2014.10.22

フル・アルバムとしては5年ぶりの2作目が完成。マシーンドラムにほとんどのプロデュースを任せたこともあってか、一昨年のメロー・Xとのコラボ作『Zulu Guru』に漂っていたような無国籍な幻想ムードこそ減退したものの、ベース・ミュージック経由の端正なトラックが主役のエレガンスを強調することに成功している。〈愛の器官〉との表題通りに、硬質なビートの骨格の上で艶かしいソウルネスをむわりと立ち昇らせた逸品だ。

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop