INTERVIEW

SABER TIGER下山武徳、HR/HM界のアニキがアコースティックで歌う〈現場の歌〉

下山武徳『WAY OF LIFE』

SABER TIGER下山武徳、HR/HM界のアニキがアコースティックで歌う〈現場の歌〉

日本を代表するハード・ロック/ヘヴィメタル・バンド、SABER TIGERのフロントマン・下山武徳。90年代からバンド活動を始動し、ジャパニーズHR/HM界の〈アニキ〉と呼ばれ親しまれる彼が、ソロ・アルバム『WAY OF LIFE』を来る11月13日(水)にリリースする。

『WAY OF LIFE』は、SABER TIGER以外のプロジェクトも多数行う下山がかねてより取り組んできたアコースティック・プロジェクトの最新作。アコースティック四部作〈地水火風〉の最終作『風音舞う』以来の、約9年ぶりの作品となる。本作には、SABER TIGERの木下昭仁と田中康治(共にギター)や、BOWWOWのリーダーでありギタリストの山本恭司らが随所でサポート。自身の過去曲のリメイク“Always”“Dec.”から、ジャズ・スタンダード“枯葉”やジョン・ケイル“Hallelujah”のカヴァー(原曲はレナード・コーエン)、そしてもちろん新曲まで充実の全10曲が収められた。曲ごとに様々な表情を見せる歌は下山自身の生き様が見えるような生々しいもので、そうした歌唱の魅力は、このシンプルなサウンドでこそ胸にまっすぐに届くような気もしてくるのだ。

Twitterのプロフィールも潔く〈ROCK SINGER〉としている下山。今回はそんな生粋のシンガーに、〈魂の歌〉への熱きプライドについて訊いてみた。

下山武徳 WAY OF LIFE Walkure(2019)

 

よそ行きじゃない〈現場の歌〉

――ここから始めるのもなんなのですが、下山さんの愛称〈アニキ〉の由来が気になっていて。

「(苦笑)。SABER TIGERで出したアルバム『BRAIN DRAIN』(98年)の全国ツアーが、南からスタートして北上していくような行程だったんです。で、わりと早い段階の……熊本だったかな、打ち上げで飲んでいた居酒屋の外で乱闘騒ぎがあって。それを僕が収めたんですよ。そしたら地元の奴らが〈アニキ〉と呼ぶようになって、なぜか南から浸透していって(笑)。いつの間にか全国に広まったんですね」

――そんなピンポイントなエピソードがあったんですね。スッキリしました。では、本題に。アコースティック作のフルとしては3枚目となる『WAY OF LIFE』、手ごたえはいかがですか?

「今回はなかなかタイトなスケジュールで、追われるように録ったんです。でも、僕はアルバムを作るからと言って入念に準備をして体調整えて……とは考えていなくて。ロック・シンガーは、舞台に上がってナンボだと思ってるんですよ。一年を通して、ステージに何度上がるか。それにしか価値がないと思っているので。そんな過酷な連日のライヴの合間を縫って録った歌を残したかったんです。小ぎれいに整えるより、現在進行形の自分の生々しいところを録りたい。

そういう意味では、2019年度の怒涛の時間の中でよく録ったなあって気持ちでいっぱいです。また非常に〈現場の歌〉というか、よそ行きじゃない歌が録れたんじゃないかな。よくやったなと思ってますね」

――本隊のSABER TIGER以外にもいろんな形態で活動をされていますし、今年のライヴ・スケジュールを振り返っても、つねに何らかのツアーを回っている状態で。定期的に開催されている弾き語りソロ・ライヴ〈下山武徳的夜会〉では、今作の収録曲も披露されているんですよね。

「ええ。〈下山武徳的夜会〉は二部制になっていて、一部ではカヴァー、二部では自分のオリジナル曲って分けてやってるんです。カヴァーは演歌に昭和歌謡、フォーク、ニュー・ミュージック、ハード・ロック……洋邦問わずなんでもやってますね」

――今作での選曲も、ジョン・ケイル版の“Hallelujah”に“枯葉”と意外なもので。

「“Hallelujah”はいろんな方がカヴァーしていますが、僕自身ジョン・ケイルが特別好きなわけではなく、単純に曲が好きなんですよ。ライヴでもよくやっているので、いつか作品にしたいと思っていて。わりと雑食でいろんな音楽を聴くんですが、曲自体にピンときたものをカヴァーすることが多いです。

ただ、“枯葉”もそれこそいろんなヴァージョンがありますけど、僕が今回やったのはエヴァ・キャシディっていうアメリカのシンガーのものに影響を受けています。ずいぶん前に亡くなっていて、日本ではあまり知られてないと思いますが、彼女のことは大好きで。CDも入手が困難なので、取り寄せて聴いています。アレンジはライヴのときとほぼ一緒ですが、リード・ギターをSABER TIGERのリーダー(木下昭仁)に弾いてもらってるので、多少違いますね」

ジョン・ケイルによる“Hallelujah”
 

エヴァ・キャシディによる“枯葉”
 

――木下さんをはじめ、今作には馴染み深い方々が参加されています。

「逆に親交が深くないと、あまり意味がないと思ってるんです。ネーム・ヴァリューだけで、お金で釣り上げたようなものを作っても、ニセモノなので。

BOWWOWの山本恭司さんとは毎年ふたりでツアーを廻っていますし、快く引き受けていただきました。恭司さんにはミュージック・ビデオと、あと1月18日(土)のレコ発ライヴにも参加してもらうことになっています」

 

虎は準備運動とかしないじゃん

――アルバムは、下山さんのシャウトから始まるブルージーな一曲目“Always"がまず強烈なインパクトで。そこから、アコースティックとは言えヴァラエティーに富んだ曲が並び、飽きのこない作りになっています。なかでも童謡のような人懐っこさの“あなたと出会えて幸せだった猫の詩”が異質で印象深かったのですが、この曲はご自身の体験から生まれた?

「これは木下さんが書いてくれたんですけど、てっきりSABER TIGER寄りの曲で来るかと思ったら、こんな意外な曲調で。どんな歌を乗せようかしばらく悩んだ後、浮かんだのが16年一緒にいて亡くなってしまった猫のことでした。

その猫は、僕がSABER TIGERでデビューする前に道端で生まれたての状態で拾った子で。誰かにもらってもらうつもりがそのまま16年ふたり暮らしで、激動の時代をずっと見てくれていた存在だったんですよ。今回はその猫の目線で歌詞を書いてみたんです。名前はしこたまって言いまして、しこちゃんって呼んでました。デビューした後もちょこちょこブログに上げてたのでファンの方にも可愛がってもらってたし、ペットに愛情を持ちながら生きてる方にはきっと共感してもらえるだろうなと。いい曲が出来たと思いましたね」

――“Always”では山本さんがギターを担当されています。

「恭司さんにやってもらうのは最初から決めていて、自分のほうで録った音にギターを乗せてくださいと送りつけました(笑)。そしたらもう流石としかいいようのないものを弾いてくれて」

――山本さんのギターは、どういうところが魅力ですか?

「頭に浮かんだ情景や色、熱量を全部そのままギターで再現できる人なんですよ。あらゆることができるというか、弾けないものがないんです。ミスタッチもほとんどしないし、ギタリストとしてはもうパーフェクトですね。

こと繊細さで言えば、あの方は一番だと思いますね。音で表現することって物凄く繊細なことだと思うんです。単純に足でエフェクターを踏んで音色を変えるとかいう話ではなくて、〈どれだけの色の絵の具を持っているか?〉という。とにかく素晴らしいですよ」

――ほかに、下山さんがミュージシャンとして影響を受けている方というと?

「たくさんいるのでなかなか難しいですけど、ロック・シンガーとしてはロニー・ジェイムズ・ディオですかね。初めて彼の歌を聴いたのはレインボーなんですが、表現力、声の艶、張り……すべてパーフェクトだと思いました。

シンガーにもいろんなスタイルがあるので、例えばパンクとか、自分の感情をぶつけるような歌も当然伝わるものもありますけど、やっぱり自分としてはテクニックの引き出しがあること。単純な上手さも表現力のひとつだけど、たくさんある中から〈どの引き出しを開けられるか?〉という、そういう繊細さが大事だと思っていますね。

ジャパメタ・ブームと言われていた時代の日本のシンガーの中でも丁寧に繊細に歌う人は多かったので、EARTHSHAKERのMARCYさん(西田昌史)や人見元基さん(元・VOW WOW)、ANTHEMの森川之雄さん、同じ札幌出身の山田雅樹さんとかからはとても影響を受けました」

――ちなみに、シャウトしても美しい声のクオリティーを、どうやって何十年も保つことができるのでしょう?

「これが、ないんです。喉のケアなんかも一切してません。僕はこれしかできないので――というか、歌って、その歌い手の人生や生き様に密接じゃないといけないと思ってるんですよね。あくまで僕個人の話で、プロフェッショナルとして努力してコンディションを整えている方ももちろんいっぱいいるし、本来はそれがプロとしてあたり前でもあるとも思うんですが、僕はそのまんまであるべきだと思うんですよ。

だから、のど飴も舐めなければ、ウォーミング・アップもしない……虎は準備運動とかしないじゃない(笑)。あるがままの自分で、心臓が動いて呼吸をするように歌う。声が出ないときは出なくていいじゃん、人間だから」

――その時々のリアルなものを表現する。

「僕は、それが誠意だと思ってます。そもそも、生きてることすべてがステージに上がって歌うための準備だと思ってて。食事でも、何かを見るでも、日々いろんなことを心で感じて、それがすでにウォーミング・アップになっているんだと」

――先ほども新作について、〈小ぎれいに整えるより、現在進行形の自分の生々しいところを録りたい〉とおっしゃってましたもんね。それはアコースティック作品だからということではなくて、作品作りにおいては一貫している?

「スタンスとしてはそうです。そうやって日常で準備が整っていると思ってるので、本番で一切緊張しないんですよ。いつでも、どんな状況でも、歌が歌える状態なんです」

 

民謡や演歌、歌謡曲が聴こえる家庭でした

――音楽に関して雑食とおっしゃっていましたが、物心ついたころに聴いていた音楽はどんなものでしたか?

「うちは音楽一家で、父が民謡の家元で歌と三味線をやっていたんです。民謡酒場っていう、民謡の演奏を聴きながらお客さんが炉端焼きで一杯やるようなお店も経営していたので、酔っ払いたちが夜な夜な歌うような、民謡や演歌や歌謡曲なんかを小さいころからずっと聴いて育ちました。だから、僕の音楽のスタートは弾き語りなんですよ」

――ということは、いまやられているアコースティック・シリーズは原点に立ち戻ったようなプロジェクトでもある?

「まあ、言ってしまえばそうですね」

――初めて買ったレコードはなんでしたか?

「小学校低学年のころに買った、フィンガー5の“恋のダイヤル6700”(73年)ですね。そうやって子供時代は普通に流行りの音楽を聴いて育って、小学校5年生くらいのときに初めて洋楽のレコード――キッスの『地獄の軍団(Destroyer)』(76年)を買いました。友人の年の離れたお姉さんが当時御三家と言われていたキッス、クイーン、エアロスミスの3バンドのレコードを大量に持ってて、そのお姉さんがいない間に友達とふたりで勝手に盗み聴きして。その影響でハード・ロックが好きになったんです。ラジオを片っ端から聴いて、クイーンの曲を電話リクエストしたりしてました」

――音楽好きな少年だったんですね。

「初めてバンドを組んだのは中2のときの学校祭で、ディープ・パープルをやったんですけど、そのときはギターで。歌いはじめたのは16~17歳のころが最初で、恭司さんがギターを弾きながら歌っていた、頭文字が〈V〉じゃなく〈B〉の時代のBOWWOWの曲をカヴァーしていました。本格的にバンドでヴォーカルに専念することになるのはそこからずっと後で、25歳のときになるんですが」

 

海外での活動で改めて思う〈もっと国内でも盛り上がってほしい〉

――SABER TIGERとしては近年、ロシアやウクライナ、バルト三国などでツアーをされていることも話題になっていました。現地でも好意的に受け入れられているとのことで。

「ジャパニーズ・メタル・マニアというのがちゃんといて……見るからに様子のおかしい奴がいるんですよ(笑)。でも、そういうのは心強いですよね。観に来てくれるお客さんの年齢は幅広くて、世代とか性別は関係ないんだなって感じます。ロシアでは、ファミレスみたいな場所でデスメタルがジューク・ボックスから普通に流れてて、ファミリーが食事していたり。文化の違いとしか言いようがないですが、ヘヴィメタルってジャンルが日本よりはるかに一般的なんですよね。

うれしいことにオファーは世界のあちこちからもらっているので、もっと世界に広がればいいなと思っていますが、それと同時に、もっと国内でもバンドが盛り上がってほしいなというのはあって。海外は行けばライヴは盛り上がるし、自分たちの楽曲が受け入れられて、これまでの努力や苦労が報われた気にもなるんですけど。なかなか海外だけでの活動ってのも難しいもので……」

――海外と国内のお客さんの反応はどう違いますか?

「自分が行った国に関してではありますが、海外は〈なんかわからないけどとりあえず行ってみる〉という感覚で夜な夜なクラブに集まってきて、飲みながら騒ぎ出すという。単純に音楽自体が好きなんだな、と。日本では自分たちのことを好きな人しかライヴに来ないから、ある意味、お互いに安心しきってライヴをしているところもあって。ショボい演奏をしたことがないので、異常に盛り上がった経験しかないんですけど(笑)、もし海外でショボい演奏をしたとしたらそうはいかないだろうなと。そういう差は感じますよね。

あと向こうでは、僕らのことを知らなかった人も演奏が終わったら〈来てくれてありがとう〉って声をかけてくれたり、そういうコミュニケーションがとれるのもとても感動的で。日本が遅れてるとまでは言わないけど、音楽そのものよりも、その人・バンドを好きになることのほうがセールスや動員につながっているような気はしています」

――近年はアジアを中心に海外ツアーをするアーティストもグッと増えましたが、そういったことはジャンル問わずよく聞く話ではありますね。ちなみに、現地でいいなと思ったバンドはいましたか?

「おもしろいバンドはけっこういますよ。特にロシアはレヴェルが高いバンドが多いです。ロシアの〈The Nomad〉っていうバンドとは仲良くなったんですけど、日本でもウケそうなサウンドだと思いますね。また人柄も良くてね、僕らをすごくサポートしてくれるんですよ」

The Nomadの2018年作『From the Dead... To the Living』収録曲“War Against Pain”
 

――そのように海外ツアーもこなしながら、来年にはゲストを招いたソロのメタル・アルバムと、SABER TIGERの新作のリリースも控えているとのことで。引き続き走り続ける感じになりそうですが、最後に今後の展望を教えてください。

「いまの目標は、海外のデカいフェスに出ることですね。ここまで音楽を続けてきたわけだから、焦ることなくすこしずつ一歩一歩……確実に毎年一歩ずつ踏み出していけたらと思います」

 


LIVE INFORMATION

ニューアルバム発売記念LIVE 『WAY OF LIFE』
2020年1月18日(土)東京・南青山 MANDALA
開場/開演:18:30/19:30
チケット:前売4,000円/当日4,500円(全席自由/1D別)
出演:下山武徳(ヴォーカル/ギター)
ゲスト: 山本恭司(ギター)、木下昭仁(ギター)、田中康治(ギター)、青柳慎太郎(ギター)
http://takenori-shimoyama.net/shows/archives/286

★その他イヴェント情報はこちら

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop