INTERVIEW

韓国のファンク・バンド、スルタン・オブ・ザ・ディスコがSCOOBIE DOとマッチアップ! 日韓エンターテイナー座談会

 

さまざまなインディー・バンドが存在する韓国・弘大(ホンデ)周辺のシーンにあって、ヴィジュアルや音楽性において圧倒的な存在感を放つ、気にせずにはいられない5人組、スルタン・オブ・ザ・ディスコ。2014年に〈グラストンベリー〉や〈サマソニ〉をはじめ、各国のフェスで話題を振り撒いた彼らは、何を意識しているのかが不明な揃いの衣装を纏い、ディスコ・ファンクをベースに韓国産らしい独特のいなたさを滲ませた絶品のサウンドを鳴らす。さらに、もともとダンス・ユニットだというバンドのルーツを残したライヴ・パフォーマンスも最高なわけで……。

そんなスルタンが、昨年11月に韓国・ソウルでSCOOBIE DOと初共演という美しすぎる2マンを実現! 日韓のライヴ巧者による確実に楽しいであろうそのステージに、遠く日本から想いを馳せていた……のだが、まるでそんな気持ちを察してくれたかのように、翌12月に東京でスルタンの来日公演の開催、さらにスクービーのゲスト出演が決定したのである! これはMikikiとしてはスルーできないということで、今回両バンドの対談をオファーさせてもらった。

スルタンからは、ヴォーカリスト/プロデューサー/エンジニア、さらにミュージック・ビデオの製作まで手掛けるナジャム・ス氏と、日本語も堪能なベーシストの氏が、そしてスクービーからはコヤマシュウ氏(ヴォーカル)&リーダーのマツキタイジロウ氏(ギター)にお集まりいただき、韓国での共演時のエピソードやお互いの印象などをいろいろと語ってもらった。

※掲載しているライヴ写真はすべて12月9日に行われた東京・月見ル君想フ公演で撮影

スルタン・オブ・ザ・ディスコの2013年作『The Golden Age』収録曲“의심스러워 (Suspicious) ”

 

――ジさん、すごく日本語が上手ですね。

「『堂本兄弟』とか観て……」

――へ~!

「昔ですけど」

通訳・八幡氏ダウンタウンも知ってましたよ」

※スルタンに加え、チャン・ギハと顔たちヒョゴといった韓国のアクトを日本に招聘しており、今回は特別に通訳を務めてもらった

――ヴァラエティー番組が好き?

「ハイ。映画も」

 

ナジャム・ス「(ジは)オタクー」

一同「ハハハハ(笑)」

――では、始めさせていただきますね。スクービーとスルタンは最初に韓国で2マン・ライヴを行ったわけですが、これはどういうきっかけで?

マツキタイジロウ「もともとドラムのMOBYが韓国へ遊びに行った時、たまたま空中キャンプっていうライヴハウスで八幡さんとお会いしたんですよね」

※ソウル・弘大にあるその名の通りフィッシュマンズを愛するオーナーがいるライヴハウス(兼バー)で、元フィッシュマンズの面々を含め日本のアクトも数多く出演している。スクービーも3月20日(日)に空中キャンプで〈BGBG Records & Kuchu Camp presents Funk-a-lismo!〉を開催。ナジャムがソロで、ジが率いるバンド、パラソルも出演する
http://kuchu-camp.net/
 

八幡「空中キャンプというか、そこらへんの広場みたいなところで知り合いが呑んでて、そこにMOBYさんもいたっていう(笑)」

マツキ「そんな雑な出会いです(笑)。その流れで〈じゃあ韓国で(ライヴを)やらせてください〉という話になったんですよね」

八幡「誰と(対バンを)やるといいかなと考えた時に、スルタンがいいんじゃないかと。スルタンが日本で公演をする話もあったので、2バンドで一緒にやれたらいいかなと思って」

――なるほど。じゃあ実際に共演することが決まって初めてスルタンのことを知った感じですか?

マツキ「そうですね」

――スクービーは初の海外公演になりましたが、やってみていかがでしたか?

マツキ「やるまではね、正直どうなるかなっていう心配が多かったんですけど、やってみたら〈あ、スゲー(音楽が)伝わるな〉と思って。言葉の壁も含めていろいろ心配したけど、全然そんなこと関係なくて、もう〈音楽〉というだけで伝わるんだなと思いましたね。特に、初めてやった韓国でのライヴが、ソウルじゃなくてチェジュ島でのサーキット・イヴェントだったんですが、どんな状況になるのかまったくわからないし、ステージに出た時はバンド結成して初めてライヴをやる、みたいな感覚でした」

コヤマシュウ「うんうん」

マツキ「そういう感じで、4人全員が全力。40歳にもなって、こんなに初心に返っちゃうんだと、自分でも恥ずかしくなるくらい(笑)」

SCOOBIE DOの2016年作『アウェイ』収録曲“アウェイ”

 

――かなりフレッシュな体験だったんですね!

マツキ「(チェジュ島では)お客さんは多くなかったんだけど、(反応は)物凄かった」

――日本であるような、初見だと〈様子見〉みたいな感じではなく。

マツキ「最初からバン!ってきましたね。僕も〈エッ!?〉と思いながら、やればやるほど盛り上がっていった。手応えが凄くて。チェジュ島の翌日はスルタンのソウルでのイヴェントに呼んでもらったんですが、そっちはもうお客さんがいっぱい入っていました。僕らのライヴでもチェジュ島と同じように盛り上がってくれましたね。だって僕らが(スルタンの)前なのにアンコールが起きるんですよ」

――それはスゴイ!

マツキ「アンコールも、よほど良くないとアンコールがかからないということだったので〈おお、そうだったんだ~〉と」

コヤマ「始めから向こう(オーディエンス)が〈楽しませてくれよ!〉という雰囲気なので、それが良かったですね。チェジュ島でのフェスもそうだし、スルタンに呼んでもらったソウルでのライヴもそうなんですけど、音楽を本当に好きな人が足を運んでいて、音楽で楽しむために来たんだよ、今日いちばん楽しいことをしに来てるんだよという人たちに観てもらえたから、俺らSCOOBIE DOのサウンドとわかり合えたのかなっていうのがありますね。音楽が本当に好き、という部分で壁がなかったのが良かったです、とっても」

――事前の心配はなんだったのかというくらい、やりやすい状況で迎えられたんですね。

コヤマ「そうですね。もう歓声が凄かったんですよ。ソウルでスルタンと2マンをやった時は、400人くらい来ていてソールドアウト。俺らのSEが鳴った瞬間にワー!って歓声があがって、〈オイ、どうなってんだ!?〉って(笑)」

――まさかの(笑)。

マツキ「日本でもあんまりないんで」

――アハハ、またまた。

コヤマ「〈スゲーな!〉ってなりましたよ」

――スルタンのファンはもちろんですけど、やっぱりスクービーのことを知っている人も結構いらっしゃったんじゃないですか?

マツキ「あ、いましたね」

コヤマ「チェジュ島では写真をすごい撮ってる男性がいて、その人から〈僕は2002年にもうSCOOBIE DOを知っていて、それからずっとファンだよ〉と言われました。チェジュ島に(スクービーが)来るのを何日か前に知って、〈マジか!〉ってなって、今日家族で来たんだ、みたいな」

――家族で! やっぱりそういう人もいるんですね。

コヤマ「嬉しかった」

――一方でスルタン・オブ・ザ・ディスコは海外公演の経験が豊富だと思うんですが、海外でのライヴで雰囲気に驚いたりしたことはありますか?

ナジャム「韓国で単独公演をやる時は、もちろん自分たちのことを知っているお客さんがほとんどなので、一緒に歌ったり、僕らと同じ振りで踊ってくれたりとか、ある程度予想している反応が返ってきますが、例えば韓国のイヴェントなどに出て、僕たちのことをあまり知らない人たちの前でライヴをする時は、熱狂的な反応というのではなく、ちょっと楽しそうな顔をしてくれたりして、だいたい楽しんでいるな……みたいな、そういう雰囲気になることが多いですね。でも2014年にUKの〈グラストンベリー〉に出演した時は、観にきているお客さんたちは当然僕たちについて一切予備知識がない状態なんだけど、ライヴが始まるやいなや、物凄く熱狂的な反応が返ってきたんです。曲も知らないはずなのに、一緒になってガンガン歌ったり踊ったりしてくれて。フェスの現場は転換もあるので時間的な制限がより厳しいはずなんだけど、お客さんが〈One more song! One more song!〉と声をあげてくれて、結局アンコールまでやることになったんです。その時はめちゃくちゃ楽しかった」

〈グランストンベリー〉出演時のライヴ映像がたっぷり観られます

 

――私は2014年の〈サマソニ〉でスルタンのライヴを初めて観て、ライヴが始まってすぐは人もまばらだったのが、終わる頃には大盛況でしたね。通りすがりの人も思わず足を止めてしまうパフォーマンスのインパクトは群を抜いていたと思います。

ナジャム「あの時は運も良かったんですよ。ちょうどメイン・ステージの転換タイミングだったから、人が流れてきて(笑)」

ナジャム・ス

 

一同「ハハハハ」

コヤマ「運も実力のうち(笑)」

――でも足を止めてくれるかどうかは、パフォーマンス次第ですからね! ところで、スルタンの音楽はシッククール&ザ・ギャングといった70年代のファンクがベースにあると思うんですが、そこに韓国のポップ・ミュージックらしい要素が合わさって独特のサウンドになっているところが独特だなと思います。ご自身ではそういったサウンドを意識的に作っているんですか?

ナジャム「本当は思いっきりルーツに忠実な、オーセンティックなファンクをやりたくて、作っている時もそうしようとしているんです。でも、どうしても韓国人としての要素が出てしまうんですよ。それを否定してるわけではないんですが……」

シックの78年作『C'est Chic』収録曲“Le Freak”

 

――無意識的に出てしまうと。

ナジャム「それはそれで良いことだとは思っていますけどね」

――本当にそうだと思います。スクービーは逆に意識的に日本で鳴らすロックンロールを意識して作ってらっしゃいますが、スルタンの音楽を聴いてどういう印象を持たれましたか?

マツキ「僕もまったく同じように感じていて、〈ディスコ〉という言葉のイメージだけで言うと、いまの時代だと古臭かったり、ちょっとギャグっぽいイメージがあったりするじゃないですか。だけど、スルタンはディスコ、ディスコ・ファンクと謳っているけど、ベタベタなディスコじゃないんですよね。韓国へ行った時も呑みながら話したんですけど、メイヤー・ホーソーンベニー・シングスといった、いわゆるソウル・ミュージックを通過しながらも、自分のフィルターを通して現代のポップスとして鳴らしているアーティストと同列、その韓国代表じゃないかなと思うくらい素晴らしい作曲/アレンジ能力があると思います。ナジャムは歌がめちゃくちゃ上手いし」

スルタン・オブ・ザ・ディスコの2013年作『Golden Age』収録曲“캐러밴 (Caravan)” 〈サマソニ〉を含む、2014年のワールド・ツアーでの映像をまとめている

 

コヤマ「めっちゃイイ声してる」

ナジャム「初めてヴォーカルを褒められました」

コヤマ「ホントに!?」

マツキ「めっちゃ上手いよ」

「バンドを始めた時は、ウチの社長さんが〈ヴォーカル、チェンジしよ〉って」

※スルタン・オブ・ザ・ディスコの所属レーベル、ブンガ・ブンガ・レコードの社長

一同「ハハハハハハ(笑)」

「そう(社長は)言ってたんですけど、メンバーたちが〈ちょっと待って待って〉って……こうなりました」

マツキ「がんばったんだな(笑)。(歌の)練習したの?」

ナジャム「実力はだいぶ上げました」

コヤマ「社長怖いね」

「社長、コワイデス」

スルタン・オブ・ザ・ディスコの2014年のシングル“탱탱볼(Tang Tang Ball) ”

 

マツキ「だから意識せずに出ちゃう韓国ポップスの感覚っていうのが、実は現代的なんじゃないかなと思って。ライヴを観た時もすごく良いと思ったんだけど、その後に彼らのアルバムを聴いたら、より良かったんですよね。これを好きな人は世界中に絶対いるはずだと思いました」

コヤマ「いわゆる〈リヴァイバル・バンド〉といったものではなくて、いま鳴らすソウル・ミュージックになっているんですよね。ソウル・ミュージックが好きで突き詰めてやっていくと、最近は宅録的になっていくものも多い気がするんだけど、でもスルタンはバンドだし、ライヴではお客さんと楽しもうというスタイルでやっている。そもそもソウル・ミュージックはお客さんとのコミュニケーション、コール・アンド・レスポンスみたいなものがあったけど、いまは音楽性の部分での影響はあっても、ライヴをそういう形でやっている人たちは少ないんじゃないかな。でも彼らは同じ振り付けで踊ってみたり、おもしろい話をMCでしているんです。(韓国語だから)俺はひとつもわからないんだけど、みんな笑ってる(笑)」

――そういったライヴのスタイルは、皆さんのルーツになっているクール&ザ・ギャングやアース・ウィンド&ファイアといったバンドのライヴをイメージしているんですか?

ナジャム「(スルタンの)最初期にクール&ザ・ギャングの80年代頭くらいの頃のライヴ映像を観て、一人のメンバーが歌って踊って、さらにホーンも吹いて……みたいな、さまざまなパートを担当する感じにはすごく影響を受けました」

クール&ザ・ギャングの83年のライヴ映像。ナジャムが↑の発言で言っているのはこの時期のことですかね

 

――ライヴではナジャムさんがいちばん忙しそうですよね、歌うし踊るしシンセもいじるし。

ナジャム「最初は(やることを)減らしたいと思っていたんですけど、もう慣れちゃって、いまではそんなにキツイとも思わなくなりました」

――やはりレコーディングとライヴで演奏するのとでは考え方は別ですか?

ナジャム「僕たちのライヴでは、メンバーが生演奏している部分以外に、ハード・ディスク・レコーダーでトラックを流しています。そのトラックの部分も自分たちが録音して作り込んでいるんですけど、そこに生の楽器演奏やヴォーカルなどが乗っている感じ。スタジオ音源をそのままライヴで再現することは(使っている楽器の種類も含めて)ある意味不可能なことだから、そこで表現するものとスタジオ音源とではまったく別のものになっていると思います。ライヴは生きてるものというか。なので、いまのメンバーを増やしたいって気持ちもないです」

「お金(も必要)デスネ」

ナジャム「ライヴでもオーセンティックなものに近付けようとすれば、当然すべて生楽器でやらなきゃいけないんだけど、経済的な制約もあってできないんです」

「韓国ではホーン・セクションをクラシック音楽でなら使うけど、ポップスで使うことがない。(自分たちの楽曲には)ホーン・セクションが必要だけど、(ライヴで)お願いするとなると譜面も必要なので……」

コヤマ「制約もあってこのスタイルになっているんだね。僕は最初に、スルタンのライヴではなく音(楽曲)だけ聴いていて、それもすごくカッコ良かったんだけど、もしかしたらライヴになるとしょぼくなっちゃうのかな……と思っていたんです。でも実際にライヴを観たらまったくそんなことはなくて、〈カッコイイ!〉って思える形で演奏されていた。しかもライヴがすごく楽しくて」

――ところで、スルタンの皆さんもスクービーのことは共演することになって初めて知ったんですよね?

「一緒に(ライヴ)するために、初めて聴きました。YouTubeで20周年アニヴァーサリーって、ビデオ観て、すごいなと思いました。お客さんもいっぱいいるし、ライヴもホントにすごくて、僕はあの、ビビ……って……?」

昨年の東京・日比谷野音公演を収めたライヴDVD「FILM DANCEHALL YAON」は絶賛発売中です

 

一同「アハハハハ」

「なんか緊張してました。YouTubeでいろんなビデオを探して、インタヴューとか、ライヴとか。今回韓国で(スクービーの)LPももらったんですけど、僕が、家に、ターンテーブルがないんですよ」

マツキ「しまった(笑)」

「それでまたYouTubeで(LP収録曲を探して)……」

ナジャム「ミー・トゥー(笑)!」

「韓国でターンテーブルある人はちょっとお金持ち」

――そうなんですか!?

「普通なものじゃないですね。韓国で(スクービーの)ライヴ観た時も、たくさんの人たちが歌を歌った。僕はみんなSCOOBIE DOのファンたちかと思ったんですよ」

ナジャム「ミー・トゥー(笑)!」

一同「アハハハハハ!」

ナジャム「スクービーがいろんな意味で素晴らしかったので、僕たちは委縮しちゃうっていうか、ちょっと緊張しちゃうというのはありましたね」

マツキ「ごめんね(笑)。そんなつもりはなかった」

ナジャム「センパイ、スゴイ、センパイ」

――スルタンが2015年にリリースしたシングルは、わりとヒップホップのテイストが入っているものもありましたが、最近はそういうモードなんですか?

スルタン・オブ・ザ・ディスコの2015年のシングル“웨ㅔㅔㅔㅔ”

 

ナジャム「そういう試みもやってるんですけど、次のアルバムではなくなると思います。もっとレトロな方向でやろうかなと。アイザック・ヘイズとかスタイリスティックスのスタイルで」

――へぇ~

コヤマ「楽しみですね」

ナジャム「60年代、70年代のアメリカのTVシリーズ、スパイものをイメージしていて」

マツキ「へぇ~それはいいね! 目の付けどころがいい」

――新しいアルバムはいつ頃聴けそうですか?

ナジャム「今年の下半期の終わりくらい」

スルタン・オブ・ザ・ディスコの2016年のシングル“니온 라이트 (Neon Light) ” どうした!?というくらいアーバンなスロウ

 

――秋頃ですかね、楽しみです! ところで全然関係ないんですが、これまでステージ上のサングラスをしている姿しか見たことがなかったので、スルタンのメンバーは(かなり失礼ですが)そんなに若くもないのかなと思っていたんですけど、素顔を見るとお肌がツルツルですごくお若く見えますね(笑)。

「僕は日本の歳で28歳です」

※韓国での年齢は、日本のように満年齢ではなく数え年でカウントする。つまり生まれた時に1歳になる

ナジャム「僕は31」

「(ナジャムの頭を撫でながら)髪が……」

――余計なことを言わなくていいです(笑)。

ナジャム「(日本語で話しているので意味がわからず、キョロキョロしながら)ニホンゴベンキョウシマス」

――いやいや、だいぶイイ感じですよ。ライヴのMCでも喋ってましたもんね。

ナジャム「チョット喋った」

――スクービーとスルタンのメンバー同士、コミュニケーションはかなり取っているみたいですね。

コヤマ「ソウルでのライヴが終わった後に、打ち上げでいろいろ話しました。その翌日にはジくんが車で(ソウル市内の)いろんな所に連れてってくれて」

「市場で海苔買ったり」

――海苔!

マツキ「それがすごく美味しかったんですよ」

コヤマ「これまで食べたなかでいちばん美味しかった。いわゆる観光的なところじゃないところに連れてってくれたんですよ。カルグクス(細いうどんみたいな麺料理、優しいお味)とか、ジくんが普段食べている美味しいものを食べさせてくれて」

――それはいいですね!

コヤマ「あとお米のジュースみたいな」

――あ、シッケ。

コヤマ「全部美味しかったですよ。だからそのソウルでの2日間でとっても仲良くなったつもりではいるんです、僕らは。仲間だと思っています」

――じゃあまた今後も何かに繋がるといいですね!

「ボク、SCOOBIE DOさんのスケジュール見たんですけど、(ライヴの本数が)スゴイ」

コヤマ「ライヴしかしてない」

――日本を代表するライヴ・バンドなので。

「僕たちはないんですね、スケジュール」

一同「ハハハハハハ!」

コヤマ「アレ?」

 

~取材を終えて~

スルタンのライヴ・スケジュールがないというのは、〈スクービーほどはない〉というだけであって……と妙なフォローをしてみたけど、それは事実! この東京公演の後に、恒例のソウルでの単独イヴェントが開催されたし、おそらく現在は来るニュー・アルバムに向けての制作に入っていると思われる。ちなみに取材に対応してくれたナジャムとジはスルタン以外の活動もがっつりしており、ナジャムは先日久々にハイエナジーなソロ・シングル“Max Love”をリリースしたばかりだし、ジも自身がヴォーカルも取るパラソルというスルタンとはまったく音楽性が異なるメロウなポップ・バンドを率いているので、そちらもぜひチェックしてほしい。

ナジャム・スの2016年のシングル“Max Love”。同曲を紹介したMikiki記事はこちら

 

パラソルの2015年作『언젠가 그 날이 오면 (いつかその日が来ると) 』”収録曲“Your posture(너의 자세) ”

 

この取材後に行われたライヴは、両バンドともグウの音も出ないほどの圧倒的なパフォーマンスを観せてくれた。スクービーは言うに及ばずの盤石のステージで、スルタン目当てで足を運んだであろう初見のお客さんも魅了していたし、スルタンはライヴ写真を見ての通りの謎すぎるガウン姿でバッキバキのダンスと演奏を披露し、ナジャムによる日本語MCも実に滑らかでイイ感じだった。見た目からイロモノ的に感じる人がいるかもしれないけれど、サウンドのクォリティーは本当に素晴らしいので、そんな謎のヴィジュアルと共に楽しんでみて!

タグ
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop