2015.12.10

前作を凌駕する強烈なアートワークにおののき、再生ボタンを押せばオウテカの新譜かと突っ込みを入れたくなるほど緻密でマッドなエレクトロニクスが舞うミュートでの2作目。ビョークとの蜜月は完全に女王に食われたようにも映ったが、その反動からか自身の背負う文脈を鬼気迫るテンションで粉々に切り刻む様が不気味な表題曲をはじめ、こんくらいやんないと突然変異=ミュータントは名乗れない宣言が流石の一枚。

関連アーティスト