2018.09.10

約8年ぶりの帰還作。100曲以上もトラック提供してきた実績からわかるように、ラッパーそれぞれの個性に合わせたニーズとリスナーが求める音をデザインする術は彼らならでは。今作もアングラすぎず、かつポップすぎない良い塩梅のトラックが目白押しだ。呂布カルマやJinmenusagiらをフィーチャーした楽曲に加え、自身のライフワークでもあるフリー・ビートも2曲も収録! レーベル名に偽りなしの内容に仕上がっている。

関連アーティスト