Keith's Counterpoint

Year of the Woman 2018――アリアナ、カーディ・B……音楽業界をポジティヴに揺さぶる女性たち

アメリカにおける2018年は、さまざまな面において女性の1年だったと言えるだろう。女性たちが、セクシャル・ハラスメントや不平等を許さないと始めた#MeToo運動の波はエンターテイメント業界だけでなくさまざまな業界に及んだ。映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン、俳優のケヴィン・スペーシー、ラッパーのR・ケリーは、性的暴行が明るみに出て訴えられ、キャリアに大きな傷がついた人々のごく一部にすぎない。俳優兼コメディアンのビル・コスビーは、一時期ワーナー・ブラザーズ・レコードで一番の売り上げを誇ったアーティストだったが、女性に薬物を盛り、レイプした罪で収監された。

女優が性的な関係を結ぶことと引き換えに仕事を獲得することが大々的に疑問視されたり、また「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー、「A Wrinkle In Time/五次元世界のぼうけん」のエイヴァ・デュヴァーネイ、「レディ・バード」のグレタ・ガーウィグ、「高い城の男」のカリン・クサマなど女性映画監督らは、脚本や監督、プロデュースの分野にも大きく進出しはじめている。

音楽の分野でも、さまざまなニュースが入り乱れている。アメリカのチャートではヒップホップとカントリーが権勢を振るっているが、これらのジャンルはほぼ男性アーティストで占められている。しかし、この所、いままでにないほど女性たちが魅力的な音楽を作っていて、女性独自の手法でチャートの上位に輝き出している。フェンダー・ギターによる研究では、アメリカやイギリスにおけるギターの売り上げの50%以上が女性への販売だという。アリソン・ワンダーランドやヘスタ・プリン、レズなど、女性DJも目覚ましい活躍を見せている。

日本では音楽業界での女性の地位向上は控えめだ。1番人気の女性グループは未だAKB48。このグループでは女性はあくまで助演女優の位置にあり、彼女らから提案され、採用されるクリエイティヴな意見は少ない。昨年の日本エンターテイメント・ニュースでもっとも大きなものの一つが、NGTの山口真帆が、自分が受けた暴行問題に対し謝罪したというものだった。また、国際ニュースでは、学校に掲示された〈自分が「カワイイ」と思った短いスカートが性犯罪を誘発してしまいます。〉というポスターが話題になった。これは、アメリカでは〈被害者叩き〉と呼ばれる行為だ。このニュースによって、日本が性差別ランキングの147国中110位だったことに対しての納得が広まった。

アメリカがこういった性差別問題について非の打ち所がない先進国ということではないが、以下に音楽業界をポジティヴに揺さぶる女性たちを紹介したい。

 

テイラー・スウィフト

彼女のもっとも新しいアルバム『Reputation』は2017年11月に発売されたものだが、2018年も彼女は音楽業界をさまざまにシェイクした。14歳でインディーズのカントリー・シンガーとしてデビューした彼女は、ポップスへ転向して業界を席巻。日本でもポップ・シンガーとして高い人気を誇る。SNSを通じてファンに直接音楽を届けるなど、革新的な試みを行なっている。また、ストリーミングについてSpotifyやAppleと戦い、大手企業に自分の条件を飲ませている。

また、フェミニズムの旗手として、自分の恋人たちのステータスによって評価されることを嫌い、彼女に痴漢行為を働いたラジオDJを訴え勝訴し、セレーナ・ゴメスやロードなど、同じ女性歌手や友人を精神面からもサポートした事でも知られている。多くのチャリティー基金にも寄付をしている。マルチ・インストルメンティストかつゴージャスなファッショニスタというのは彼女の多面性の一部だけなのだ。2018年、最初の週だけでテイラー・スウィフトの『Reputition』は200万枚以上売り上げ、現在は450万枚を越えている。彼女の『Reputation』スタジアム・ツアーはアメリカで2億6600万ドル、世界で3億4500万ドル売り上げている。

テイラー・スウィフトの2017年作『Reputation』収録曲“Delicate”

 

ケイシー・マスグレイヴス

ケイシー・マスグレイヴスは自力で自分のキャリアを積み上げてきた。2018年のアルバム『Golden Hour』で、彼女は発展途上のアーティストから、世界的なスターに変貌を遂げたと言える。8歳でマンドリンを始め、12歳でギターに転向。メジャー・レーベルと契約する前に3枚の自主制作アルバムをリリースしている。

彼女のメジャー・デビュー・アルバム『Same Trailer Different Park』はグラミーのベスト・カントリー賞を受賞。彼女は作曲家としても知られていて、メジャーなスターが彼女による曲を多く録音している。カントリーに強いマーキュリー・ナッシュヴィル社と契約してはいるが、ローリングストーン誌やニューヨークタイムズ紙などで、彼女の才能は広く評価されている。しかし、カントリーのラジオ局は、さまざまなタイプの音楽スタイルをミックスする彼女の曲はカントリーではないと、放送するのを辞めてしまった。

『Golden Hour』は“Butterfly”“Space Cowboy”などのヒット曲を生み、ビルボード4位に輝いた。また、彼女は最優秀レコード賞を含む4つのグラミー賞を受賞。昨年、スマッシュは〈フジロック〉のホワイト・ステージにケイシーを起用するという大胆な作戦に出たが、結果多くの観客を集め、数々のライターが彼女をベスト・パフォーマーと評した。

ケイシー・マスグレイヴスの2018年作『Golden Hour』収録曲“Butterflies”

 

カリ・ウチス

カリ・ウチスはコロンビア系アメリカ人のシンガー・ソングライターで、〈ジャンル知らず〉と呼ばれている。アメリカに生まれ、コロンビアで育った彼女は、同地での内紛の激化によりアメリカに戻ってきた。子供の頃はジャズと写真を勉強していたという。彼女は、自分でR&B、レゲエとドゥーワップを混ぜたようなミックステープを作るところから歌手としてのキャリアを始めた。このテープへの反応は素晴らしく、すぐにディプロやタイラー・ザ・クリエイター、スヌープ・ドッグ、ゴリラズらと共演する。

2017年には、サンフランシスコの〈Outside Lands〉など大きなフェスに参加。ラナ・デル・レイとツアーもしている。コロンビアのミュージシャン、フアネス・エル・ラティオとのコラボレーションで彼女はラテン・グラミーを受賞。2018年にリリースした最初のスタジオ・アルバム『Isolation』はビルボードで16位に輝き、多くの情熱的なレビューが書かれている。彼女のダイナミックでセクシーなステージ・パフォーマンスは、2018年の〈フジロック〉で多くの日本人ファンを獲得した。最近は、同じくホットな英国人女性シンガーのジョルジャ・スミスとの北米ツアーが発表されたばかりだ。

カリ・ウチスの2018年作『Isolation』収録曲、タイラー・ザ・クリエイターとブーツィー・コリンズを招いた“After The Storm”

 

アリアナ・グランデ

アリアナはシンガー・ソングライター兼女優で、多くの問題を抱えつつも、ビッグウェーブを起こし続けている。彼女はごく幼い頃にショウ・ビジネスの世界に入り、15歳ごろにはすでにブロードウェイに出演、レギュラーのTV番組を持っていた。20歳でデビュー・アルバム『Yours Truly』をリリース、2014年の『My Everything』、2018年の『Sweetner』と連続でチャート1位を飾る。

彼女のキュートかつセクシーなルックスには男性は目を丸くし、おばあちゃんたちは頬をつねりたくなるだろう。彼女は素晴らしい声、自信に満ちつつも優しい態度で、TVからお茶の間を魅了。いろいろなシンガーや女優ジェニファー・ローレンスのモノマネで観衆を驚かせたりも。しかし、すべてが順調だったわけではない。彼女自身はR&Bのサウンドを好んでいたにも関わらず、マネージメントが若いタレントはよりメインストリームに近いポップ・サウンドでいくべきと方向を決めた。

そして、2017年には深刻な事件が起こる。2017年5月22日、英国ウェンブリー・アリーナでの公演で自爆テロが起こり、23人が死亡、500人を越える観客が負傷したのだ。アリアナは6月に帰国すると〈One Love Mancester〉というチャリティー・コンサートを主催、2300万ドルをテロの被害者に届けた。その後、彼女はツアーを成功させ、感動的な“No Tears Left To Cry”を録音し、チャート3位となる。

腹違いの兄弟がゲイだという彼女はLGBTの権利のための活動もしている。また、彼女は自分の音楽についてではなく恋愛関連の事を過剰に書き散らす批評家に物申すのも忘れない。今年、大きな話題になったコメディアンのピート・デヴィッドソンとの婚約とその後の破局でもかなりの注目を集めた。彼女はその後『Thank U, Next』を発表し、チャート1位を獲得している。

アリアナ・グランデの2019年作『Thank U, Next』タイトル・トラック

 

カーディ・B

カーディは、好き嫌いの分かれるアーティストだ。ブロンクスをベースに活動するアフロ・カリビアン・アメリカンの元ストリッパー/現ラッパーの彼女は大胆なTVセレブで、3曲のナンバー1ヒットを発表。アルバム『Invasion Of Privacy』もチャート1位を獲得している。

カーディ・Bのスタイルはうるさく、失礼で、荒削りで、金(彼女の言葉でShmoney)を稼ぐことに終始している。この小生意気なスターは自分のことを〈Stripper Ho〉と呼ぶ。彼女の歌詞は多くの場合赤裸々だ(彼女の大好きなトピックはオーラル・セックスをしてもらうこと)。

彼女はオンラインで得た名声からTVのキャリアをスタートし、化粧品のM・A・Cやファッション・ブランドとのタイアップを結んだ。また、マルーン5やブルーノ・マーズなど多くの有名なミュージシャンとのコラボレーションでも知られている。また最近は非常に注目を集めたペプシのコマーシャルにも出演している。自分で自分を作り上げ、プロデュースしてきた彼女は、好かれても嫌われても、アメリカ中を席巻し、たくさんのShmoneyを稼いでいるのだ。

ブルーノ・マーズとコラボしたカーディ・Bの2019年の楽曲“Please Me”

 

〈モントレー・ジャズ・フェスティヴァル〉

2018年、モントレーのテーマは〈女性の1年〉だった。オープニング・ナイトのプログラムには、ピアニスト/作曲家で2017年に他界したジェリー・アレンのトリビュートとして、サックスにティア・フラー、トランペットにイングリッド・ジェンセン、ドラマーにテリ・リン・キャリントンを起用した女性バンドをフィーチャリングした。

このフェスティヴァルには、ジェーン・アイラ・ブルームのバンドやイスラエルのクラリネット奏者でサックス奏者のアナット・コーエンも出演。また、現在人気上昇中のヴェロニカ・スウィフト、女王セシル・マクロリン・サルヴァント(彼女のバンドには女性サックス奏者でトランペット奏者のブリア・スコンバーグが参加している)など、いつも通りトップ女性シンガーたちも参加している。

また、才気に溢れ独創的なリーダー、メアリー・ハルヴォーソン(雑誌・ダウンビート恒例、批評家による毎年の調査でベスト・ギタリストを受賞。最近のアルバム『Code Girl』リリース時には表紙を飾った)によるサムスクリューでの前衛テイスト溢れるステージも高く評価された。ヴァイオリニストでビル・フリゼールのコラボレーターであるジェニー・シェインマンや、ドラマー兼作曲家のアリソン・ミラー(彼女の新譜『Glitter Wolf』は注目に値する)など、ここに名前を挙げた女性達は、多くの、自力で成功を掴んできた女性達のごく一部でしかない。

 

さまざまなジャンルで、さまざまなやり方で、女性たちは独創的で素晴らしい表現的な活動をして、みずからのキャリアを作り上げてきた。アレサやアニーが歌ったように、〈Sisters are doin’ for it for themselves(女たちは自分たちのために生きていく)〉のだ。

【プロフィール】
キース・カフーン

キース・カフーン (KEITH CAHOON)

キース・カフーン - 家族代々カリフォルニア育ちの4代目。人生のほとんどを音楽に費やしてきたその職歴には、サクラメントでのレコードショップ店員、輸入盤/インディーズ盤の販売会社経営、ロンドンでのA&R業務、日本のタワーレコードの社長兼CEO、iTunes Japanの取締役、自身が立ち上げた音楽出版/コンサル会社のオーナー兼経営者、はたまた多種のメディアでのライターとしての数々の幅広い活躍が含まれる。昨今はアジアおよび北欧の音楽シーンにも深く携わり、造詣が深い。28年間の東京生活を経て、現在はカリフォルニア州バークレーに在住――Keith Cahoon is a fourth generation Californian, who has worked in music most of his life, including stints as a record store clerk in Sacramento, running an import and indie distribution company, doing A&R in London, CEO of Tower Records Japan, Director of iTunes Japan, owner/operator of his own music publishing/ consulting company Hotwire K.K., and as a writer for a wide range of media. He has also been extensively involved with Asian and Nordic music. After a 28 year of living in Tokyo, he now resides in Berkeley, California.

40周年プレイリスト
pagetop