2016.11.07

IOYOUNG JUJUのソロ作でも注目を浴びた総勢16名ものクール・ボーイ集団が、いよいよメジャー・デビューを果たした。初の一般流通盤となる本作でも、彼らがこれまでにストリートで発表してきた『BLAKK MOTEL』や『Kruise』などの作品と基本的にアティテュードは変わらない。ただ、今作に収録されたトラックはすべてNeetzMIKIRYOHU、そしてYUSHIといったクルーのメンバーたちによるもの。ゆえに、より凝縮された彼らの美学がサウンドとなって構築されている。なかでも疾走感溢れるファンク・サウンドを見せる“R.T.N”や“Get Light”、ソウルフルなストリングスとパーカッションが鳴る“Beautiful Life”は白眉だ。また、彼らの魅力ともいえる、背景を断片的に切り取りながら次々とマイクパスを繰り広げていくスタイルも、アルバム全編を通して非常にスリリングであり、シネマティックな魅力すらある。日本のヒップホップ・シーンに内在する〈粋さ〉を具現化した一枚だ。

 

[English Translation]
A group as many as 16 snazzy guys which also gained attention for the solo albums of its members, IO and YOUNG JUJU, KANDYTOWN has finally made its major debut. Its first major-label album basically follows the same attitude as its past independent streetwise productions including "BLAKK MOTEL" or "Kruise." Tracks in the latest, however, are all written by the group members, such as Neetz, MIKI, RYOHU, and YUSHI. It accounts for a sound that further distils their aesthetic. The best picks include "R.T.N" and "Get Light" with a sprinting funk sound as well as the soulful strings and percussion of "Beautiful Life.” On top of that, the members’ characteristic rapping style that takes turns weaving lyrical fragments of their background is a real thrill if not a cinematic charm. This is an album that embodies latent stylishness in the Japanese hip hop scene.

関連アーティスト