2019.04.25

TREKKIE TRAXからの初作『sensation of blueness』以降も、ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」の劇伴や吉田凜音への楽曲提供などでDTM世代ならではのポップセンスを発揮してきたトラックメイカーが、自身主宰の新レーベルから2作目を発表。ヴォーカル・チョップの腕前は引き続き健在だが、サウンド的にはセピア色のアコギがノスタルジーを誘う冒頭曲を皮切りに、いままでよりテンポを落として叙情味を増したマイルドな仕上がりに。igrek-U(ギター)、isagen(ベース)、バレーボウイズの武田啓希(ドラムス)を迎えたポスト・ロック的な“Fork in the road”もカッコいいし、ジャズ・フレイヴァー漂う終曲“Rivebed”に流れる大河のように大らかなムードは、豊かな感情を呼び起こしてくれる。

 

関連アーティスト
pagetop