SERIES

【Crossfaith World Tour Diaries】第12回 俺たちはいつだって1000%! 故郷・大阪での初作完全再現ライヴなど、結成10周年目の日本ツアーを振り返る

世界を飛び回るCrossfaithのツアーなどの模様をメンバーみずからレポート!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.07.14

皆さんこんにちは! 今回のWorld Tour DiariesはわたくしTatsuyaが書かせてもらいます。っと始まる前に一つ報告っ! 俺たちCrossfaithは今年で結成して10周年になりました!!!!!

自分たちが高校生だった頃に結成したCrossfaith。バンドで世界中ツアーしてビッグになりたい! Rockしたい!と夢みてシンプルな野望から生まれたこのバンド。そして実際に日本も含め世界中でツアーができるようになったり、たくさんのフェスティバルに出演できるようになったり、一つ一つ抱いていた夢を叶えていき、その先に浮かぶ新たな夢や目標に向かっているけれども、まだまだ今は旅の途中。これからはさらに勢いを増して突き進んでいきます!

結成10周年ということで先ずは母国の日本でワンマン・ツアーを行います! そこで今まで、そしてこれからの自分たちをタップリと表現できたらと思っています。昔から応援してくれている人、最近好きになってくれた人も是非この日を体感しに来てください!

 

ではでは〈World Tour Diaries〉始めましょうー!

前回の続きからとなると少し遡ることになりますが、2016年の9月から行った〈New Age Warriors Japan Tour 2016〉になりますね。実は日本のツアーでこれだけの数をまわったのは初めてでした。(そうなんです、、実はめちゃくちゃガッツリ日本でツアーしたことなかったのです。。)

というのも、ここ数年ずっと海外ツアーが多かったからです。でもその海外ツアーのおかげで俺たちのサウンド、パフォーマンスはより磨かれたんだけどね! ただそれでは日本にも待ってくれている人がいるのにLIVEが見せられないではないかと、、じゃあここいらで今まで行ったことがなかった、たくさんまわるJapan Tourをやってみようじゃないか!というのが最初のキッカケで、決行することになりました。

このツアーではシングル『New Age Warriors』を引っさげてのツアーだったので、このシングルに込められたポジティブで前向きなメッセージ、自分たちも切り開いていくぞ! また新たに攻めていくぞ!っという気持ちをより色濃くしたLIVEになっていたと思います。

そしてこの〈NAW〉のシングルには豪華なリミキサーを迎えたRemixシングルも配信限定でリリースされているので、まだ聴いていない人は是非この機会にチェックしてくださいね!

Crossfaith New Age Warriors Remix ARIOLA JAPAN(2017)

ということでツアーの話に戻りますが、

実際にまわってみて、やっぱり日本のファンのエネルギーは全然海外に負けていないなと再認識しました! 俺たちがどういうLIVEを表現したいのかを感じようとしてくれる気持ちや、音に正直に反応するモッシュピット。俺たちはいつだって1000%やけど、オーディエンスのエネルギーも溢れればさらにブッとんだLIVEができる。だからこのツアーでも毎晩めちゃくちゃ熱いLIVEが出来た! それに対バンには仲間のバンドや初めて対バンするバンドも迎えていたので、日本のバンドならではの、海外ツアーじゃもらえない刺激もあって凄く良い経験ができました。そしてやっぱり日本のご飯は美味しさもそうやけど、味の深みを大切にしているな〜とこれも再認識。

 

そして日本でツアーしてて時々思うのが、海外に行く機会が増えていく程に、日本は母国ではあるけれど、ツアーをする中では一つの〈国〉として、少し違った角度から日本を感じることができるようになった気がします。でもそれは海外に頻繁に行くようになってから気付けた部分というのか、俺たちだからこそそれを感じることができて、そしてそれを自分たちのLIVE、音楽、メッセージでも表現することができるから、その環境にいれるのは凄くおもしろいというのも再認識というか、前よりも強く感じるようになりましたね。俺たちはフューチャリスティックとか未来的なもの、新しさを追求するのが好きだし、日本人として海外でステージに立つ上でもこのジャパン・ツアーは大きな経験の一つになったと思う。

このツアーでは全国27か所をまわった訳ですが、そのうちの一か所には自分たちのホームタウンの大阪は堺東のGoithでワンマン・ショウを行いました。実はこのライヴハウス、約10年前に初めてcoldrainと対バンして出会った場所でもあります。当時は5バンドぐらい出演していたけどフロアに居たお客さん20人ぐらいだったような。。(苦笑、でもそれも一つの良い経験)

そんな思い出深さもあってこの日だけは1stアルバムを完全再現することに!

待ってましたと言わんばかりの熱いキッズの反応も嬉しかったし、この日はいろいろと昔を思い出させてくれた、いいLIVEでした!

そしてフルスロットルでやり遂げたツアーを終えた後には、そのヴァイブスのまま〈KNOTFEST JAPAN 2016〉〈AIR JAM 2016〉そして〈MERRY ROCK PARADE 2016〉とフェスのステージで暴れてきました。

 

2016年のフェス祭りで年を越し、2017年へ。

1月からは〈New Age Warriors Japan Tour Final Series〉ワンマン・ショウの幕開け!

名古屋、大阪、福岡、北海道とまわり、〈Final Series〉のファイナルは幕張メッセ・イベントホールで。去年の9月から始まったこのツアーを経てメンバー全員のボルテージもMAX! 今Crossfaithが見せたいショウを最大限に表現したツアーだった。

ファイナルの幕張ではずっと昔からやりたかった、一つの映画のようなLIVE構成や照明、ステージセット、ロングセットだからこそプレイできた曲もあり、自分たちにとって一つ大きなショウを作れたという達成感がありました。

 

それにようやくやりたかった演出もできて、よりこれからのネクスト・ステップへ繋げることができたと思う! それにこの幕張でのLIVEは、、、、

DVD/Blu-ray化が決定しています!!!!!

あの演出やあの曲、これは観に来てくれた人も来れなかった人も、是非手にとって大画面&爆音で観てほしいです。

っと少し遡りましたが、今回は日本ツアーのダイアリーでした!

それでは皆さんまたライブ会場でお会いしましょう!!

 

PROFILE:Crossfaith


Kenta Koie(ヴォーカル)、Terufumi Tamano(プログラム/ヴィジョン)、Kazuki Takemura(ギター)、Hiroki Ikegawa(ベース)、Tatsuya Amano(ドラムス)から成る5人組。2006年に結成。2009年に初アルバム『The Artificial theory for the Dramatic Beauty』を発表。翌2010年には初作がヨーロッパでリリースされ、海外デビューを果たす。2011年にヨーロッパに続きUSでも発表することになる2作目『The Dream, The Space』を完成。アジア圏をはじめヨーロッパやUSなどでのツアーやフェス出演も精力的に行うようになる。そして2012年にミニ作『ZION EP』を、2013年には世界デビュー盤となる3作目『APOCALYZE』をリリース。2014年には世界を股に掛けた活動の充実ぶりに拍車がかかり、 メジャー・デビュー・シングル“MADNESS”を発表。2015年に入ると日本国内での初ワンマン・ツアーを開催したほか、メジャー初作『XENO』をリリース。さらに初の映像作品「LIVE IN UNITED KINGDOM AT LONDON KOKO」、「ACROSS THE FUTURE ~The Beginning~ すべての始まり」を相次いで発表した。2016年にはSiMとのコラボ・シングル “GET iT OUT”、『New Age Warriors』をリリース。そして2017年は2月に日本7か所を回る〈New Age Warriors Japan Tour - Final Series One Man Shows〉を開催した。今夏にはニュー・シングル“FREEDOM”、前述した2月のツアーの最終公演の模様を収録した「LIVE IN JAPAN -AT MAKUHARIMESSE-」のリリースを控え、秋には結成10周年を記念した全国ツアーも開催予定!

★8月2日(水)にリリースされるニュー・シングル“FREEDOM”特設サイトはこちら

8月2日(水)にリリースされる「LIVE IN JAPAN -AT MAKUHARIMESSE-」トレイラー

 

関連アーティスト