TOPICS

エゴや二階堂和美ら出演、多くの音楽家に慕われる尾道のおじさんにスポット当てた映画「スーパーローカルヒーロー」とは?

広島は尾道といえば、大林宣彦監督による〈尾道三部作〉(知らない人は各自調査を)の舞台として有名だが、昨年、かの地に新たな〈代表作〉が誕生した。それが映画「スーパーローカルヒーロー」である。同作は、尾道にある古民家を利用した風変わりなCDショップ〈れいこう堂〉の店主、信恵勝彦を追ったドキュメンタリー。彼は身銭を切ってミュージシャンを呼び、決して簡単なことではないであろう現地でのライヴを開催し続けてきた情熱の人だという。多くのアーティストはもちろん、地元の人々の心を動かす、〈ノブエさん〉とはいったいどういう人物なのか? それを親交のあるEGO-WRAPPIN'二階堂和美オーサカ=モノレール畠山美由紀ら錚々たるミュージシャン陣、尾道市民の証言をもとに紐解いていく。

昨年5月に行われたシネマ尾道でのプレミアム上映会を皮切りに、全国各地で上映されている「スーパーローカルヒーロー」は、3月21日より東京・新宿K'sシネマでの公開が決定。これを盛り上げるべく、同作に縁の深いアーティストが集うライヴ・イヴェントが3月18日に行われる。この映画で音楽を担当した青柳拓次をはじめ、EGO-WRAPPIN'、曽我大穂トウヤマタケオ、二階堂和美が出演するほか、主役の信恵勝彦と監督の田中トシノリがMCとして登場! これは要チェックでしょ!

※スペシャル・ライヴの詳細はこちら

タワーアカデミー
pagetop