2017.07.31

心なしか明るいメロディーが増えたメジャーからの3作目。前作までの彼らはもっと哀しみに暮れたイメージが強く、終わりのある恋や上手くいかなかった恋を描いて心情をなんとか消化していたけれど、今回はあっけらかんとした歌詞が目立つ。で、それがゾクッとする。演奏面も、“見せかけのラブソング”におけるアンサンブルとコード感、“プレイバック”の緊迫感漲るドラムスなど、新鮮さと同時にエグいな~と思う場面が多い。

関連アーティスト