INTERVIEW

カマシ・ワシントンの魅力を村井康司×柳樂光隆が語り尽くす! 新作『Heaven And Earth』をめぐって

カマシ・ワシントンの魅力を村井康司×柳樂光隆が語り尽くす! 新作『Heaven And Earth』をめぐって

2015年、フライング・ロータス主催のレーベル=ブレインフィーダーからリリースされた、ある作品が音楽シーンを席巻した。カマシ・ワシントンの実質的なデビュー作である『The Epic』だ。3枚組、約3時間に及ぶマッシヴな同作は、ジャズのコミュニティーを越えて多くの音楽ファンの心を掴んだ。

そんなカマシ・ワシントンが、2017年の『Harmony Of Difference』(EPだがアルバム・サイズ)からXXやFKA・ツイッグスらが所属するイギリスのレーベル、ヤング・タークスに驚きの移籍。この度、2枚組アルバム『Heaven And Earth』をリリースする。

またも長大な作品となった本作をめぐって、「あなたの聴き方を変えるジャズ史」などの著書で知られる評論家・村井康司と、先ごろ刊行された『Jazz The New Chapter』シリーズ第5弾でもカマシへインタヴューを行った柳樂光隆による対談を実施。音楽家カマシと新作『Heaven And Earth』について、じっくりと語ってもらった。

KAMASI WASHINGTON Heaven And Earth Young Turks/BEAT(2018)

 

昭和のジャズ・ミュージシャンとはまったく違う

村井康司「『Heaven』と『Earth』のそれぞれ1曲目の“Fists Of Fury”と“The Space Travelers Lullaby”を最初に聴いたんです。“Fists Of Fury”を聴いて、〈おお! 『ドラゴン怒りの鉄拳』!!〉って思って(笑)。その後、フル・アルバムを2時間半聴いていると、次々といろいろなタイプの音楽が出てきて、ヴァラエティーがすごく豊かだと思いました。

テーマ的にはトータル・アルバムなんですけど、『The Epic』よりもポピュラリティーがある部分と、すっごく〈ジャズ〉の部分がありますね」

柳樂光隆「そう言われてみると、カマシはミックステープ世代のミュージシャンなのかもしれないですね。例えば、カマシを表現するときによく使われる70年代のスピリチュアル・ジャズって呼ばれるような作品だと、だいたい似たような曲がズラッと並ぶはずなので」

『Heaven And Earth』収録曲“Street Fighter Mas”
 

村井「そうなんだよね。本人も〈俺はこういうスタイルですっていう特定のものはない〉と言っていますし。サックスの演奏も曲によっていろいろなことをやっていますよね。でも統一感を感じるところは、いまの音楽だなと思います」

柳樂「そうですね。ここ数年、セイント・ヴィンセント(『Masseduction』)やイベイー(『Ash』)、『Everything Is Recorded By Richard Russell』、ジョン・レジェンド(『Darkness And Light』)とか、たくさん客演をしているんですけど、どれもスタイルがバラバラで、聴いてもカマシかどうかわからないくらいなんです。

だから、いわゆる〈コルトレーン・スタイル〉ではまったくない。自分の曲では自分の色を出すけど、スタジオ・ミュージシャンとしてのマイケル・ブレッカーみたいなところがあるんです」

カマシ・ワシントンが客演した『Everything Is Recorded By Richard Russell』収録曲“She Said”
 

村井「今回、いーぐるの後藤雅洋さんがライナーをお書きになったんですけど、〈ある部分においてはコルトレーンの『A Love Supreme(至上の愛)』(65年)を超えたって書いちゃった〉と言っていました(笑)」

柳樂「ははは! すげーなー、あのおっさん(笑)」

村井「僕は〈いやいや、比較するタイプの音楽じゃないですから〉って返したんだけど(笑)。ジョン・コルトレーンって真面目でさ、〈真理を探究しよう〉という感じで、普通の人はそこまで到達しないじゃないですか。それをやっちゃうところがすごいんだけど。カマシはそういう感じではないですよね。

今回の『Heaven』と『Earth』についても、すごく哲学的なことをおっしゃっていて、おもしろいんですけど、宗教的な信念のため、真理に到達するために音楽をやっているというわけでは全然ないような気がします」

6月29日にリリースされるジョン・コルトレーンの未発表アルバム『Both Directions At Once: The Lost Album』収録曲“Untitled Original 11383”
 

柳樂「インタヴューでも宗教の話題は微妙にかわされるんです。それに、〈ブラック〉ということもあまり言わない。クリスチャン・スコット(・アトゥンデ・アジュアー)もそうで、彼は見るからにアフロ・アメリカンなんですけど、アイデンティティーとしては〈ブラック・ネイティヴ・アメリカン〉で、どちらかといえば〈ネイティヴ・アメリカン〉に寄っている。だから、人種の話をするときに〈ブラック〉という言葉は絶対に使わない。もっと広い、〈人種差別〉っていう言葉を使うんです。

カマシにもわりとそういうところがあって、人種や宗教については〈LAには黒人も白人もアジア人もアルメニア人もいるんだ〉ということを丁寧に話すタイプなんです。そういうところは音楽にも出ている感じがします。〈特定の人種=ブラックネス〉には寄らないという」

村井「『Harmony Of Difference』についても〈異なるものが共存する良さを祝福したい〉と、誰も文句が言えないようなことを言っていますよね(笑)。たぶん本気でそう思っているんでしょう。そういう意味では、すごく公平な感じです」

『Harmony Of Difference』収録曲“Truth”
 

柳樂「インタヴューでも、〈音楽が俺に何を求めているのか〉〈曲がここで何を言いたいのかを考えるようにしている〉と真面目なことを言うんですよね」

村井「そうそう。〈音楽に貢献しなきゃいけない〉とかね」

柳樂「だから、とりあえずレコーディングに行って、毎回同じことをして帰る、昭和のジャズ・ミュージシャンとはまったく違うんです(笑)。見た目やファッションや曲名に騙されるけど、実にイマっぽい、真面目で器用でリベラルな音楽家ですね」

 

カマシ・ワシントンはお金のあるサン・ラー!?

村井「おもしろいなと思ったのは、今回、ジャケットの写真でカマシが水の上に立っていますよね。すぐに連想するのは、イエス・キリストが水の上を歩くという聖書の話で、たぶんそれを意識して作ったんだと思います。

キリスト教的なイメージは、曲名などもそうですが、音楽的にもクワイアが入っているわけですし、宗教的な雰囲気がどうしても漂うよね。だけど、宗教音楽ではないというのがおもしろい」

柳樂「クワイアが入っていて、この顔でやられると、もう〈ハレルヤ!〉っていう感じがするじゃないですか(笑)。だけど、本人は〈ストラヴィンスキーだ〉って言うんですよ。教会旋法とかがもともと好きだったみたいで、だから、必ずしも〈ブラック・カルチャー〉だけの話ではないんですよね」

村井「コルトレーンの死後、彼が遺した演奏にアリス・コルトレーンがオーヴァー・ダビングした『Cosmic Music』(68年)という作品があるんです。あの作品特有の胡散臭さがあって、みんな引いたんですが(笑)、カマシはそれを50年後に洗練されたものとして提示しつつ、スピリチュアルな感じを消しているわけでもないのがおもしろいですね。

一方で、アルバムの作り方やキチッとしたイメージをちゃんと提示して効果的に伝える方法、あるいは組織論理的なところはすごくうまいなと思います。ある意味、大変有能なビジネスマンでもあるのかなという気はします。

だから、ひとりのミュージシャンというよりリーダーという感じですよね。その意味では、今後、デューク・エリントンのような雰囲気が出てくるかもしれないね」

ジョン・コルトレーンの68年作『Cosmic Music』収録曲“Reverend King”
 

柳樂「サン・ラーとかね」

村井「そうそう。〈お金のあるサン・ラー〉というか(笑)。エリントンは、自分の音楽を表現するために素晴らしいメンバーを集めて、でも、ほぼメンバー・チェンジはなく、何十年もやっていましたよね。

エリントンのバンドって、普通のビッグ・バンドとは違うんですよ。彼の個人的な音楽だけどビッグ・バンドの音楽という感じで、カマシの今回のアルバムを聴くと、そういう感じがするんだよね」

柳樂「カウント・ベイシーとは違いますもんね。このフレーズはこの人の音色じゃないとダメっていうのが明確に決まっている。そういう意味では、カマシにはエリントン的な側面はあるかもしれません。〈作編曲家/プロデューサー〉という感じなんですよね。

『Jazz The New Chapter 5』は、サックス特集をメインにしているんです。カマシとケイシー・ベンジャミン、マーク・ターナー、ダニー・マッキャスリン、ウォルター・スミス3世、ベン・ウェンデルという、いまを代表するサックス奏者に話を訊きました。

カマシはサックスの話題にはあまりノらないんですよ。でも、〈作曲家〉という話題についてはノリノリで話をするんです。〈音楽性に合わせてこういうフレーズがある〉〈サックスの演奏の研究もしたけど、この演奏家は音楽性も含めて好きなんだ〉といった話をするので、極めてプロデューサー的な音楽家なんですよね」

村井「なるほどね」

柳樂「フジロックのバックステージで必死で譜面をコピーしていたっていう話を聞いたんですよ。譜面を書いて、ライヴの直前まで直すらしいんです。今回はその要素がかなり強いんですよね。そもそも曲の書き方がジャズの作曲方法とは違うとはっきり言っていましたし。ジェラルド・ウィルソンのビッグ・バンドにいたからというのもあるんでしょうけど。

あと、ビッグ・バンドのわりにはバラバラのメンバーしか集めない。すごく丁寧に譜面を書いているくせに、音をそろえる気はないっていう(笑)。カマシのバンドは、ドラムの2人もバラバラだし、〈譜面通りにやってね〉なんて言ってもしょうがない――特に、ロナルド・ブルーナーJr.は。ライヴを観ると、あきらかに片一方の音のほうがデカいんですよね(笑)。もう1人のトニー・オースティンがロナルドに合わせてあげている。でも曲によってはロナルドとトニーの立場が逆になることもある。

それは、音楽的なコンセプトである〈多様性〉というところに繋がると思うんです。そういうところが実は、すごく魅力なんじゃないかなと」

『Heacven And Earth』収録曲“Fists Of Fury”のライヴ映像
 

村井「そうだよね。ライヴも、カマシをサックス奏者として観に行くというより、バンドを観に行くっていう気持ちが大きい。だから、サックス奏者というより、ひとりの音楽家としてカマシを認識しているんですね。

昔のミュージシャンは何よりサックスが第一であって、ついでに〈あっ、作曲もやりましたか〉っていうふうなんだけど、カマシは曲とサウンドを作る人っていうイメージが強い気がします」

 

ファラオ・サンダースのマネは10代のときの遊び

村井「編曲家といえば、ギル・エヴァンスはすごく変な人で、きちんと譜面を書いてバランスを気にするのに、〈こいつらは絶対に合うわけがない!〉っていう人だけを集めてくる(笑)」

柳樂「ビリー・ハーパーとか日野皓正とかね(笑)」

村井「そうそう。ジョージ・アダムスとビリー・ハーパーじゃ、ハモんないでしょう(笑)。それはわざとやっていて、そっちのほうがおもしろいんだ、自分が書いたものを裏切るくらいの人がいないとつまらないんだと」

柳樂「確かに、『Heaven And Earth』はギルが晩年、エレクトリックになった時期の作品に似ているかもしれないですね。ジミヘンの“Little Wing”とかやってた頃の」

村井「そうですね。だから、カマシは〈自分のサックスの演奏も素材のひとつ〉みたいな、わりとクールな態度なんですよね。自分の演奏をどれだけ引き立てるかを考えて曲を作っているのではなさそう」

柳樂「メチャクチャ吹きまくってる曲もありますけど、それも必要に応じて演じているんじゃないかなと(笑)。陶酔して吹きまくるファラオ・サンダースみたいなスタイルではないんです。

インタヴューでは「高校生の頃にアヴァンギャルドなバンドをやっていて、ファラオ・サンダースみたいなことをやって遊んでたけどね(笑)」と言っていました。〈俺はそういうのじゃないよ〉っていうふうに。コルトレーンは好きだけど、ファラオは10代のときの遊びっていう感じ」

村井「技術的な問題とか、あるいはフレージングの問題とかにおいて、サックス奏者としてコルトレーンは研究をするに値するけど、ファラオは値しないっていうことでしょうね。まあ、みんなそう思っている可能性はあるんだけどね(笑)」

柳樂「最近出たマイルス・デイヴィスの『Kind Of Blue』(59年)の頃のオフィシャル・ブートレグ(『The Final Tour: The Bootleg Series Vol. 6』)を聴いたんですけど、コルトレーンって、すごく考えながら吹くじゃないですか。何をやるのかは必ずしも決まっていないし、試しながら吹いて、〈あっ、違うかも〉みたいな感じで」

マイルス・デイヴィスの『The Final Tour: The Bootleg Series Vol. 6』収録曲“So What”
 

村井「だんだん長くなって、終わらなくなっちゃうんですよね」

柳樂「そうそう。そういう迷いは、カマシには一切ないんです。ライヴでも吹くことが明確に決まっていて、すごく構成的なソロを取るんですよね」

次ページ新作『Heaven And Earth』とLAカルチャーの深い関係
関連アーティスト