INTERVIEW

henrytennisはポスト・ロックとネオ・ジャズの接続点だ。10年の沈黙後も消えぬ〈音楽を進歩させたい〉情熱

henrytennis『Freaking Happy』

真ん中が奥村祥人
Photo by 勝永裕介
 

7人編成のインスト・バンド、henrytennisが実に10年ぶりとなるサード・アルバム『Freaking Happy』を完成させた。〈New Wave Of Progressive Rock〉を掲げ、2003年に結成されたhenrytennisは、シカゴ音響派の影響を消化しつつ、クラウトロックやテクノの要素も内包したトランシーなサウンドを鳴らし、2006年のファースト『eight rare cases』と、2009年のセカンド『R.U.R.』は高い評価を獲得した。

2010年の活動停止後、中心人物の奥村祥人(ギター)はいくつかのプロジェクトに関わりつつ、何度となくhenrytennisを再始動させようとするも、その活動がふたたび軌道に乗るまでには5年以上の月日を要することとなった。しかし、スナーキー・パピーに代表される新しいジャズの潮流に刺激を受けた2016年末からその潮目が変わり、2018年3月にはKing Gnuものんくる吉田ヨウヘイgroup、Yasei Collectiveらを集めた自主企画〈グランドスラム〉を東京・渋谷WWWで開催。成功を収めることで、復活の狼煙を上げたのだった。

こうした道のりを経て完成した『Freaking Happy』は、過去と現在を繋ぎ合わせ、バンドの未来を照らし出す作品だと言っていいだろう。ジャム・セッションからDAWへと曲作りが変化したことにより、コード・ワークやリズムのアレンジがより精緻に作り込まれ、サックスやトロンボーンがポップなメロディーを奏でつつ、プログレッシヴな曲展開は初期にも通じるものがある。内包される音楽性は当然のように折衷的で、〈ネオ・ジャズ〉の枠組みからも自然とはみ出しているところに、このバンドの独自性が感じられる。

アルバムのリリースを機に、奥村にアップダウンの激しかった15年に及ぶバンドの歴史を振り返ってもらったが、日本では00年代に隆盛したポスト・ロック/音響派と、2010年代のネオ・ジャズとのリンクを、henrytennisという稀有な存在を通じて見出すことも、個人的な取材の裏テーマであった。そして、〈ポスト〉にしろ〈ネオ〉にしろ、その根底には音楽を進歩させようという情熱があるのだと、奥村は確かに教えてくれた。

henrytennis Freaking Happy Natural Hi-Tech Records Inc.(2019)

ポスト・ロック/音響派との出会いが決めた道筋

――10年ぶりのアルバム完成、おめでとうございます。僕のなかでは昨年3月に行われた自主企画〈グランドスラム〉が起点となって、今回のアルバムまでたどり着いたような印象があるのですが、なぜあのタイミングでイヴェントを開催しようと思ったのでしょうか?

「〈グランドスラム〉をやろうと思ったのは、徐々に変わってきた自分の音楽的な趣向をひとまず見せたいと思ったからです。そのためには、そのときの自分が影響を受けつつあったネオ・ジャズの流れを汲んでいるアクトたちが必要だった。みんな何かしら現代の進歩的なジャズの影響を受けていて、僕もそういった部分をhenrytennisで表現していきたいと思ったから、あの場を設けたんです」

――奥村さんがこれまで関わってきた〈みんなの戦艦〉のブッキングともまた違う、〈ネオ・ジャズ〉というコンセプトが明確なブッキングでしたね。

「もともと僕は新しいもの好きなところがあるんですよ(笑)。スナーキー・パピーやカマシ・ワシントンを聴いて、カッコいいなと思い、いま自分が作りたいのはロック寄りのインストゥルメンタルではないなと思った。(スナーキーら現代ジャズの人たちは)もっと音が豊かだし、メロディーも凝っていて、スケール通りには行かなかったりする。そういう部分を大切にしているのは、音楽に対する姿勢としてすごく真面目だし、ストイックに感じたんです。〈こういう音楽を自分がやったらどんな形になるんだろう〉という興味から、自分でもやりはじめました」

――それにしても、いい面子でしたよね。一年前ですけど、King Gnuなんてもうこの規模感のイヴェントにはなかなか出れないだろうし。

「ものんくるとかも有名になりましたもんね。あの日、MUSIC FROM THE MARSの藤井(友信)さんと俺の2人になったときに、〈すごいの集めたね〉という話になって、〈この面子はホント音楽的にすごいから、たぶん一年後にはとてもこの面子じゃ組めないよ〉と言われたんですよ。で、〈俺もその位置に行きたいけどね〉と言われて、〈俺もそのつもりですよ〉って返したんです」

――いい話ですね。〈グランドスラム〉に下の世代だけではなく、同世代のMUSIC FROM THE MARSが出ていたことも、とても意味があったと思います。結成自体は彼らの方が97年と少し早くて、henrytennisの結成は2003年。もともとはどのようなコンセプトでスタートしたバンドなのでしょうか?

「2000年代の初頭って、音響派と呼ばれるジャンルの波があって、トータスやディラン・グループとかが流行ってたんですよね。ギター・ロックとかギター・ポップをやっていた子たちの中でも、先進的な子たちはそっちに行って、ロックを信奉してやってる子たちとパッと別れた印象があった。そのなかで、僕は音響派のほうに行ったんです。ただ、僕は音源を研究することはあんまりしなくて、リスナーとして自分のなかに蓄えたうえで、〈じゃあ、自分ならどうするか?〉という発想からはじめるんです。そうやって作ったのがファーストの『eight rare cases』(2006年)で、だから一曲目でトータスっぽく始まりつつ、でも全体を聴くと全然違うっていう(笑)」

『eight rare cases』の冒頭曲“The Electronic Flute”
 

――ポスト・ロックや音響派もそもそもジャズとの接点が強い音楽ですよね。『eight rare cases』というタイトルはソフト・マシーンの歌詞の一節から取られていたように、カンタベリーもお好きだと思いますし、奥村さんのなかにはそもそものルーツとしてジャズがあったわけですか?

「自分はロックを聴きはじめたのが小6でビートルズからなんですけど、カンタベリーに出会ったのは大学2年生くらい。ソフト・マシーンを借りて、〈カッコいいし、俺の作る曲に似てる〉と思って、そこからジャズに興味を持ち、広く浅くですけどいろいろ聴くようになりました。特に、スケールとかコード感ではすごく影響を受けたので、そこが音響派をやってみようと思ったことに繋がってますね。音響派の人たちもジャズを通っているから、コードの流れとかが理解できて、〈やっぱりそれだよね〉と言えるものだったんです」

――カンタベリー自体がいろんな音楽性を内包しているわけですが、初期のhenrytennisはプログレやクラウトロック、さらにはテクノにも影響を受けていて、トランシーなダンス・ミュージック的色合いも強かったですよね。

「それで言うと、〈ループ〉が大きかったんです。演奏者だけループする回数を把握していて、観客は何回続くかわからないまま、バンドが突然キメをババってやる。それに対するリアクションが大きくて、これはおもしろいなと思ってから、ずっとループを大切にしてます。〈これスナーキーだったらメロディー変えてるだろうな〉というときでも、ずっと同じことを繰り返していたりするのは、当時からの延長なんだと思いますね」

2005年のライヴ映像
 

――当時はROVOとかにも近い印象でした。

「大先輩ですし、すごく親和性は感じていて、当時メンバー同士でもよくROVOの話はしていました。あと当時同じスタジオを使っていた界も大好きでしたね」

――ROVOにしても、もともとアンダーグラウンドでジャズをやっていた人たちが、ダンス・ミュージックをコンセプトに立ち上げたバンドですもんね。

「そうですよね。だから、〈ジャズが好き〉ということを特別意識はしてなかったと思うんですけど、そういう人たちを追っていたというか、その道を歩んでいたんだなっていうのは、いま振り返ると思いますね」

 

スナーキー・パピーや新世代ジャズへの興奮

――2009年に発表されたセカンドの『R.U.R.』に関しては、どんなコンセプトがあったのでしょうか?

「ファーストからセカンドの間でメンバーがガラッと変わってるんですけど、元MELT-BANANAでドラマーの須藤(俊明)さんが、〈ミニマルなんだけど硬質なサウンドをやってる人ってあんまりいないよね〉という話になり、そこを徹底的に追求して作ったんです。でも、同時期にバトルズが出てきたんですよ(笑)」

『R.U.R.』収録曲“Valencia raincoats”
 

――ああ、まさに〈ミニマルかつ硬質〉ですね(笑)。

「セカンドの曲自体はいまでも好きなんですけど、ロックなインストをやってるバンドは国内にもたくさんいたし、硬質さでは他のアーティストに勝てないと思って、〈これじゃないな〉と思ってから……迷いの道が始まったんですよね」

――2000年代も後半になると、日本では音響派よりもハードコア以降の文脈でのポスト・ロックの方が主流になって行きましたよね。硬質さで言うと、LITEが出てきたりとか。

「そうですね。ぶっちゃけ、LITEにはなれないなって思いました。ああいうことをやっても負けるなって。しかも、ああいうことをやりたいのかと言われると、自分はそうじゃないと思った。それも実際に『R.U.R.』を作ったからこそ気付けたことだったんですけど」

――結果的に、2010年の下北沢440でのライヴを最後に、活動を停止しました。

「その後に関しては、GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGEのdead kと、(((REBELREBEL ON REBELREBELS)))という一曲30分やるみたいなハードコア・プログレ・バンドをはじめたり、Myth Folkloreという純粋な歌ものをやってみたりもしたんですけど、どれもあんまり長続きしなくて。で、2013年に、元メンバーで、OCEANLANEとかもやってた堀越(武志)くんから〈再結成しようよ〉と言われて、またhenrytennisをやりはじめるんです。ただ、正直まだ自分のやりたいことが定まってなくて、曲の作り方をジャムからDAWに変えてみたんですけど、それもあまり上手くいかず。メンバーの入れ替わりも激しくて、ライヴもできない、ただスタジオにだけ入ってるような状態だったんです」

――2016年の2月28日に開催された〈みんなの戦艦〉に出たものの、結局また活動はストップしてしまったんですよね。

「2016年って、『みんなの戦艦』が10周年で、僕は2月29日生まれなんですけど、閏年の換算でちょうど10歳の誕生日・前日だったから、周りから〈絶対何かやったほうがいい〉と言われて、それでやったところがあった。でも、とにかく上手い人をメンバーに入れて、突貫工事でライヴをやった感じだったから、その後にはつながらずで。また編成を一回白紙にして、今度はゆっくりメンバーを決めていこうと思ったんです」

――hanrytennisを正式に解散して、新しいことを始めようとは思わなかったですか?

「何回も考えたし、一時期は本気で名前を変えようかと思ってました。でも、元バンドマンの友人に〈絶対いまのまま続けたほうがいい〉と言われたんです。名前を変えたら、ゼロから聴いてもらえる可能性もあるけど、継続していけば、いままで得たものを一緒に持って行ける。そもそもそれまでやってきたことに対して、裏切り行為とまでは言わないけど、ちゃんとやれてないまま終わった感じになるのは嫌だった。なので、その友人の言葉を信じて、同じ名前で続けることにしました。あとは、アルバムを2枚しか出してないのが嫌だなっていうのもありました。僕が好きなアーティストはアルバムをたくさん出してる人が多いから、ちょっとでも近づくためには、アルバムの枚数をもっと増やさないとなって」

――2016年の末からもう一度バンドを再始動させて、徐々に現体制のhenrytennisに繋がっていったわけですよね。

「2016年はとにかく焦ってたので、今度はゆっくり周りを見ながらやっていこうと思ったんです。その少し前まではあんまり音楽も聴いてなかったんですけど、リアルタイムのものをあらためていろいろ聴くようにして、そのなかで最終的に聴き続けたのが、新しいジャズだったんです。決定打となったのは、スナーキー・パピーですね。2014年に出た水色のアルバム(『We Like It Here』)って、全編動画の配信もあって、それがめちゃめちゃカッコよかったんです。変拍子とかちょっとズレた感覚がありつつ、でもすごくポップで、自分がずっとトライしてることに近いことをやってるなって思った。〈これなんじゃないか〉って、ホントに雷が落ちた感じというか。で、その動画を何度も何度も観て、その演奏に似合いそうなメンバーを探していったんです」

――三管編成になったのも、その影響ですか?

「そうですね。それまではずっと一管で、管楽器の旋律、ギターの旋律、ピアノの旋律、3つの違う楽器でおもしろさを出そうとしてたんですけど、誰にでもインパクトを与えられるような強い世界観を打ち出すには、三管だなと思った。普通のポップ・ソングじゃなくて、インストで三管があるのって、やっぱりインパクトありますよね。あと僕この頃にMonotoonsというエレクトロ・ポップのユニットをやったこともあって、DAWにも強くなってたんです。DAWで曲を作って、いまのメンバーに譜面を書いて渡して、1、2曲やってみたら、すごくよくて。自分でもびっくりしたのが、最初にhenrytennisを始めたときと同じくらいの感動があったんですよ。それって稀有なことだなって。で、いろいろライヴも観に行くなかで、Yasei Collectiveとか、吉田ヨウヘイgroupとか、新しいことにトライしてる人たちにも刺激を受けて、〈グランドスラム〉をやってみることにしたんです」

 

ポップから逸脱しつつ、いかにポップネスを残せるか

――バンドの歴史を紐解くと、新作の完成があらためて感慨深いですね。

「今回はチームで作ったという意識が強くて、エンジニアは向啓介さんなんですけど、(彼が携わった)showmoreの動画を観たときに、繊細に音を作る人だなと思って、お願いすることにしたんです。特にこだわったのはドラムの音で、いま風にしたいっていうのもあったけど、〈その一歩先まで行きたい〉という話をしました。で、実際にいろんな作業をしてもらったので、すごく感謝してますね」

――ミュートの効いたサウンドが非常に印象的でした。

「まさに、そこですね。音を変えて印象を変えたいという話を向さんがしていて、そこはしっかり考えてもらいながら、作業をしました。他の楽器の音に関してはほぼ向さんにお任せだったんですけど、やっぱりドラムの音が進んでると、進んだ音楽に聴こえるんですよね。なので、ドラムの音だけはどうしても一歩先まで行きたかった。すごく満足してます」

――〈グランドスラム〉以前に、“May I Shoot”と“America”の動画がアップされていました。この2曲ができたことで、新生henrytennisの手ごたえがつかめたわけですか?

「それで言うと、間違いなく“May I Shoot”ですね。綺麗なスケールで、いいメロディーを乗っけたAメロ、変拍子のなかでのギターとサックスのやり合い、おもしろいキメ、やりたいことを全部詰め込もうと思って、この曲を作ったんです。途中でも言ったように、僕はもともとビートルズが大好きで、小学生のときにビートルズの楽曲をひたすらギターで弾いてたんですけど、ビートルズって教科書みたいなもので、ビートルズ通りにやればいくらでも曲は作れるんです。でも、ネオ・ジャズとかを聴くなかで、自分も曲作りの根幹から新しいことをやっていかないとダメだと思った。例えば、コードのDからGを弾けば、開放的で気持ちがいいけど、それをどれだけ逸脱しつつ、ポップネスを残せるか。“May I Shoot”はそういうことを考えまくった曲でもあります」

――“America”に関してはどうですか?

「“America”の三管のオーケストレーションはぜひじっくり聴いてほしいですね。三管でやろうと思った時点で、とにかく三管でハーモニーを作って、分厚いメロディーにしたかったんです。それはいままでのhenrytennisだとできなかったことだけど、この編成ならやれる。“America”はギターと鍵盤もオーケストレーションに混じって、すごくおもしろいものになったなって思います」

――“America”は今回のアルバムのなかでは珍しくシンプルな4つ打ちが基調の曲で、とはいえ初期のテクノ~トランス的なサウンドとは違い、BPMは遅い。その意味でもバンドの変化を象徴する曲だなって。

「確かに、この曲はわざと4つにしたんですけど、その理由は、自分が作ったオーケストレーションがあまりに見事だったから(笑)。これでドラムをトライバルにしちゃうのはダメだなって」

――つまり、オーケストレーションをちゃんと聴かせるために、リズムはあえてシンプルにしたと。そもそも、曲作りってどういう順番なんですか?

「最初に歌もののギター・ソングを作るんです。歌のメロディーはいったん消して、コードだけで曲を作り直し、その後に自分が口ずさんでたメロディーで使えそうなものは使う。つまりは、全部コードありき。『R.U.R.』を作って、〈俺がやりたいのは硬質なロックではないんだな〉となったときも思ったんですけど、やっぱり自分がいちばん大事にしてるのはコードなんですよね」

 

音楽の進化に付与できる何かになりたい

――アルバムの前にミュージック・ビデオがアップされた“Microwaves”に関しては、どんな部分が曲作りのポイントでしたか?

「〈俺がやるミナスはこれ〉みたいな感じですね(笑)。ブラジルの音楽って、音階を大事にしていると思うんですけど、もうひとつ忘れちゃいけないのがやっぱりリズムで、この曲に関しては、リズムの面でブラジルの音楽の影響を受けつつ、いまのジャズを作ってみようと思ったんです。〈こんなのミナスじゃない〉と言う人もいると思うんですけど、あくまで、僕なりのミナスを作ってみようと思ったんですよね」

――ブラジルの音楽はもともとお好きだったんですか?

「アントニオ・ロウレイロの新作(『Livre』)は異常ですよね。最初聴いたとき、一曲目を最後まで聴けなかったですもん。気持ち悪いし、でも劣等感を感じるくらいすごくて、ムカついたし(笑)。もともとは中学のときにカエターノ・ヴェローゾが大好きで、その周辺を漁ってるうちに、トン・ゼとかも聴いたりしてました」

――少年期からディープな音楽リスナーだったんですね。今日のお話を聞くかぎり、この次の作品まで10年はかからなさそうですね(笑)。

「実はすでに新しい曲も作っていて、今度はまたどう変えてやろうかと考えてるんです。作風を毎回変えることで、自分が音楽の進化に付与できているという感触に繋がるので、そこは守りたいなって。自分の音楽を進化させていくというより、音楽の進化に付与できる何かになれればいいなと思っています。音楽で爪痕を残したいとも思ってるんですけど、〈進化に付与する〉ということが〈爪痕を残す〉ということなのかなって」

――henrytennisの初期のキャッチコピーって、〈New Wave Of Progressive Rock〉だったじゃないですか? 当時からジャンルではなく思想を表す言葉だったと思うんですけど、2000年代はそれを音響派に感じていて、2010年代はネオ・ジャズに感じたということだと思うんですね。〈グランドスラム〉にMUSIC FROM THE MARSが出てたり、今度のレコ発にGROUPが出るのも象徴的ですけど、ここには一本の線が確かに繋がっているなと。

「あの言葉自体にはいまでも愛着がありますよ。プログレッシヴ・ロックにしろ、カンタベリーにしろ、王道のポップスやロックとは全然違うじゃないですか? そういうのが好きなんだと思うんですよね。僕の中で〈ポップス〉と〈ポップ〉は全然違って、ポップスは大衆に迎合する音楽だと思うんです。別にそれが嫌いだってわけじゃなくて、いい音楽もたくさんあるけど、あくまで大衆ありき。でも、ポップは言葉の意味通り、湧き立つような気持ちとか、多幸感を大切にした音楽だと思っていて、そこには大衆がいてもいなくてもどちらでもいいんです」

――それでいうと、奥村さんがやりたいのは〈ポップ〉だと。『Freaking Happy』というタイトルにも、多幸感が滲んでますもんね。

「そうですね。自分が能力としてやれるのはポップで、そのために後天的に得たものがコードだと思うから、そのふたつで音楽を作っていきたい。なおかつ、そこに自分の色をちゃんと出して、それが音楽の進歩に繋がるなら本望だっていう考え方なんです」

 


Live Information
henrytennis「3rd album『Freaking Happy』release tour」

2019年4月21日(日)東京・渋谷TSUTAYA O-nest
前売り/当日:2.800円/3,300円
出演:henrytennis/バスクのスポーツ/NETWORKS/Group
DJ:高橋アフィ(TAMTAM)

2019年5月25日(土)京都 GROWLY
前売り/当日:2.500円/3,000円
出演:henrytennis/キツネの嫁入り/融解建築 and more

2019年5月26日(日)大阪・桜川 environment 0g
前売り/当日:2.000円/2,500円
出演:henrytennis/omni sight/AYNIW TEPO

2019年6月8日(土)愛知・名古屋K.D ハポン
前売り/当日:2.500円/3,000円
出演:henrytennis/The Hey Song/fish

 

 

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop