2015.01.30

先鋭的ネット・レーベルのオレンジ・ミルクを主宰するキース・ランキンのソロ・プロジェクト、ジャイアント・クロウの最新アルバムがヴァイナル/配信に続いてCD化。オハイオからネット経由でLAビートを覗き見て育ち、ジュークトラップといった新興ビートを独自に咀嚼しつつ、近年のインディーR&Bとも共振。圧倒的な情報量は一見カオティックなようでいて、実は洗練されており、それらを絶妙なバランスでポップ・ミュージックとして成立させているところはいかにも〈2014年〉的。エイフェックスフライローも相変わらず変態ですが、そこに割って入るかのようにこのジャイアント・クロウやアルカといった新しい才能が誕生——この種のジャンルの可能性はまだまだ無限に広がっています。

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop