COLUMN

デジタル時代の放浪SSW、コナー・ヤングブラッド。デビュー作『Cheyenne』で土地や人々の暮らしを歌う

デジタル時代の放浪SSW、コナー・ヤングブラッド。デビュー作『Cheyenne』で土地や人々の暮らしを歌う

カニエ・ウェスト、ソランジュ、ブラッド・オレンジ…多様化するアフリカン・アメリカンの音楽

ブラック・ミュージックが年々面白いように多様化している。いや、もはや〈ブラック〉と限定するまでもない。現在のポップ・ミュージック全般と言ってもいいが、そのヴァリエイションと機動力は明らかに黒人たちによる豊かな発想、自由なアプローチが起点になっている。

R&Bといっても、現在のそれはフォークやカントリーが要素として含まれている場合が多いし、逆にアコースティックなシンガー・ソングライター・スタイルにヒップホップやジャズのマナーを違和感なくクロスオーヴァーさせるアイデアはもはや珍しくもない。そして、ゴスペルやソウルの再構築として、オートチューンでヴォーカルを加工して〈デジタル・クワイア〉としてしまうような手法もすっかり定着したと言える。

いまとなっては、カニエ・ウェストのアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』(2010年)にボン・イヴェールことジャスティン・ヴァーノンが参加したあたりが、ひとつの大きな転換点となっているだろうし、インディー・ロック勢と手を組むことも厭わないソランジュへの高い評価、あるいはブラッド・オレンジことデヴ・ハインズの縦横無尽なプロデューサーとしての活躍は、そんな時代を象徴するものかもしれない。

ブラッド・オレンジの2018年作『Negro Swan』収録曲“Charcoal Baby”

 

ユニークな新人、コナー・ヤングブラッドのデビュー・アルバム『Cheyenne』

コナー・ヤングブラッドという、おそらくまだ無名に近いダラス出身のシンガー・ソングライターも、そうしたシームレス・ポップの時代だからこそ誕生してきたユニークな新人だ。

実際に、今年のフジロックにも出演したオデッザも所属するカウンター・レコーズ(日本ではBeat Records)からリリースされたばかりのデビュー・アルバム『Cheyenne』を聴いて、ボン・イヴェールスフィアン・スティーヴンスを思い出す人も多いだろうし、フランク・オーシャンやジェイムス・ティルマンあたりと並べたくなる人もいるかもしれない。

CONNER YOUNGBLOOD Cheyenne Counter/BEAT(2018)

少なくとも筆者は、フジロックでのパフォーマンスが話題を集めたサーペントウィズフィートや、6月の初来日公演が大好評でバンド・セットでの再来日が決定しているモーゼス・サムニー、あるいはこの秋に待望の新作がワープから届けられる予定のイヴ・トゥモアといった、LGBTQA音楽家の次世代とも空気感を共有しているイメージが、このコナー・ヤングブラッドから沸いてくる。

 

印象派のような音楽家? エリートで多才な素顔

ダラス出身ながら現在はナッシュヴィルに拠点を置いているコナーは、医者の父を持ち、みずからもイェール大学でアメリカ研究を先行したというアカデミックな経歴の持ち主(しかも、ザ・バンドについての論文も書いたそう!)。

一方で登山や写真を趣味や特技とし、スポーツにも積極的な青年という側面もある。それでいて、ギターやベースはもちろん、管弦楽器類からパーカッション、打ち込みなどの機材などいくつもの楽器演奏をみずからこなす多才な音楽家としての経験も積んできた。

しかも端正なルックスと表情には気品もある……という素顔を紹介していくと、どこをとってもまったく隙のない、ある意味優等生的な黒人青年像に辿り着いてしまうかもしれない。そして、一見そうした隙のない好青年の場合、露骨に表現できない背後の苦悩が見え隠れしたり、培ってきたものを素直に表出させることに抵抗を見せたりもする。

だが、このコナーは影響を受けた作品や事象に対して実に素直な音楽家だ。いま目の前にいる人々や、これまで体験してきた素晴らしい記憶を、濃淡をつけながら美しく表現する。そういう意味では絵画で言うところの印象派のような音楽家と言っていいかもしれない。

『Cheyenne』収録曲“The Birds Of Finland”

 

実在の土地や町を題材にする作家

コナーにとって『Cheyenne』はデビュー・アルバムということになっているが、これまでに配信やサブスクリプション・サーヴィスにおいて大小いくつもの作品を発表してきている。その多くが、実在の土地や町、場所などをテーマにしたもので、オーストラリア大陸の形をジャケットにあしらった2012年発表の『Sketches』などはまさしくオーストラリアを主題に制作したような内容だったし、2016年のEP『The Generation Of Lift』(Spotifyでの再生回数は600万回以上を記録)には北欧の国や町をタイトルに冠した曲のほか、テキサスやテネシーをモチーフにしたと思しき曲もある。

鳥類保護区で1週間ほどを過ごしたこともあるなど、さまざまな土地を訪ねてきた過去の体験がモチーフになっているとはいえ、ひとつの場所や町をテーマに作品を作る手法は、曲調やアレンジが穏やかでフォーキーなタッチということもあり、かつてはアメリカの州ごとの作品作りに挑んでいたスフィアン・スティーヴンスを想起させるだろう。

ここに届いたばかりの『Cheyenne』というアルバム・タイトルも、アメリカの先住民の部族の名前であり、その所縁から取られたワイオミング州の町の名前そのもの。同名の西部劇映画やアメリカ海軍の原子力潜水艦もあるように、アメリカ開拓の歴史の一端をシンボリックにあしらったタイトルとも言えるが、いずれにせよ、イェール大学でアメリカ研究をしてきたコナーらしい学術的な視座が落とし込まれていると解釈できるかもしれない。

しかも、本作ではハープ、バス・クラリネット、タブラ、トランペット、果てはリズム・マシーン(ローランド・TR-808!)まで一人で30種類もの楽器の演奏をこなしている。コツコツとテーマに向き合う研究者気質が嫌味なく活かされた、情緒豊かなフォーキー・ソウル・アルバムと言ってもいいだろう。

『Cheyenne』収録曲“Cheyenne”

 

そこに暮らす人々の生活を奏でる

しかしながら、本作にはこれまでのコナーの作品とは少し異なるアングルが備わっている。過去の作品は、一歩離れた場所からそれぞれの場所や土地を描いてみせた、想像上の解釈で成立させていたようなところがなきにしもあらずだったが、本作にはそこに暮らす人々の生活、日常がしっかりと落とし込まれているのがわかる。歌詞のなかに登場人物が現れることで、悲喜こもごもを背負った風景そのものが生き生きと躍動しているのだ。それはもしかすると彼の家族かもしれないし姉妹かもしれないし(彼以外のきょうだいは全員女性だそうだ)、あるいはもちろん恋人かもしれない。

しかも、本作にはシャイアンだけではなく、LA、ストックホルムといった街の名前もタイトルにつけられている。最終的にはその土地や町そのものへの言及ではなく、そこにいる、あるいはかつていた人々にフォーカスさせようとした証が感じられるのがいい。

『Cheyenne』収録曲“Los Angeles”

 

デジタル時代の印象派シンガー・ソングライター

ファルセットを活かしたウィスパリング・ヴォイスからは確かにスフィアン・スティーヴンスを思い出すし、オートチューンを用いた曲はボン・イヴェールのようでもある。フォーキー・ソウルというアングルだけではなく、デジタル・アンビエントとしての心地よさもそこにさりげなく加えていくとはなかなかの手腕。

だが、技術に絡め取られることなく、人々の暮らしや営み、そこに隠された痛みや喜びを淡いトーンで仕上げてみせた。そんなコナーの評価はSpotifyやApple Musicなどでのレコメンドをきっかけに本国でもジワジワと高まってきているし、大掛かりなツアーも世界規模で展開するようになっている。まさにデジタル時代の印象派シンガー・ソングライターといったところだ。

関連アーティスト