2019.02.22

『H.O.T』からおよそ1年、その間には武道館公演を行うなどライヴ・アクトとしての実力を駆け足で証明する一方、いくつものCMに楽曲が起用されてJQの歌声を耳にするのも珍しいことではなくなった。そうやって確信を掴みつつ、ブレない気負いのなさはこのサード・アルバムでも相変わらず。めちゃくちゃ爽快なトロピカル・アンセム“Kiss You Back”と小粋にスウィングする“VOICE”という先行カットの振り幅はアルバムの器でさらに広がり、トラップ調の“All to Myself”やフュージョン・ソウル“JUICE”、長尺で浴びたくなるハウシーな“Super Sonic”など今回も翼の広げ方は自由そのものだ。もはやNulbarich節と呼んでも差し支えない軽みを帯びた歌唱のエレガントな快さは言わずもがな。最高でしょ。

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop