2016.09.12

9年ぶりの復活作だった前作がギラギラとした生命力を感じさせる作風だったのに対し、この新作はひんやりとした感触と不穏な空気が支配する、かつてのdownyを彷彿とさせる仕上がりとなった。音数を絞って仲俣和宏のベースを前に押し出したヒップホップ的なグルーヴにしても、やはり初期寄りだと言っていいだろう。しかし、そのサウンド・デザインはシンセをフィーチャーした冒頭の“凍る花”からして明確にアップデートされていて、青木裕のギターらしからぬ音色もより奇妙なテイストを強めている。そして、弾き語りの機会が増えたせいか、ソウルフルになった青木ロビンのヴォーカルと並んでdownyらしさを規定しているのは、秋山タカヒコのドラムである。近年はヒップホップ育ちのジャズ・ドラマーが注目を集めているが、ハードコアとヒップホップの折衷を起点として、ストイックに変態的なビートを繰り出していく彼のプレイは今回も圧巻であり、本作の唯一無二の完成度に大きな貢献を果たしている。

 

[English Translation]
downy “Dai Roku Sakuhinshu [Mudai] (meaning 6th Collection [Untitled])” 

Where its predecessor represented their comeback in nine years in a vibrant, glaring style, downy's new album is filled with an ominous air and cold feel that recall the band's early days. Its stripped-down, hip-hop-esque groove with Kasuhiro Nakamata's bass guitar at the fore also lands on a spectrum closer to their first productions. Their sound design, however, is noticeably updated as "Koru Hana (meaning Freezing Flowers)" features synths and guitarist Yutaka Aoki favours his quirky side over pleasant timbres. What defines downy's character here is not only the ever soulful vocalist Robin Aoki, who more often sings with a guitar, but drummer Takahiko Akiyama. Recent years have seen the rise of jazz drummers with hip-hop background, but Akiyama's overwhelming instrumentation is built around his eclecticism of hardcore and hip-hop to single-mindedly offer weird beats, contributing to the luster of an album that is second to none.

関連アーティスト