2018.04.05

インディーR&B志向のサウンドを磨きつつ、“Darlin' Song”のセルフ・リメイクをはじめ、全曲で日本語詞に取り組んだミニ・アルバム。冷徹なギター・カッティングが光る“Echo”などでAORな空気感を放つ一方、スロウ・ファンク“Pray For Nothing”やメロウな“daydream boat”のアンビエントな音像が強い印象を残す。官能的な歌唱はより存在感を増しており、今様のソウル/R&Bとしても受け止められる向きのある作品だ。

関連アーティスト
pagetop