COLUMN

なぜLAの音には独自の〈ファンク〉が宿るのか? ブランドン・コールマンの新作『Resistance』から考える

Photo by Visual Thought

 

カマシ・ワシントンやサンダーキャットらと並び、LAの新世代ジャズ・シーンにおけるメイン・プレイヤーと名高い鍵盤奏者、ブランドン・コールマン。フライング・ロータス主宰のブレインフィーダーとの契約が発表され、さらなる注目を集める彼が、同レーベルから新作『Resistance』をリリースした。ヴォコーダー歌唱と華麗なアンサンブルを掛けあわせながら紡ぐノリの良いグルーヴは、タキシードやトム・ミッシュらとも合わせて聴きたいブギー/ディスコ・サウンド。加えて、カマシ人脈も参加してのジャズやソウル、AORもブレンドされ、〈2018年のファンク最前線〉と言うべき一作にもなっている。今稿では、先日刊行した大和田俊之との共著「文化系のためのヒップホップ入門2」も好評なライター・長谷川町蔵が、LAという街の特性を切り口に、ブランドンと『Resistance』の魅力に迫った。 *Mikiki編集部

BRANDON COLEMAN Resistance Brainfeeder/BEAT(2018)

 

NY? いや、現在のジャズ中心地はLAだ

ジャズの中心地。そう言われて、ロサンゼルスを思い出す音楽ファンはあまり多くはないはず。ジャズはおおむねニューヨークで発展してきたからだ。しかし現代においては、LAこそがコンテンポラリーなジャズの中心地なのである。

理由はヒップホップとの距離の近さにある、サンプリングがサウンドの中心にあることから、ミュージシャンとのセッションを試みるラッパーがQ・ティップやモス・デフなど意識高い系に偏っていたNYと比べて、LAのラッパーとジャズ・ミュージシャンは歴史的にもっと親密だった。車社会の西海岸で作られるヒップホップは、カーステレオを前提にしたクリアーな音像を志向しており、サンプリングよりも生身のミュージシャンを用いてレコーディングやライヴを行うことが多かったからだ。そこにはジャズ畑のミュージシャンも含まれており、そのなかからヒップホップのプロダクションに関わるようになった者もいた。

スヌープ・ドッグやクラプト、YGといったギャングスタ・ラッパーのバックを務めていたサックス&キーボード奏者、テラス・マーティンもそのひとり。マーティンは、ケンドリック・ラマーが2015年に発表した傑作『To Pimp A Butterfly』において友人たちをレコーディングに呼び、ジャジーなテイストをアルバムにもたらした。そして同作でのプレイによって、サンダーキャット(ベース)やカマシ・ワシントン(サックス)といったミュージシャンが、一躍ジャズ・シーンを牽引する存在とみなされるようになったのだ。

 

LAジャズからチャイルディッシュ・ガンビーノまでに顔を出す、現行シーンに欠かせない男

そのカマシのバンド・メンバーで、彼とWCGD(ウェスト・コースト・ゲット・ダウン)というクルーを組んでいるキーボード・プレイヤーが、ブランドン・コールマンだ。カマシ作品におけるゴスペル色濃厚なオルガン・プレイで知られるコールマンだが、最初に弾いたのも教会のオルガンで、そこからキーボード全般にのめりこんだという。なんでもロナルド・ブルーナー・ジュニアとサンダーキャットの兄弟とは中学から、カマシ・ワシントンとは高校時代からの友人らしい。

ブランドン・コールマンが参加している、カマシ・ワシントンのライヴ映像。曲目はブランドンの新作『Resistance』に収録された“Giant Feelings”
 

コルパーン音楽学校を卒業後、プロ活動をスタートしたコールマンは、フライング・ロータスやライアン・ポーター、クァンティック&ザ・ウェスタン・トランシエントといったジャズ・ミュージシャンのアルバムに参加する一方で、スヌープ・ドッグやケンドリック・ラマー、チャイルディッシュ・ガンビーノといったラッパー、スティーヴィー・ワンダーやアース・ウインド&ファイアー、ベイビーフェイスといったR&B界の大物ともレコーディングやライヴで共演を果たしてきた。

そんな彼が、盟友カマシをはじめ、ライアン・ポーター(トロンボーン)やロバート・ミラー(ドラムス)らとともに作りあげ、フライング・ロータスのレーベル、ブレインフィーダーから発表したソロ・アルバムが『Resistance』である。

 

LAのキッズが愛してやまないファンク・サウンド

2011年に発表したソロ作『Self Taught』では、ハービー・ハンコックが70年代に率いていたヘッドハンターズを彷彿とさせるジャズ・ファンクを展開していたため、てっきりコールマンはその路線を突き進んでいると想像していたのだが、良い意味で裏切られた。同じハービー・ハンコックでも、これはヘッドハンターズというより『Sunlight』ではないか!

ハービー・ハンコックが78年にリリースした『Sunlight』は、当時全盛だったディスコ・ブームを意識したアルバムで、シンセ中心のグルーヴィーなサウンドに乗ってハービーみずからがヴォコーダーで歌いまくった異色作だった。当時はシリアスなジャズ・ファンから白眼視されたアルバムだったが、ここでハービーが構築したサウンドは、いまではタキシードやデイム・ファンクといったロサンゼルスのディスコ・ブギー・リヴァイヴァリストにとっての聖典と化している。本作のコールマンも『Sunlight』をテン年代の視点で捉え直したサウンドを展開しているというわけだ。

『Self Taught』でもヴォコーダーで歌っていたコールマンだが、本作のそれは添え物ではなく、ザップのロジャーを彷彿とさせる主役感に溢れた堂々としたもの。『Resistance』には、そのザップやPファンク、レーベルメイトのサンダーキャットが『Drunk』で大々的に取り入れて話題を呼んだAOR、そしてもちろんドクター・ドレーやDJクイックといったギャングスタ・ラップに影響された曲まで収録されており、ロサンゼルスのアフリカ系キッズが愛したファンク・サウンドの歴史を振り返っているかのようだ。

上に掲載した、ビーチでビキニ美女に囲まれながらショルダーキーボードを片手に歌うミュージック・ビデオが強烈なインパクトを放つ“All Around The World”と、カマシ・バンドのヴォーカリスト、パトリース・クインのスピリチャルなヴォーカルに、Gファンク風味のピーヒャラ・シンセが絡みつく“Giant Feelings”の振幅の大きさは、ブランドン・コールマンというミュージシャンのスケールの大きさを象徴している。もしジャズやヒップホップにあまり詳しくなくても、アルバムに耳を傾ければサウンドの背後にある何ともいえない風通しの良さが伝わってくるはずだ。

そんな『Resistance』を入り口に、WCGDのディープな世界を探求していくのもいいし、ギャングスタ・ラップにハマるのもアリだろう。ブランドン・コールマンはそのいずれも歓迎してくれるはずだ。なぜなら彼にとっては、そのどちらも愛してやまない〈音楽〉だからだ。

 


Information
BRAINFEEDER10周年キャンペーン実施中!

CAMPAIGN 1
対象商品お買い上げで、Brainfeeder10周年記念ロゴ・ステッカー(3種ランダム/商品に封入) をプレゼント!

CAMPAIGN 2
対象商品3枚お買い上げで、応募するとBRAINFEEDER10周年記念特製マグカップもしくはオリジナ ル・Tシャツが必ず貰える!

応募方法:
対象商品の帯に記載されている応募マークを3枚集めて、必要事項をご記入の上、官製ハガキにて応募〆切日ま でにご応募ください。

キャンペーン詳細はこちら↓
https://www.beatink.com/user_data/brainfeederx.php

 

 

関連アーティスト