EVENT & LIVE REPORT

いまもっとも注目すべき韓国のロック・バンド、ヒョゴの巧さが全開! 新曲など日本初披露のナンバーにも震えた東京公演をレポ

いまもっとも注目すべき韓国のロック・バンド、ヒョゴの巧さが全開! 新曲など日本初披露のナンバーにも震えた東京公演をレポ

韓国インディー勢が来日公演を行ったり、作品が日本でリリースされたりするのはいまに始まったことではないし、これまでも多くのアーティストが日本の音楽好きをときめかせてきた。ただそれは一部の熱心なアジア音楽、韓国音楽好きに限られていたのは否めない。しかし、ここ数年は〈サマソニ〉でアジアのアクトを集めたステージが設けられているのをはじめ、アジアの音楽そのものに関心が向けられる機会が増えたり、韓国勢に限定して言えば、本国で絶大な人気を誇るチャン・ギハと顔たちが注目度を高めていたり、また韓国のバラエティー番組への出演をきっかけに人気が爆発して存在が知られる(これは結構無視できない)……などさまざまな要因が積み重なり、いまようやく日本でもアンダーグランドなものではなくなりつつある……予感がしている。

その契機になるであろうトピックがが、韓国でいまもっともホットな若手ロック・バンドであるヒョゴの日本デビューだ。先日11月19日にヒョゴの単独ライヴが行われた東京・duo MUSIC EXCHANGEの様子を目の当たりにして、その予感は確信に変わった。

これまで行ってきた日本でのライヴのなかではもっとも大きい会場で、私が到着した頃には後ろまでパンパン。静かながらも熱気に満ちたその雰囲気は、過去2回とはちょっと違う感じがあったように思う。いよいよ開演し、“Bamboo”をバックに東京などで撮影されたメンバーの映像が流れると、全員が白の服で揃えたバンドの面々がステージに現れた。その後のMCではフロントマンのオ・ヒョクが〈科学者の感じで来ました〉と語っていたが、もっとも科学者感を出していたのは膝丈の白衣風ジャケットを着たギターのイム・ヒョンジェだったかも。

イム・ヒョンジェ
 

今回のライヴは、ヒョゴのフルコースと言えるセットリスト。日本盤がリリースされたばかりのEP“20”“22”の収録曲に、シングルでリリースした“Panda Bear”とバンドで発表した全楽曲に加え、TVドラマへの提供曲やオ・ヒョク関連ワークスと、彼らにまつわるナンバーがほぼほぼ披露された。

前半は、グルーヴィーなアップ中心。スタジオ音源で受ける印象以上に演奏の力強さとファンキーさが感じられる楽曲揃いだ。特に“Settled Down”“Lonely”あたりでは、派手なパフォーマンスもなく淡々としたメンバーの佇まいとは裏腹に、徐々に熱を帯びる巧みなバンド・アンサンブル・パート増し増しのアレンジが素晴らしく、身体を揺らさずにはいられない背筋がゾワゾワするグルーヴにヤラれまくった。個々のプレイの安定感がハンパないので、リズム隊の堅固なボトムに乗るギター×2の絡み合いといったらたまらなく気持ち良い。メロディーの良さ云々を超え、その演奏力だけで観客を高みへ導く求心力はかなりハイレヴェルだ。

オ・ヒョク
 

そして前半戦終盤のハイライトと言えば、2週間ほど前に公開されたばかりの楽曲“MASITNONSOUL”。これは現在韓国で放映中のドラマ「アントラージュ」(USで製作された「アントラージュ オレたちのハリウッド」の韓国版リメイク)のサントラ曲で、アークティック・モンキーズ“Brainstorm”を彷彿とさせるドライヴィンなナンバー。これまでのヒョゴにはないスタイルながらもめちゃめちゃカッコイイので、これを演ってくれたのは個人的に嬉しかった。

※話は逸れるが……ヒョゴに加えてDOK2らヒップホップ勢などが参加した「アントラージュ」サントラ曲は現在YouTubeに続々とアップされていて、いずれもかなり良い! 興味のある人は〈안투라지 MIXTAPE〉で検索してみて!

イ・イヌ
 

そして後半は、スケール感のあるミディアムを畳み掛けてヒョゴのもうひとつのチャームを堪能。寒いソウルの冬がそうさせたのか(考えすぎ?)、雪景色を喚起する冷気漂う漂白サウンド&ロマン溢れるメロディーを持った“Mer”や“Hooka”あたりは、コールドプレイを思わせるスタジアム級のダイナミズムがある。なかでも、ジワーッと沁み入るオ・ヒョクの弾き語りに始まる“Gondry”で、中盤からバンドが合流した時のカタルシスと言ったら!! またそういったもろもろのチャームの集大成的なアレンジになったのが、ラストの“Ohio”だ。特にバンド総体で轟音を渦巻かせたアウトロのループが圧巻で、ヘヴィーながらも美しさを感じさせるその音塊に心を持って行かれた。

イム・ドンゴン
 

アンコールでは、来るニュー・アルバムに収録されると思しき新曲“Paul”を披露。繊細な歌メロとエモーショナルなギターが耳に残る、本編後半で見せたようなヒョゴ節を押し出した楽曲で、アルバムの仕上がりに期待できるナンバーだ。さらに、昨年オ・ヒョクがトラックメイカーのPRIMARYと共に発表したEP『Lucky You』(“Gondry”の別ヴァージョンも収録)から“Bawling”を演奏。鍵盤とブラス・セクションを交えた軽やかなビートの原曲が、小気味良いギターのカッティングを活かしたヒョゴ仕様のアレンジにされていたのもイイ感じで……。

最後は、彼らをスターダムに押し上げたと言える代表曲を2連発。まずはヒョゴをお茶の間レヴェルの人気者にした韓国の人気バラエティー番組「無限に挑戦」で生まれた、〈素敵な小屋〉を意味する“The Great Barn (멋진 헛간)”。ブレイクでのオーディエンスの歓声があってこそ成り立つと言える性急なカントリー・ロック~ロックンロールで、いわゆるヒョゴらしさからはかけ離れるものの、企画モノならではの〈こんな引き出しもあるのか!〉というサウンド。ライヴでこそ体感できる疾走感と躍動感にアガる! そして最後は、ヒョゴのアンセムといって過言ではない“Wi Ing Wi Ing”で締め。こちらもライヴでは観客がサビを合唱してこその一曲で、ヒョゴ慣れした〈先輩〉ファンが導いたのか、ちょっぴり控えめながらもこの日いちばんの一体感を楽しむような歌唱が場内を満たしていた。

曲間に何度か挿まれた、胸ポケットからサッとカンペを取り出して一生懸命に文字を追いながら日本語で話すオ・ヒョクのMC(なかなかの萌え要素だった)でも語られていたが、本来であれば新しいアルバムを引っ提げての来日になるはずだったという今回の公演。もちろんそれがちょっと延びてしまったのは残念だが、その替わりにヒョゴ初体験の人もそうでない人にも嬉しい、これまでの日本公演にはなかったさまざまな楽曲が聴くことができて、ある意味レアでスペシャルなものだった。次こそ新作を携えてのライヴを期待したい!

 

【SETLIST】
1. Panda Bear
2. Big Bird(큰새)
3. Settled Down
4. Lonely
5. Comes And Goes(와리가리)
6. Feels Like Roller-Coaster Ride
7. MASITNONSOUL(맛있는술/韓国ドラマ「アントラージュ」OST)
8. Our Place
9. I Have No Hometown
10. Mer
11. Gondry(공드리)
12. Girl(韓国ドラマ「応答せよ1988」OST/イ・ムンセの85年のヒット曲〈少女〉のカヴァー)
13. Hooka
14. Ohio

〈EN〉
1. Paul
2. Bawling(PRIMARY×オ・ヒョクの2015年のEP『Lucky You』収録)
3. The Great Barn(멋진 헛간)
4. Wi Ing Wi Ing(위잉위잉)

タグ
関連アーティスト
美しい星