細胞が動いたり形を変えたりしているよう。本文の〈聴後は虚空に取り残されたような気分になる〉との評価も納得の、実に不思議な雰囲気の作品です。

そして、続いて2位にランクインしたのは、ジェイコブ・コリアーの初作『In My Room』。さまざまな楽器をすべてみずから操り、多重録音で作り出された緻密なポップ・ワールドに、個人的にはトクマルシューゴロイ・ウッドを思い出したり。記事に掲載している“Hajanga”のMVで、その驚愕の手捌きを垣間見ることができます。Mikikiでは今作に合わせたインタヴュー記事も掲載していますので、そちらもチェックしてみてください。

また、今年の〈フジロック〉でのライヴも素晴らしかったウィルコのギタリスト、ネルス・クラインブルー・ノートからリリースしたソロ作『Lovers』もぜひ聴いてほしい一枚。本文に〈ムード・ミュージックのネルス流新解釈〉とありますが、現代的なトリートメントを施しつつ、ロマンティックかつ優美に仕上げたサウンドがたまらなく魅力的ですよ!

関連アーティスト