INTERVIEW

謎多きヤング・ファーザーズの音楽に迫る! 「トレインスポッティング」でも話題のグループを識者2人が読み解く

Photo by Julia Noni
 

スコットランド、エディンバラを拠点に置くヤング・ファーザーズは、リベリア移民のアロイシャス・マサコイ、ナイジェリア系のケイアス・バンコール、そしてエディンバラのドライロー出身のグラハム・“G”・ヘイスティングスからなる3人組だ。彼らが約3年ぶりとなるニュー・アルバム『Cocoa Sugar』をリリースした。

2011年から2013年にかけて2つのミックステープを発表したのち、ビッグ・ダダからリリースしたデビュー作『Dead』(2014年)でマーキュリー・プライズを獲得。本作はきわめてポリティカルなメッセージを掲げた『White Men Are Black Men Too』(2015年)に続く3作目で、ビッグ・ダダの親レーベルであるニンジャ・チューンへの移籍作となっている。

作品のリリースとしては若干のブランクを挟んだが、ヤング・ファーザーズの活動は停滞していたわけではない。トリップ・ホップというアート・フォームを生んだ、まさに彼らの親的な存在であるマッシヴ・アタックとは日本公演を含むツアーを回り、EP『Ritual Spirit』で“Voodoo In My Blood”を共作。さらに、ダニー・ボイル監督直々の指名で映画「T2 トレインスポッティング」に新曲“Only God Knows”を提供。まさしく大躍進を遂げている。

しかし、〈ヤング・ファーザーズ〉と聞いて、あなたはいったいどんなサウンドを思い浮かべるだろうか? そのサウンドのイメージはいまいち焦点を結ばないのではないだろうか? 〈サイケデリック・ヒップホップ〉〈オルタナティヴ・ヒップホップ〉〈エクスペリメンタル・ラップ〉……彼らの音楽に対しては様々な表現がなされるが、いくら既存のジャンルをあてはめようとしても据わりが悪い。そこで今回は、近藤真弥と天井潤之介という2人の音楽ライターにヤング・ファーザーズを多角的に語ってもらい、その対話から彼らの実像を浮き彫りにしようと試みた。サウンド、歌詞、過去の音楽やカルチャーとの繋がり……多岐に及んだテーマから〈あなたにとってのヤング・ファーザーズ〉を掴み取っていただければ幸いだ。 *Mikiki編集部

YOUNG FATHERS Cocoa Sugar Ninja Tune/BEAT(2018)

UKベース、ヒップホップ、チルウェイヴ――様々な文脈で聴けるヤング・ファーザーズ

近藤真弥「僕がヤング・ファーザーズを初めて聴いたのは、2010年に彼らがリリースした“Dancing Mantaray”という曲です。当時はいまほど複雑な音楽をやっていなくて、この曲もヘヴィーな低音が印象的なので、ベース・ミュージックやグライムの文脈で聴いてました」

天井潤之介「僕は2014年の『Dead』がマーキュリー・プライズを獲得したと知ってから聴き始めました。ただ、賞うんぬんよりも、アンチコンからリリースしていたことに引っかかったんですね。それで『Dead』を聴いたんだけど、『Dead』以上に惹かれたのは『Tape One』と『Tape Two』でした。彼らはデビュー当時、〈psychedelic hip-hop electro boy band〉と自ら称していたわけだけど、まさにアンチコンがいちばん盛り上がっていた2000年代後半のサイケで折衷的なレーベル・カラーを継承していたというか。

あとはパンダ・ベアとか少し前のブルックリン勢――アニマル・コレクティヴの出身はボルチモアですが――を連想させるところもあって。2010年代になって、いわゆるUSインディーが失いつつあった良質さみたいなものが彼らには感じられて、それもスコットランドのエディンバラから、しかもこのタイミングで?という驚きがあったんです。だから、近藤さんのようにUKのベース・ミュージックやグライムではなく、僕はUSシーンの文脈で聴いてましたね」

『Cocoa Sugar』収録曲“In My View”
 

近藤「アンチコンから出たのって、90年代にモ・ワックスがDJシャドウをフックアップしたことも少なからず影響してるのかな? DJシャドウはアメリカ西海岸のヒップホップ・シーンの人で、そのDJシャドウのアルバムをイギリスのモ・ワックスがリリースした。それがキッカケで、アメリカ西海岸のヒップホップのエッセンスを育む土壌がイギリスに作られ、そこからヤング・ファーザーズが出てきて、アンチコンがまたアメリカに持ち込んだみたいな。僕は正直、そこに明確な繋がりは見出せないけれど、長年アンチコン周辺を追っている人からすると、何かしらの流れを感じるのかもしれませんね」

天井「アンチコン周辺で言えば、サトルや13&ゴッドあたりとサウンドのフォーマットは似てるけど、ヤング・ファーザーズをフックアップした当時のアンチコンで引きが強かったのって、たぶんバスのほうだったと思うんですよね。バスはUSのチルウェイヴやインディーR&B、ヒプナゴジック・ポップと呼ばれるあたりから出てきたわけだけど、それに対してヤング・ファーザーズはそうした登場の背景や文脈が見えづらかったというか、どういう経緯であそこまでのプロップスを集めるに至ったのか、最初は正直読めないところがありました」

近藤「ちなみに、今回の対談に向けてヤング・ファーザーズのベスト・ソングを5曲選んでほしいというお願いがあったので選んできました。僕は“Dancing Mantaray”“I Heard”“Old Rock N Roll”“Only God Knows”“In My View”です。ベース・ミュージックの文脈で聴いてたから、低音が印象的な曲が多くなりましたね」

天井「僕は初期に偏っちゃったけど、“Freefalling”“Queen Is Dead”“Rain Or Shine”“Only God Knows”。そして最新作の『Cocoa Sugar』から、スーサイドの影響が窺える“Turn”。やっぱ、こうした曲のセレクトにはヤング・ファーザーズのどこを聴いているのかが出ますよね」

 

〈説明が難しい〉と言われるヤング・ファーザーズの音楽の正体とは?

近藤「ヤング・ファーザーズの音楽は折衷的すぎて説明が難しいとよく言われるけど、その折衷性は2000年代前半のNYポスト・パンク・シーンにあった文脈や国を跨ぐボーダレスな感性が受け継がれた結果だと思っています。それこそ、『僕らは自分たちの好きなものすべてを採り込もうとしている』と語った、かつてのライアーズみたいな。

でも、この感性はヒップホップ的とも解釈できますよね。ヒップホップは音楽をひとつの素材として捉える側面が強いじゃないですか。だからこそ、スクラッチやブレイクビーツといった手法も出てきたし、サンプリング技術に基づく形で発展してきた。そういうヒップホップ的な考え方の到達点がヤング・ファーザーズの音楽とも言える。そう考えると、多くの人たちが彼らの音楽を〈ヒップホップ〉と形容したのもわかります。彼らは〈ヒップホップ・バンド〉と言われるのは嫌みたいですけどね」

天井「『Dead』まではビートが前面に出ていて、ヒップホップのフォーマットが軸になっています。次の『White Men Are Black Men Too』からは、もっとテクスチャー寄りというか、作り方を変えてきましたよね」

近藤「ちなみに、天井さんがヤング・ファーザーズの作品でいちばん好きなのはなんですか?」

天井「『Tape Two』かな。繰り返しになるけど、彼らのサウンドが纏っていた2000年代のUSインディー・ミュージックの豊かさみたいなところに、まず自分は惹かれたところが大きかったので。それと、まさに多様性や折衷的ということで言えば、ヤング・ファーザーズはTVオン・ザ・レディオとのアナロジーで語れるところもあると思うんですよね。ヒップホップやソウルやR&Bとポスト・パンクが溶け合ったサウンドのフォルムも似ているし、TVオン・ザ・レディオはヤング・ファーザーズ同様にメンバーの構成的にも多様性を体現したようなところがあります」

TVオン・ザ・レディオの2006年作『Return To Cookie Mountain』収録曲“Wolf Like Me”
 

近藤「2000年代のNYロック・シーンについて書かれたリジー・グッドマンの『Meet Me In The Bathroom』が話題を集めたりと、2000年代のポップ・ミュージックを振り返る流れもありますけど、その流れともヤング・ファーザーズは共振できそうですね」

天井「5月にLAでやるヤー・ヤー・ヤーズとLCDサウンドシステムのライヴにも前座で出ますからね」

近藤「さっき言った2000年代前半のNYポスト・パンク・シーンの折衷性って、音楽の範囲におけるものだったと思うんです。ヤング・ファーザーズはもっとその範囲を広げて、宗教や政治なども取り込んでいきましたよね」

天井「TVオン・ザ・レディオが出てきた頃のニューヨークって、もちろん9.11以降のアクチュアルな動きもあったわけだけど、一方で政治性から離れていこうとする、それこそサイケの逃避主義的なところがあった。そこがヤング・ファーザーズとは違いますよね」

近藤「ええ。2000年代の文脈で言うならば、ヤング・ファーザーズはDFA周辺のディスコ・パンクに近い。パンク精神もありますし」

天井「当時のディスコ・パンクはハードコア・パンクがルーツのバンドが多かったし、それこそ!!!の“Me And Giuliani Down By The School Yard(A True Story)”みたいに明確な政治性を持った曲もあります」

近藤「そうですね。僕がヤング・ファーザーズで好きな作品は『White Men Are Black Men Too』なんですよ。端正で聴きやすいという点では『Cocoa Sugar』がいちばんだけど、その聴きやすさがありつつ、ヤング・ファーザーズのラディカルな部分も前面に出ているのが理由です。でも、『White Men Are Black Men Too』はあまり評価が高くないんですよね。ピッチフォークの点数もいまいち

天井「そもそもピッチフォークはヤング・ファーザーズをあまり評価してないですよね。それはたぶん、さっき言った2000年代的なもののフォロワーと見做されていたというか、そうしたところに対する拒否感みたいなものもあって、目新しさを感じなかったのかもしれない」

近藤「一方で、ヴィンス・ステイプルズの『Big Fish Theory』は高く評価するじゃないですか。『Cocoa Sugar』は特にそうけど、ヴィンス・ステイプルズとヤング・ファーザーズの音楽性ってけっこう近いと思うんです。それなのに、なんでヤング・ファーザーズには冷たいんだろうなあとはよく思います(笑)。イギリスでの評価は高いんですけどね。それは国内情勢と絡めた視点で解釈できるからかもしれないけど」

天井「イギリスの人たちにすればヤング・ファーザーズの音楽はリアルなんだろうね。そこがアメリカとの温度差がある部分なのかもしれない」

ヴィンス・ステイプルズの2017年作『Big Fish Theory』収録曲“Big Fish”
 

 

ジャンルに囚われていないからこそ面白い新作『Cocoa Sugar』

近藤「対談のお話をいただいてから、どの角度から『Cocoa Sugar』のサウンドを語ろうか考えていましたけど、かなり迷いました。これまでの作品もそうですけど、ヤング・ファーザーズは特定のスタイルやジャンルに依存してこなかった。これが軸だ!というのが明確じゃないんです。

MTVのインタヴューでも『何かのジャンルに惚れ込んだり、自分たちのルーツにこだわったりするのではなくて、アイデンティティーは自分たちのなかにあるという態度でいる』と語ってますよね。なので、レーベルからすれば売りにくいのかもしれないけど(笑)、ジャンルやスタイルに囚われてないからこそ『Cocoa Sugar』は面白いんだよってのは伝えたいですね」

天井「そうですね。『Cocoa Sugar』は聴いていて楽しいアルバムだと思います。ただ、ジャンルやスタイルということで言うと、彼らはいろいろと聴いてはいるんだけど、影響を受けたり参照したりした音楽については明かしたがらない(笑)、そういうタイプですよね」

近藤「そこは様々な要素を自由に接続するという意味で、自分たちのことを〈ポップ・ミュージック・グループ〉とする姿勢とも関係していると思います。特定のスタイルに縛られたくないというか。そのうえで言うと、僕がいちばん惹かれたのは11曲目の“Toy”です。シャンガーン・エレクトロに通じるチージーなビートが面白いんですよね」

『Cocoa Sugar』収録曲“Toy”
 

天井「先の話にも出ましたが、デヴィッド・シーテックと一緒に作った“Turn”のベースラインがスーサイドの“Ghost Rider”を思わせるところがあります。オフィシャル・インタヴューをやる機会があったので訊いてみたら、図星だったみたい(笑)。スーサイド的な要素は『Tape One』『Tape Two』にも見出せるけど、彼らの意識としては『Cocoa Sugar』で初めて出たという感じらしいです。いま、シャネルのCMでもスーサイドが流れてるけど、本格的に再評価の波が来てるのかも。

UKでもそのあたりのポスト・パンク的なモードがトレンド化しているところがあって、キング・クルールやマウント・キンビーもそうだし、あとはロンドンのフォーメーションもそうですよね。だから、『Cocoa Sugar』にはいろんなリスナーにとって何かしら引っかかる曲が1曲はあると思うんですよ。アルバムとしては売りにくいのかもしれないけど(笑)、曲ごとにフックはあるので」

近藤「そうした方向性を進めることで、幅広い層に聴かれたいという意図は感じますよね」

天井「だから、彼らにしてみれば、〈ポップ・ミュージック〉と言うしかないんでしょうね。それがいちばんしっくりくるから」

シャネルの〈ルージュ ココ リップ ブラッシュ〉のコマーシャル映像。使用されているのはスーサイドの78年の楽曲“Cheree”
 
次ページダニー・ボイル監督が「T2 トレインスポッティング」にヤング・ファーザーズを起用した理由とは?
関連アーティスト
GR'18