COLUMN

新作『For Ever』から考える、ジャングルってどんなバンド?

UKソウル最先端アクトを大解剖

Photo by Charlie Di Placido

 

ジャミロクワイもノエルも惚れ込む才能

もしも自分がレコード店のバイヤーだったら、今年の秋は迷わずジャングルの最新作『For Ever』をプッシュするだろう。彼らに対して、ジャミロクワイが〈一緒にやりたい〉とラヴコールを送ったのは有名な話。近年のアーバンなムードがJ-Popにも浸透し、TENDREやSIRUPなどの新鋭が国内のシーンを賑わすなか、このバンドを素通りするのはもったいない。まずは甘美なディスコ・チューン“Heavy, California”で、その魅力を味わってみてほしい。

『For Ever』収録曲“Heavy, California”
 

ジャングルは2013年のシングル“Platoon”で注目されると、UKの新人登竜門〈BBC Sound Of 2014〉にもリストアップ。初作『Jungle』(2014年)はゴールド・ディスクを獲得するほどのベストセラーとなり、辛口のノエル・ギャラガーが〈ファッキン素晴らしい〉と称え、栄えあるマーキュリー・プライズにもノミネートされている。

そして、2年間に及ぶツアーを回ったジャングルは、ステージ上での研鑽を経て、デュオから男女混合の7人編成にビルドアップ。この度発表されたセカンド『For Ever』で、持ち前のエレクトロ・ファンク/ソウルはさらなる拡張を遂げている。来年1月31日(木)には東京公演も予定。彼らはいったい何者なのか、その音楽的背景を掘り下げてみたい。

JUNGLE For Ever XL/BEAT(2018)

時代のムードに呼応したヒット作『Jungle』の新しさ

最初に、バンドの成り立ちから振り返っておこう。ジョシュ・ロイド・ワトソンとトム・マクファーランドは、ロンドン西部のシェパーズ・ブッシュで育ち、9歳の頃からの親友だった。両者はいくつかのバンドで活動を共にしたあと、2013年にジャングルを立ち上げる。

初期の彼らは、覆面コンビとして素性を明かさぬままベッドルームでの録音に明け暮れていた。“Platoon”を発表したときには、〈ジャングルの情報はオンライン上に存在しない〉と驚く記事もあったほどだ。しかし、6歳のBガールがブレイクダンスを披露する同曲のMVは、かのジャスティン・ティンバーレイクも絶賛。その後も、ダンス・チームをフィーチャーした“Busy Earnin'”のMVがヴァイラル・ヒットとなり、初作の大ヒットをもたらすことになる。

2014年作『Jungle』収録曲“Busy Earnin'”
 

もちろん、彼らはサウンド面でも冴えていた。『Jungle』の新しさとは、ポスト・ダブステップを通過したプロデューサー的な観点から、USの動向にも目配せしつつ、UK独自のソウル解釈を前進させたところだろう。

この頃のUKでは、ポスト・ダブステップとソウル/R&Bが急接近したあと、ディスクロージャーが2013年の初作『Settle』で90年代ハウスを復興。この流れは、サム・スミスやジェシー・ウェア、サンファといった新世代シンガーの台頭を促した。その一方で、ダフト・パンクの“Get Lucky”がディスコの再評価を決定付けた2013年は、ジャスティン・ティンバーレイクの“Suit & Tie”が象徴するように、アーバンな気分が加速化した時期でもあった。

『Jungle』の音作りは、こういった時代背景ともリンクしている。トラックメイカー的な資質を持つ彼らのアウトプットは、ダンサブルではあるが、どこかマシーナリーな抑制を感じさせるもの。しかし、ライやインクのようなインディーR&Bと比べれば、軽妙なファンクネスが明らかに際立っていた。当時のUSメインストリームともシンクロする、ありそうでなかったグルーヴ感もヒットに繋がった要因かもしれない。

そして、ジャングルの個性を何より表していたのは、ジョシュとトムによるヴォーカル・ハーモニーだろう。彼らはファルセットを徹底して重ねることで、中性的かつナイーヴな響きを生み出している。それはまるで、ボン・イヴェールやジェイムス・ブレイクが声を加工することで生み出したトーンを、オーガニックに再現するようでもあった。

 

哀しく、ほろ苦い新作『For Ever』

『Jungle』のツアーを経て、カリフォルニアへ渡ったジョシュとトムは揃って失恋したこともあり、〈世界の終わりに、ラジオから流れる別れの歌〉というテーマを軸に『For Ever』を作り上げた。初作がバンドを定義したアルバムだとすれば、このセカンドでは、さまざまな面で拡張したジャングルの現在を確かめることができる。

「今回は実験的な試みをしたかった」とジョシュも語るように、カーティス・メイフィールドやマーヴィン・ゲイ直系のオーガニックな音作りを踏襲しながら、プロダクションはより先鋭的に。フレンチ・ハウスのビートを導入した“Beat 54(All Good Now)”は、ジャスティスの近作にも通じる洒脱なディスコ・チューン。“Casio”はサンダーキャットのコズミックなAOR解釈、“Give Over”はレディオヘッドが持つダークでエレクトロニックな質感に通じるものがある。

さらに、LAの陽射しが働きかけたのか、メロウでサイケデリックな響きがこれまで以上に強調されている。それを後押しするのが、本人たち曰く、50年代のハリウッド映画を思わせるストリングス。その音色はポジティヴな昂揚感と共に、儚さや哀愁に満ちたムードを演出している。そう、このアルバムには、ほろ苦いフィーリングを感じずにいられない。そこには、〈もう一つのハートブレイク〉が関係している。

 

UKソウルは、アメリカの音楽に憧れ続ける

イギリスの音楽家は、いつだってアメリカの音楽に憧れてきた。古くはモッズから、ビートルズやデヴィッド・ボウイの時代を経て、80年代にスタイル・カウンシルやブロウ・モンキーズがソウルを再解釈すると、ルース・エンズからソウル・II・ソウルへと連なるUKソウル〜グラウンド・ビート、そして90年代のアシッド・ジャズと、独自の系譜は広がっていく。

21世紀に入ると、UKソウルの王道はジョス・ストーンやエイミー・ワインハウス、アデルへと受け継がれた。さらに最近では、エラ・メイやジョルジャ・スミスといった次世代のアイコンも台頭。UKならではのエクレクティックな感性は、ホンネやイジー・ビズといったアーバン・ポップの新鋭や、トム・ミッシュやジェイミー・アイザックなどのサウス・ロンドン勢にも拡散している。ジェイムス・ブレイクやコリーヌ・ベイリー・レイといった異能のアクトがLAに拠点を移し、音楽観をアップデートさせているのも興味深い。

ジャングルもまた、こういったUK独自のヒストリーと無縁ではなく、初作はアメリカン・ソウルへの憧憬を形にしたアルバムだったと認めている。しかし、念願のLAに辿り着いたトムとジョシュは、現地での生活に馴染めず、憧れが幻想でしかないことを悟ってしまう。『For Ever』もLAではなく、地元のベッドルームで仕上げたというのだから、あまりにも切ない。

ちなみに、彼らが本作のために制作したプレイリスト〈For Ever FM〉には、トラヴィス・スコットやカニエ・ウェストによる最新のラップ・ミュージックから、ジェイムス・ブレイクやビッグ・レッド・マシーンなどのインディー系まで広義のサイケデリック・ソウルが並んでいる。そのなかで気になるのが、ビーチ・ボーイズの“'Til I Die”。西海岸の申し子が、果てなき絶望を歌ったナンバーを敢えて選ぶところにも、『For Ever』に込めた想いが伝わってくる。

 

ライヴ・バンドとして成長したジャングルの来日を観逃すな

「このアルバムは自伝的」とジョシュも語るように、すっかり正体が知れ渡ったジャングルは、前作よりも遥かに人間臭さを曝け出している。それに加えて、女声コーラスを多用したり、トムとジョシュがソロで歌うパートも用意するなど、持ち前のハーモニーにこだわらない姿勢にも変化が窺えるだろう。これまでの〈ジャングルらしさ〉に安住せず、傷だらけになろうと前進を試みた結果、『For Ever』はエモーショナルで風通しの良い作品に仕上がった。

来年の東京公演は、バンドの最新モードを確かめる絶好の機会だ。初来日となった2014年の〈フジロック〉では経験不足を露呈していた彼らだが、あれから4年経ったいまでは、ライヴ・バンドとしても見違えるほど成長したはず。USの人気番組「ジミー・キンメル・ライヴ!」に出演した際の映像で、その美しいハーモニーと温かみのあるアンサンブルをぜひとも体感してほしい。あとはそもそも、〈コスモポリタンなコレクティヴ感〉を持つ大所帯が最先端のソウルを歌い奏でるというだけで、どう考えても楽しそうだし、必見のステージだろう。

「ジミー・キンメル・ライヴ!」でのパフォーマンス映像

 


Live Information
〈Jungle Live in Japan〉
2019年1月31日(木) 東京・渋谷 WWW X
開場/開演:19:00/19:30
前売:6,500円(税込/ドリンク代別)
※未就学児童入場不可

一般発売:
イープラス https://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-084-003 https://l-tike.com/
チケットぴあ(Pコード:129-331) 0570-02-9999 https://t.pia.jp/
Beatink https://www.beatink.com/
Clubberia
iFLYER
企画制作:BEATINK 03-5768-1277

関連アーティスト