COLUMN

Mikikiレヴュー年間アクセス・ランキング2017 OTHER編

2017年人気の高かったレヴュー記事をジャンル別にご紹介

Mikikiレヴュー年間アクセス・ランキング2017 OTHER編

2週間前からはじまったMikikiの2017年振り返り企画。ジャンル別のレヴュー記事アクセス・ランキングの最後はOTHERのトップ20の発表です。

★レヴュー記事のアクセス・ランキング JAPAN編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング R&B/HIP HOP編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング DANCE/ELECTRONICA編はこちら
★レヴュー記事のアクセス・ランキング POP/ROCK編はこちら​​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング JAZZ編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング CLASSICAL編はこちら​
★レヴュー記事のアクセス・ランキング WORLD編はこちら
★インタヴューやコラム記事などのアクセス・ランキング50~26位はこちら
★インタヴューやコラム記事などのアクセス・ランキング25~1位はこちら

 

2017年振り返り企画のアクセス・ランキング記事も最終回となりました。今回は〈OTHER〉ということで、書籍や映像ソフト、サウンドトラック、落語CDなどが入り乱れております。

映画関連では佐村河内守のドキュメンタリー映画「FAKE」、パク・チャヌクの「お嬢さん」や「ラ・ラ・ランド」のサウンドトラック、新作「ダンケルク」もヒットしたクリストファー・ノーランの分析本など、2017年に話題を呼んだ作品たちがランクイン。書籍ではプリンス、デヴィッド・シルヴィアン、トニー・ヴィスコンティ、矢野顕子など、ポップ・ミュージックの巨匠たちに関する書籍が。

1位と9位に2作品がラインクインしたのは落語家、春風亭一之輔。平成(も、もうすぐ終わるようですが)の落語ブームを牽引したと言われる、いまもっとも旬な噺家です。