INTERVIEW

9人の井出ちよのと高校生活を疑似体験! ちよの&プロデューサー石田彰に訊く、3776よりアイドルらしい初ソロ・アルバム

井出ちよの『もうすぐ高校生活』

Page 2 / 2

ソロになった井出ちよののほうが〈演じている〉

――石田さん的には、よりポップス然としたものをやりたいというのはあったんですよね。

石田「今回、こういうのをやるためにアイドルの曲をむちゃくちゃ参考にしたんですよ。これまでそういうのを参考にすることはほとんどしたことなかったんですけど、今回はなるべく自分の色をなくしたくて。でも、そこまでがんばっても出ちゃうんですね」

ちよの「ギャル子(“ギャル子大ピンチ!”)とかイケメン女子(“授業は今日も”)は違うけど、スポーツ女子(“部活引退の次にすること”)は残ってるなって」

――先のふたつは別の作家さんですけど、“部活引退の次にすること”は編曲が石田さんですもんね。この9人のヴァリエーションは誰が考えたんですか?

ちよの「私が考えました」

石田「〈高校生を9つにカテゴライズするならどういう女子になる?〉って訊いたら……」

ちよの「こうなりました」

石田「(井出の9種類の写真を見ながら)模範的女子はちよのが考えていたのと違うんだよね」

ちよの「目立ちもせず、地味でもなく、スクール・カーストで言うと2軍の真ん中みたいな人。平均的な人というイメージだったんですけど、これだと学校の目標とする模範みたいな感じなんですよね」

石田「ちよのが言う平均は、これ(アルバムのジャケットを指差す)?」

『もうすぐ高校生活』ジャケット写真
 

ちよの「これだとまだ清楚すぎるから、これを着崩しはじめてちょっとグレたくらいのが良かった」

――軽くグレるくらいが模範(笑)。この9つが井出さんが考える女子高生ということですよね。

ちよの「みんなどれかには当てはまると思います」

石田「〈もうすぐ高校生活〉というコンセプトだけあって、最初はリアルにちよのが高校生になってこういう生活をして、普通に恋愛をして……っていうふうに、だんだん成長していくストーリーにするのもいいかなと思っていたんですよ。でも〈全然想像ができない〉と言うから、こういう9パターン考えるという形に落ち着きました」

――想像できなかったんですね。

ちよの「全っ然」

石田「高校に入って無限の可能性にワクワク、みたいなこともなかった。なんかしょうもない、宝くじが当たって……みたいな」

ちよの「しょうもなくないですよ! 宝くじじゃなくて、カジノで勝って億万長者になってクラスのトップになる、と」

石田「まったくリアリティーがない話しか出てこないんですよ。〈部活に入るとしたら?〉と訊いてもやったことがあるものしか出てこないし」

ちよの「チアに美術部、帰宅部」

――3つしか出てこなかった(笑)。それで女子を9つにカテゴリー分けする方法を採ったと。制作はそれぞれのカテゴリーに合った楽曲を用意していった感じなんでしょうか?

石田「途中で変えたりもしています。たとえばユーロビートっぽいのはギャル子の曲ですけど、もともと別の女子用の曲でしたし」

――ある程度あがってから割り振っていった。

石田「だから9曲が落ち着くまですごくハードでした。8月15日のライヴで披露しないといけないし、(この日に予告なしで販売した)アナログ用の曲はもっと早くあげないといけなかったので、正直、〈もうこれでいいや〉みたいなのもあったし」

※東京・新宿LOFTで行われた3776のワンマン・ライヴ〈盆と3776が一緒に来るよ!〉

――ひどい(笑)。

ちよの「ええ~! どの曲だろう?」

井出が参加した柴山一幸の2016年作『Fly Fly Fly』収録曲“That's the way”
 

――ふたりともびっくりさせたいという気持ちがすごく強い人だと思うんですけど、それにしてもいろいろと無理しすぎという。

石田「そうですね。でも、ちよのはそんな大変じゃないでしょ?」

――どう考えても準備が大変だと思いますよ!

ちよの「そうだそうだ! 歌も難しいし。〈放課後バイト女子〉の“台風一過”という曲は最初はキーが高くて歌うのが大変だったんですよ」

――井出さん的にはキャラを分けているんですよね。

ちよの「ライヴは余裕がなくなるのでいつも通りになるんですけど、録音中はそう思っていました。何となくですけどね」

石田「まず、3776と井出ちよのでちょっと変えようというのがあるんだよね」

ちよの「それもあります。たとえば小動物系女子だったらキャピキャピした声で。3776とは結構違いますね」

石田「3776は地でやっているのに、逆にソロの井出ちよののほうが演じているという」

ちよの「確かに。3776のほうが暗くて、こっちのほうがディスク上はテンションが高い」

――石田さんがクレジットされている曲で言うと、“ハートの五線譜”が印象的でした。ストリングス使いが特徴的ですよね。

石田「ほとんどストリングスだけみたいなのが1曲くらいあってもいいかなと。ももクロの曲で一夫多妻の人が作ったやつがあって」

――清竜人さん作曲の“デモンストレーション”(ももいろクローバーZの2016年作『AMARANTHUS』収録)。

石田「はい。あのストリングス部分を参考にした感じです。今回は元ネタみたいなのが結構ありますね」

――〈普通のアイドル・ソング〉がテーマですもんね。

石田「だから漠然とAKB48っぽいものを入れたいというのがあったんですけど、そこはできなかったんです。音の感じも真似しようと思ったんですが、好きじゃない部分まで真似するのもなって。AKBみたいにしたいと思ったのは“カードリーダー”とか」

ちよの「ええ~! 全然違う(笑)」

石田「結局そうならなかったんだって。“ギャル子大ピンチ!”は〈“未確認中学生X”っぽくして〉とお願いしたりはしました」

私立恵比寿中学の2015年作『金八』収録曲“未確認中学生X”
 

ちよの「その曲知ってる!」

石田「“ラジオネーム”は宮村優子の“Mama told me”(98年作『産休 (Thank You)
』収録)風だったり。小西康陽さんの曲なんですよね」

――作詞・作曲・編曲が宮村康陽という、とってつけたようなペンネームで(笑)。

石田「パクリって言われるかな……」

――ユーモアと愛情があればOKじゃないですか。大体何かは何かのパクリだったりしますし。

石田「そういえば、ちよのから〈ベルハー(BELLRING少女ハート)っぽい曲を作って〉と言われたことがあって。大阪であった南波さんたちのイヴェントで、ベルハーと一緒に出たときに、ベルハーみたいな曲をやったらパクリと言われちゃうんじゃないか、というようなことを言ったら、ご本人から〈私たちもパクリだから大丈夫〉と言われましたね(笑)。今回はamiinAでもベースを弾いてる伊藤健太(元ゲントウキ)に弾いてもらっている曲もあって、実際、ちよのから〈amiinA〉みたいと言われたりもしました」

BELLRING少女ハートの2015年のEP『13 WEEKS LATER EP』収録曲“GIGABITE”
 

――ともかく、井出ちよの名義では実験的な要素が少なめのポップスがまとめて聴けるというのが新鮮でした。むしろそれが実験的な気もしますが(笑)。

石田「確かにそこは排除したかったですね。3776的なものというか。その呪縛からも逃れられるというのもありますし」

――ある意味ライトな感じというか。

石田「やりすぎるのではなく。それは本当にそうですね。3776もそうですが、よくわからないところを残しておいたほうが、自分(の力)以上のものが生まれるとは思っていて。今回はよくわからないところをかなり残してるんですよ。本当にいい曲かわからないけどいいや、みたいな。いいアレンジかどうかもわからないけど、投げてみたら〈いい曲ですね〉と言われたり(笑)」

――これから井出ちよのの曲をどんどんライヴで歌っていきたい、というのはあるんですか?

ちよの「結構気に入っているので、いいと思います。3776に比べたら歌うのが全然楽ですし(笑)、別のファンが集まれば一石二鳥。ドルドルしたのが好きな人がソロのほうで集まって、それから3776の存在も知って、両方のファンになっちゃうのがいいですね」

石田「それが理想だけど」

ちよの「(声色を変えて)アイドルアイドルしたいと思います!」

――ちなみに自分が高校生になったらどのカテゴリーに分類されると思います?

ちよの「たぶん、もとの模範的女子+サブカルかな?」

――スクール・カーストの真ん中くらい。

ちよの「そのちょっと上かちょっと下。いまがそのくらいなので。中1~2のときは上の三角形にいたと思うんですけど、徐々に下がっていきました。私が変わらなくても、クラスの編成で変わるじゃないですか。パリピ系がいるとやっぱり自分は下がるから」

――パリピ系は上なんだ。

ちよの「パリピ系っていらん友達が多いので。いらん友達が付いていくから、普通に平和に暮らしている人たちは何もしなくても下がっていっちゃうんです」

――いらん友達(笑)。パリピ系との交流はない?

ちよの「そっち系とも仲良くできますし、下の……底辺?」

――底辺!

ちよの「そっちの人とも仲良く話せますよ。いろんな関係を作っています。でも小動物系は、私は嫌いです」

――でも男子にはモテますよ。

ちよの「勝手にしてろって感じです。このカテゴリーの人たち、大体嫌いかも(笑)。こういうのって嫌いな人のほうがすぐに思いつくじゃないですか」

石田「クラスを見渡しても嫌いな人のほうが多いんでしょ?」

ちよの「3分の2は嫌いですから」

――急に毒づいてきましたが(笑)、とりあえずこれから受験期間に突入して活動ペースが控えめになると。そして3776については人数含めどうなるかわからない状態。

石田「全然わからない。無の感じです」

――井出ちよの名義が発展していく可能性は?

ちよの「#(シーズン)2と#3をやっていた感じがちょうどいいかなとは思います。せっかくここまでやったから、もったいない」

※3776は一時期、複数人による#2と井出のソロ#3の活動が並行して行われていた

石田「さっき言ったように、自分もこのアルバムの曲の良さがよくわからないから、ちよのがいいと思って、これからもやりたいと思ってくれるのは嬉しいですね。ほっとした」

ちよの「え! 人に(楽曲を)作ってもらっておいて、良さがわからないとか言ってる! ひどい人ですね!」

 


3776メンバー募集要項

【応募資格】小学校高学年くらい~高校生くらいまでの女子。経験不問。

【応募締切】2016年10月31日まで(郵送の場合消印有効)

【メールでの応募先】info@m3776.com(件名を「3776新メンバー応募」にして下さい)

【郵送での応募先】〒150-0046 東京都渋谷区松濤2丁目11-11 2階 オトトイ株式会社 3776新メンバー募集係

★詳細はこちら

イヴェント情報

井出ちよのが本格的に高校受験休みに入る前に、2016年12月までは地元・富士宮元気広場を中心にライヴ活動中!

★詳細はこちら

タグ
関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop